ドラマ

エール/志村けん/再放送/フル配信/朝ドラnhkオンデマンド無料視聴/まとめ

エール/志村けん/再放送/フル配信/朝ドラnhkオンデマンド無料視聴/まとめ
 

2020年5月1日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール (志村けん)初登場第25話再放送方の記事です

 

今すぐに志村けんさん出演シーンを見たいたい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/再放送25話 5月1日/NHK無料視聴志村けんネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ志村けん再放送25話公式NHK/番組内容

 

三郎(唐沢寿明)から福島の家族の同意を得たという知らせを受けた裕一(窪田正孝)は、音(二階堂ふみ)との演奏会に向けて準備をする。そして演奏会当日…。

番組内容
三郎(唐沢寿明)から届いた電報を読んだ裕一(窪田正孝)や音(二階堂ふみ)たちは、三郎が無事福島の家族を説得できたと理解して、安堵(あんど)する。そして、いよいよ鶴亀(古館伊知郎)からの持ち込み企画で行うことになった豊橋のホールでの演奏会の当日を迎える。これまで準備を進めてきた二人は、緊張しながらもそれぞれの音楽を披露する。演奏会のことは新聞でも取り上げられ、それを読んでいたのは意外な人物だった…。

 

エール 朝ドラ第25話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,古川雄大,薬師丸ひろ子,

 

エール 志村けん朝ドラ/再放送25話5月1日/ネタバレ

 
作曲の仕方

作詞を頼まれた梅(森七菜)が裕一(窪田正孝)に作曲をどうやっているか聞いたシーンがありましたが、きっかけが何かあると一曲フワッとおりてくるとこたえていた裕一。

考えるというか、おりてくるんですね、しかも一曲がまるっと?

すごいですね。

やはり天才ってそういうことなのかもしれませんね。

梅は16歳で受賞した人に、出来ない自分を比較して落ち込みそうになっていたんですね。

自分の中から出すのではなくて、外に目を向けて何かきっかけをという裕一のアドバイスは梅にも参考になると良いですね。

梅も話してみて、裕一のことを認めてくれたみたい。

裕一も梅も、お互いに話をしてみて良かったですね。

裕一良いお兄さんしてたかも。

しかしそのきっかけが三郎(唐沢寿明)のイビキだったりもするなんて面白いですね。

イビキをうるさいなと迷惑がるのではなく、それを曲にしちゃうなんて面白い!

遊び心がありますね。

これを三郎が知ったらどんな気持ちなのかちょっと気になります。

嬉しいのと、恥ずかしさも?

冗談で作った曲、いびきがミュージックティーチャーには特にお気に入りのようで。

プログラムにいれましょうとすすめられていたけど、実際に演奏するのでしょうか。

して欲しいですね。

御手洗ミュージックティーチャー(古川雄大)、演奏会のありがた過ぎる協力者ですよね。

24話で彼の過去の話も出てきたけど、ますます好きになってしまいました。

演奏会の本番も楽しみです。

 

エール再放送志村けん25話5月1日/NHKみどころ

 
西洋音楽の作曲家役で志村さん

エール、面白くて毎朝楽しくみてます。

ワイワイ楽しいキャラクター達、活気がありますね。

志村けんさんの初登場は5週からというのも注目ですよね。

志村さんが演じるのは小山田耕三。

西洋音楽の作曲家という役なんですね。

主人公の裕一は西洋音楽が好きで、西洋音楽の作曲家になりたいと思っているわけだから、小山田は裕一にとって憧れの職業の人。

目標のような位置ともいえるかもしれませんね。

志村さんがテレビドラマには初出演、というのが意外にも感じました。

コントなどのキャラクターで様々な人気キャラクターを演じているので。

お笑い芸人がドラマに出演というのはよくみかけるので、志村さんぐらいの超大物ならすでに演技の仕事もこなしていそうなイメージがあったんですよね。

志村さんの挑戦、エールでの活躍、しっかりと目に焼き付けておきたいですね。

みたら切なくもなってしまうかもしれませんが。

志村さんが他界されたことは、本当に残念で悔しく、大勢の人が悲しみに暮れています。

ドラマでの元気な志村さんの姿をみたら、感動する予感がすでにあります。

後の天才作曲家となる若き裕一と、どのように出会い関わっていくのかをこれからの楽しみにしていきたいです。

エール 朝ドラ/志村けん/25話再放送公式U-NEXT

 

 
U-NEXTは他のオンデマンドサービスの中でも、洋画、邦画、韓流、ドラマ、アニメ、アダルト、お笑いと多ジャンルの配信を扱ってくれているオンデマンドサービスになっています。

実際、自分自身も映画やドラマが好きなので、他のオンデマンドサービスを何個か使ってみたりはしてはいましたが、比べてみてもその中でもダントツに使いやすいと思いました。その理由は、ページの見やすさ、料金、配信のジャンル数ともに一番使いやすいサービスとなっています。

1番の魅力といえば、映画の見放題に含まれる数も他のオンデマンドサービスよりも豊富にあり、尚且つ他のサイトの見放題で見れないような、新作、順新作作品も取り扱ってくれています。

その次に魅力なのが、プランにもよりますが毎月1200ポイントが貰えるので、そのポイントで最新作の映画も見れてしまうというのがメリットになります。

最新作といっても、ほんとに最近映画館で上映していたばっかりの映画もU-NEXTで先行して見れたりするのでそこも使い続けることができる理由です。

毎月ポイントが入ってくる度に好きな最新洋画を見れる楽しみがあります。

その他は、アニメや子供むけの作品も多く見れるので、小さい子どもさんがいるご家庭でもかなり使い勝手がいいのではないかと思います。アンパンマンやトーマスなど子供さんが見れる作品も取り扱っているのでオススメできます。

トータル的にほんとに使いやすいサービスになっているので、長く利用できるオンデマンドサービスとしては一番オススメです。

まとめ

 
違法サイトいわゆる海賊版サイトは検索エンジンには表示されることはあありません。リーチサイトは自ら違法コンテンツをアップロードするのはなく、ユーザーに違法サイトへ誘導するサイトのことです。
リーチサイトは違法サイトのリンクを貼り付け、そこから違法コンテンツをダウンロードすることができます。

そのためリーチサイトがいわゆる違法サイトの窓口となっていています。

誰もが知っているように映画や漫画などのサイトコンテンツを作者に無断でアップロードすることは違反行為です。他人が作成したものには著作権があり、勝手にアップロードすると著作権侵害でれっきとした犯罪となります。

ただしリーチサイトの場合、違法コンテンツをアップロードしているわけではなく、違法コンテンツの掲載先を紹介しているだけなので、今までは法的な問題はありませんでした。
文化庁はリーチサイトを規制する著作権法を改正する方針を固めている。

確かに、違法コンテンツと知っていてそのサイトにユーザーを誘導するとなると著作権侵害をほう助しているということになりそうです。

著作権侵害は作者を守るための法律であるため、厳密に規制しなければいけないと思います。犯罪であるという認識を持ってもらう必要があると思います。

ネットが発達したことにより便利になりましたが、ネット犯罪も多様化してきました。

最近多いなと思うのが、罪の意識がなく違法行為をしている人が増えているというもの。

昔は一部の人しかネットを使用していなかったので、そういう人は意識の高い人が多かった。

現在は一般時の多くが普通に使っているからか、ネットリテラシーを持っていない人も多くみかけます。

見つけた違法動画や違法サイトのリンクをSNSで拡散したり、誰でもダウンロードできる場所にアップする人も増えました。

本人は多くの人に見てもらいたい気持ちだったり、自己顕示欲などを満たす目的からアップするのかもしれません。

でも、それは犯罪行為に加担しているのと同じことです。

あまりにもそういう人が多いので、訴えられる事例というのは少ないようです。

裁判にお金と手間がかかるので、わざわざ起訴しないケースが多いようです。

でも、可能性は0ではありません。

現に違法アップロードが原因で逮捕されたり訴えられるということはあります。

罰せられなかったとしても、文化の衰退に加担していることにもなります。

そういうリスクがあるということを、違法アップロードをしている人たちに言いたいですね。
下記で

エール朝ドラ再放送25話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ再放送25話