ドラマ

エール/志村けん/見逃し配信/朝ドラ25話5月1日放送無料視聴/(5/1)まとめ

エール/志村けん/見逃した配信/朝ドラ25話5月1日放送無料視聴/(5/1)まとめ

 

2020年5月1日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール (志村けん)初登場第25話見逃した方の記事です

 

今すぐに志村けんさん出演シーンを見たいたい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/見逃し配信25話 5月1日/NHK無料視聴志村けんネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ志村けん見逃し配信25話公式NHK/番組内容

 

三郎(唐沢寿明)から福島の家族の同意を得たという知らせを受けた裕一(窪田正孝)は、音(二階堂ふみ)との演奏会に向けて準備をする。そして演奏会当日…。

番組内容
三郎(唐沢寿明)から届いた電報を読んだ裕一(窪田正孝)や音(二階堂ふみ)たちは、三郎が無事福島の家族を説得できたと理解して、安堵(あんど)する。そして、いよいよ鶴亀(古館伊知郎)からの持ち込み企画で行うことになった豊橋のホールでの演奏会の当日を迎える。これまで準備を進めてきた二人は、緊張しながらもそれぞれの音楽を披露する。演奏会のことは新聞でも取り上げられ、それを読んでいたのは意外な人物だった…。

 

エール 朝ドラ第25話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,古川雄大,薬師丸ひろ子,

 

エール 志村けん朝ドラ/見逃し配信25話5月1日/ネタバレ

 
志村けんさんがエールに登場

「本物か、まがいものか、楽しみだね」とセリフを言う志村けんさんが第5週のエールの予告で流れました。

これはきっと、主人公の古山裕一(窪田正孝)に対しての言葉なのではないでしょうか。

そして裕一の才能が、これから広くしれわたることになっていくのでしょうね。

志村けんさんは間違いなく本物の芸人さんでしたよね。

日本中に衝撃が走った速報、志村けんさんの死には大きなショックをうけました。

志村けんさんが日本中に新型コロナウイルスの怖さを教えてくれたようにも思えてしまいます。

志村けんさんという日本中から愛される存在で、急にコロナを身近にあるのだと気がつくことになったと言っている人もいました。

Twitterなども、志村けんさんに関する悲しみが連日次々に流れてきて、どれだけ影響力のある人だったのかを痛感させられました。

そんな志村さんが俳優としてキャスティングされているエール。

登場シーン、いまかいまかと首を長くして待っています。

あの志村けんさんが亡くなられたなんて、いまだになんだか信じられません。

なんだかいつものようにテレビをつけたら元気な姿でそこにいて笑顔をみせてくれるような、皆を笑わせてくれそうな気がしてしまいそうで。

 

エール見逃し配信志村けん25話5月1日/NHKみどころ

 
万事良くはないのに

バンジヨシ スグカエレ。

こんな知らせをもらったらそりゃ説得がうまくいったんだと安心しちゃいますよね。

でも実際は浩二(佐久本宝)もまさも反対していて…。

これで喜んで帰ったら、みんなに反対されてしまうわけだから驚くことになってしまいますよね。

音(二階堂ふみ)のことや関内家の人がどんな人かを知らなければ、権藤家の財産狙いとも思われてしまうのも無理はないのかな。

それだけ権藤家の資産があるということだし。

これまで何度も騙されてきた三郎(唐沢寿明)だから、そんな人ではなかったと言われても人を見る目がないから信用するのも不安。

今度ばかりは反対というまさ(菊池桃子)、今回は折れないという三郎。

波乱の帰省になる予感ですね。

しかもここに茂兵衛おじさん(風間杜夫)が入るんですもん。

激怒するでしょうね。

どこまで勝手なんだと言われても仕方ないくらいのことで。

三郎は自分が裕一(窪田正孝)の父親としてできる最後のつとめだとはりきっているけど、今のところやっぱり空回りな気がしてならないんですよね。

しかしそんなこととは知らないで、愛知県での演奏会に取り組む音と裕一。

25話ではその当日まですすむんですね。

梅も詩を書き終えたってことだ。

きっと素敵な演奏会になって、2人にとっても忘れられない日になりそう。

エール 朝ドラ/志村けん/25話見逃し配信5月1日/みんなの感想

 

豊橋での演奏会

25話では、いよいよ豊橋のホールでの裕一(窪田正孝)によるコンサートが開かれる日になります。

実家がどうなっているかを知らないから、安心して集中して楽しく進めていけるんでしょうね。

後が怖いような気もしますが。

そして緊張はありつつも、演奏を披露する音(二階堂ふみ)と裕一。

その演奏会のことが新聞にも取り上げられることに。

すごいですね!

裕一が新聞に載るのは2度目ですね。

音の家族やミュージックティーチャー(古川雄大)も来ているはずですよね。

皆も満足してくれるのでしょう。

梅(森七菜)は作詞を完成させられたことでもしかしたら、自信を持てるようになっているかもしれませんね。

小説も最後まで書けるようになる、きっかけがみつけられると良いですよね。

光子(薬師丸ひろ子)はなんとなく怪しげな鶴亀(古舘伊知郎)に不安を抱いてもいましたが、新聞にも載るようなちゃんとした演奏会に終わる。それなら大丈夫そうですね。

契約の時も音がしっかりチェックしていました。

そしてその新聞を意外な人物が読んでいたということですが、果たしてそれは誰なのでしょう。

鉄男も出てきたことですし、そろそろ佐藤久志が出てきても欲しいので、その人物が大人になった彼であることを期待したいです。

どんな形で再会を果たすことになるのか楽しみです。

 

まとめ

 
近年、違法動画への処罰というのは厳しくなっています。

違法動画やなりすましなどをインターネットにアップするといった行為は著作権の侵害にもなります。

違法にインターネットにアップする行為は公衆送信権の侵害となり、10年以下の懲役、または1000万円以下の罰則、もしくはどちらの刑も受けなくてはならない可能性もあります。

違法サイトへのリンクをアップしただけでも、公衆送信権の侵害に加担したとして罰則を受けることになるのですが、なぜここまで厳しく罰則を与えることになったのか、それは違法動画をアップした収入が反社会的集団に使われることが多く、違法動画のアップから新たな犯罪が起こることを懸念した結果、このような厳しい取調べが行なわれるようなったのです。

また、動画の著作権を侵害し、本来得るはずであった収入を得ることが出来なくなるため、損害も発生します。

インターネット上で行なわれることは犯罪の認識があまりないといった方も少なくはないのですが、異邦動画やなりすましは人の権利を盗む犯罪と同じ行為です。

隣の店から商品を奪い、自分の店で販売して利益を得ているのと同じことであるため、絶対に行なってはならない行為であり、一度アップしてしまった場合記録として残り続け、数年後に訴えられるといったことも少なくはありません。

違法動画をインターネットにアップする行為には、まず、著作権法上の問題があります。なぜなら、このような動画は、オリジナル動画の使用に関して使用許諾を得ていないからです。また、違法動画には、刑法上の問題もあります。

例えば、ワイセツ物や犯罪行為などを映した動画は、動画に映る行為そのものが刑法違反になります。そして、このような違法動画がネット上ではびこることは、著作権保護という世界の潮流に逆らうことになり、大変な社会的問題になっています。次に、ネット上のなりすまし行為は、名誉棄損の疑いがあります。

例えば、芸能人になりすまして情報を拡散したりすると、その芸能人の名誉を棄損することになるからです。

次に、違法サイトへのリンクを張る行為については、詐欺や詐欺ほう助の疑いがあります。

例えば、リンクを張る者がリンク先が違法サイトであることを知っている場合や違法サイトを運営している場合がそれに当たると思われます。

そして、このような行為を野放しにすることは、このような行為をますます助長させてしまうことにつながると思います。

なぜなら、ネット上でこのような行為を見る人たちが、徐々にこれらの行為に対して違法性や犯罪性を感じなくなってしまうおそれがあるからです。

慎むべき行為だと思います。

下記で

エール朝ドラ見逃し配信25話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ見逃し配信25話