バラエティ倉庫

エール(志村けん)動画/25話5月1日(5/1)pandora/Dailymotion/miomio

エール(志村けん)動画/25話5月1日(5/1)放送出演シーン(朝ドラ)無料視聴まとめ

 

2020年5月1日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第25話動画(志村けん)初登場の記事です

 

今すぐに志村けんさん出演シーンを見たいたい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画25話 5月1日/NHK無料視聴志村けんネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ第動画25話公式NHK/番組内容

 

三郎(唐沢寿明)から福島の家族の同意を得たという知らせを受けた裕一(窪田正孝)は、音(二階堂ふみ)との演奏会に向けて準備をする。そして演奏会当日…。

番組内容
三郎(唐沢寿明)から届いた電報を読んだ裕一(窪田正孝)や音(二階堂ふみ)たちは、三郎が無事福島の家族を説得できたと理解して、安堵(あんど)する。そして、いよいよ鶴亀(古館伊知郎)からの持ち込み企画で行うことになった豊橋のホールでの演奏会の当日を迎える。これまで準備を進めてきた二人は、緊張しながらもそれぞれの音楽を披露する。演奏会のことは新聞でも取り上げられ、それを読んでいたのは意外な人物だった…。

 

エール 朝ドラ第25話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,古川雄大,薬師丸ひろ子,

 

エール 朝ドラ/動画25話5月1日/ネタバレ

 

花火をみて興奮気味に帰ってきた裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)。待ち受けていたのは豊橋に来ていた三郎(唐沢寿明)でした。

将来の義父と思わぬ対面を果たす形になったわけですね。

裕一が三郎に音からの手紙の話をしていなければ、まだ居場所は見つからなかったんでしょうね。

いつまでいるつもりだったのか、後先やまわりの迷惑を考えられてない今の裕一。

留学とか音楽もあるけど、ほぼ音のことしか頭にない。だから早く迎えが来たのは良かったのかも。

2人のお祭りでの姿はほほえましかったです。楽しそうでかわいかったけど、現実逃避しちゃってるんですよね。

裕一のこれからを考えて光子(薬師丸ひろ子)は娘に身を引くように言ってきかせてきたけど、三郎も裕一を留学させたい気持ちがある。どちらの親も思惑が一致。

吟と梅も見守る中、音と裕一、そして光子と三郎の話し合いへ。若い2人は別れたくないと言う、大人はそれをとめようとする形になるんですよね。

でも物語としては、2人が夫婦になることは最初からずっとみせてきているところ。

この話し合いもだけど、どうやってここから2人が一緒になるかっていうのをみていくところになるわけですよね。ここに来たのが三郎だけ、というのも大きいのかも。
茂兵衛さん(風間杜夫)だったらとりつく島もなく強制帰宅だっただろうし。

話し合いはどうなっていくのか。お見合いの席でもあったように、音なら黙って聞いてられなくて騒いだりにもなったりするかも。

ミュージックティーチャーと呼んでもらえないのはもはや御手洗先生(古川雄大)のお約束ですね。それどころかここのところ、名乗ろうとするとぶつ切りにされちゃう。

裕一(窪田正孝)に会えることになって、ソワソワ鏡をみたりデキモノに気付いて慌てたりする姿も笑っちゃいました。

自分は先輩だと堂々するように決めたのに、いざ会ったらへたりこんじゃうとか面白くて可愛くて。

コミカルティーチャーには留学の参考にと外国の話を聞きに行ってたんですね。面白い先生と笑顔で音に帰り道で話してたけど、そう、やっぱりミュージックティーチャーとは呼ばれないのよね。

裕一の笑顔がいっぱいでしたね。
音と一緒にいられて、全てが刺激になってもいそう。

これまで手紙だけで会えなかった音(二階堂ふみ)にやっと会えた時、姉の鯵フライをいさましく、いやしくがっついてる姿をみちゃったけどマイナスにはならなかったんですよね。

100年の恋もさめる、なんてことにならなくて良かった。てゆーか裕一ならそれすら、型破りで強くて予想できない人と好意的に思ってくれてたりして。恋は盲目という点だけでなく、裕一ってなんかそういう人をプラスにとらえられるところがあるような気がする。

男ということにあぐらをかいて女を下にみる男が大嫌いな音にとっても、優しくて前向きな裕一はさらに魅力的にみえてしまうはず。だからこそ別れなんて切り出せないんでしょうね。

 

エール 朝ドラ/動画志村けん25話5月1日/NHKみどころ

 

どうしてまさ(菊池桃子)は三郎(唐沢寿明)と結婚したのか。浩二(佐久本宝)が質問したことでその理由が明らかに。

確かに県内有数の資産家ともなれば、お見合いの話もきっと沢山あったでしょうね。

両親や兄は三郎に厳しさがないと反対したというのも息子にとっては初耳。自分達には優しい祖父母だったから、怖かったというのも驚いてもいましたね。

三郎のような欲がない人は自分のまわりには一人もいなかったと語るまさ。

怖くて厳しい家族や、野心の強い人達ばかりでまさにはそれが息苦しかったのかもしれませんね。

そこですかさず欲もないけど甲斐性もないと厳しく正論を言う浩二。

まさは騙すより騙される人が良いとこたえるんですね。何度も騙されても恨み辛みを言わない所が好きだと。
確かに。そしてそれは裕一(窪田正孝)もいじめっこに対して恨んだりしない裕一にもいえますね。
自分だったら無理、色々言っちゃうと浩二が言うけど、人それぞれで浩二は浩二で良いとしっかり言ってくれるまさが良いですね。
時々自分のことが嫌いになるとこぼす浩二にも、自分もだと言ったのも浩二を安心させましたよね。

浩二が父に関心を持たれていなかったり気がして傷ついたりしているけど、理解者になってくれる母がいて本当に良かったです。

これで父との溝が深まることなく、むしろ浩二にも余裕ができてお互いに距離が縮まることになれば良いですよね。

エール 朝ドラ/25話動画5月1日/みんなの感想

 
山田耕筰がモデルの小山田耕三

どれだけの多くの人が、これまで志村けんさんに笑わせてもらったことでしょう。

間違いなく日本を明るく元気にした人といえるでしょうね。

老若男女から好かれてた人。

この世を去ったのはあまりに突然で、ショッキングなニュースでした。

エールの出演は、生前の志村さんを観られることからもかなり貴重な、重要なシーンになりますね。

エールは主人公の裕一(窪田正孝)のモデルとなっているのが古関裕而さん。

史実をもとに作られているドラマですね。

志村さん演じる小山田耕三という役にもモデルがいて、それがあの山田耕筰さんなんですね。

日本音楽界の重鎮という大物。今も音楽の教科書でも目にしますよね。

日本人なら知らない人はまずいないのではないでしょうか。

その役を日本のお笑い界における重鎮の志村さんさんが演じるなんてピッタリなキャスティングといえますね。

まさに適任といえるのではないでしょうか。

日本で志村さんを知らない人をみつける方が難しい気がします。

134年前に生まれた山田耕筰さんの曲が、現代においても数多く歌いつがれているというのはすごいことですよね。

作曲家であり指揮者でもある。裕一にとっては憧れの存在。

志村さんがどのように演じるのか、その存在感を日本にみせつけてくれるのが楽しみですよね。
 

まとめ

 
志村けんさんといえば、違法動画やリーチサイトがあります

この問題はテレビやネットでもたびたび話題になりますが、なかなかなくならないと思います。原因としては、お金と需要の問題だと思います

近年、YouTuber等の動画投稿サイトが増加し、それと同時にお金も稼げる仕組みも確立しています。広告料や再生数、チャンネル登録数にこだわる人が増え、楽して金を稼ぎたいという考える人間がいるからだと思います。

他人の創作物を引用し、真似たりそのまま使うのはネットという自分の姿が直接見えない環境でより犯罪に対してのハードルが下がったことが挙げられるといえます。

もうひとつの原因は、需要としてお金という対価を払わずに無料で得したい層が存在するからです。動画サイトが増えて無料で試聴するのが当たり前の感覚になってきてます。

コメント欄に文句を言う人が多いのも、無料で見て当たり前という感覚が無意識にあるからです。

お金を払うなら、文句を言う権利はありますがそうではないので感覚が麻痺してると思います。そういう人達のニーズに応えた結果悪い意味での需要と供給が成立した結果だと思いました。

これをなくすことはきちんと取り締まることと、犯罪性について試聴者層にアピールして視ないよう働きかけることが大切だと思います。視たい人がいる限り、投稿者をアップし続けると思います。

 

下記で

エール朝ドラ動画25話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ動画25話