ドラマ

エール 25話 動画/25話/志村けん/5月1日(朝ドラ)無料視聴/見逃し配信/再放送(5/1)まとめ

エール(朝ドラ)25話動画志村けん/25話5月1日無料視聴/見逃し配信/再放送(5/1)まとめ

 

2020年5月1日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第25話動画の記事です

 

今すぐに放送後の本編を全話見たい方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画25話 5月1日/NHK無料視聴ネットサイトまとめ
 

エール 朝ドラ第動画25話公式NHK/番組内容

 

三郎(唐沢寿明)から福島の家族の同意を得たという知らせを受けた裕一(窪田正孝)は、音(二階堂ふみ)との演奏会に向けて準備をする。そして演奏会当日…。

番組内容
三郎(唐沢寿明)から届いた電報を読んだ裕一(窪田正孝)や音(二階堂ふみ)たちは、三郎が無事福島の家族を説得できたと理解して、安堵(あんど)する。そして、いよいよ鶴亀(古館伊知郎)からの持ち込み企画で行うことになった豊橋のホールでの演奏会の当日を迎える。これまで準備を進めてきた二人は、緊張しながらもそれぞれの音楽を披露する。演奏会のことは新聞でも取り上げられ、それを読んでいたのは意外な人物だった…。

 

エール 朝ドラ第25話キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,松井玲奈,森七菜,古川雄大,薬師丸ひろ子,

 

エール 朝ドラ/動画25話5月1日/ネタバレ

 
説得を頼まれた三郎

音(二階堂ふみ)と裕一(窪田正孝)の結婚は自分にかかっていると皆から頭を下げて頼まれた三郎。頼られると嬉しくなって、気持ちが大きくなっちゃったんでしょうね。

福島に帰って家族にも話をするんでしょうけど、三郎が説得できるとは思えませんね。

俺にまかせておけなんて、気分良さそうに言ってたけど、うまくはいきっこないでしょう。

裕一はお父さんのまかせておけって言葉、今回こそはと期待をしているかもしれませんが。

裕一を連れて帰ってきて、茂兵衛(風間杜夫)の養子にと話を進めるだろうと思っている浩二(佐久本宝)とまさ(菊池桃子)にしたら寝耳に水。突然結婚なんて聞かされたらそれはそれは驚くでしょうね。

こんなときに何考えてるんだと浩二の怒りもピークに達してしまうかも。

留学の話が出てただでさえ家の中がざわついているのに、急に結婚ですからね。喜多一はどうなるのか、茂兵衛の養子縁組をどうするつもりなのか、イギリス行きや音楽は?そこでもなくて結婚の説得。

茂兵衛はもちろんのこと浩二も、まさだって賛成とは言えないのではないかな。会ったことも、裕一から話にも聞いたことがない突然の結婚なうえ、今の時点でも問題がありすぎますからね。茂兵衛は養子にするつもりで、裕一の結婚相手も自分が決めた人と考えていますし。

演奏会の準備にとりかかる

裕一(窪田正孝)の唐突なプロポーズにしっかりとこたえた音(二階堂ふみ)。

光子(薬師丸ひろ子)も2人の結婚を許してくれることとなり、後は裕一の親戚に許しをもらえればという話に。説得をまかされた三郎だけど、やはり心配ですね。三郎ではまず無理そうな予感。

しかし音と裕一は安心してしまったのでしょうか、演奏会の準備を始めるそう。裕一も帰るのではなく、豊橋に残るんですね。

演奏会の契約をしてしまいましたし、ここで帰るわけには行きませんよね。

豊橋のホールなんて裕一は行ったこともない場所。

だけど今の裕一には音がいて、音と音楽を披露できる演奏会なんて緊張や怖さより楽しさや期待で溢れているのかもしれませんね。

音はその演奏会で歌うための曲、まず歌詞がかけなくて悩むことに。そこで梅(森七菜)に相談。裕一への手紙でも自分への曲を作ってくれるときいて、梅に泣きついてましたよね。梅は詩を書くことは了承してくれるのかもしれませんが、裕一がどうやって作曲するかを知りたがるのだとか。

確かに将来有望とされる作曲者がどんな風に曲を作るのかみてみたいですよね。
音も裕一の曲を作るところを梅と一緒に見守るのでしょうか。婚約者の才能あふれる姿にますます惚れ直してしまうことだってあるかもしれませんね。

 

エール 朝ドラ/動画25話5月1日/NHKみどころ

 

三郎大騒ぎ

豊橋に来た三郎(唐沢寿明)だったけど、騒がしかったですね。結婚に反対していたのは、裕一(窪田正孝)をイギリスに留学させたい気持ちからなのは分かるけどいつものような人の良さがなくなってましたね。裕一のこととなると、必死にってしまう父親。せっかくの才能をムダにして欲しくないんでしょうけど。
家にフラれた息子がおしかけて迷惑をかけているというのに、裕一は悪くないというのはいけませんよね。音(二階堂ふみ)や光子(薬師丸ひろ子)に文句ばかり言って騒ぎ立てて、これでは三郎は普段は温厚で気の優しい人だとはとても思われないでしょうね。
お腹をくだしても強がって我慢しようとしたり、トイレに慌てて行ったり、戻ってきたかと思えば足にいれたてのお茶で大騒ぎ。ひたすらに賑やかしい父親の姿に裕一も困惑気味でしたよね。裕一には優しい父だけど、これは感じ悪いでしょうし、印象かなり悪いような。
前回まさが息子に父親の話をされて、何度も騙されても恨み辛みを言わないところが好きだと言っていたばかり。三郎がそんな人というのは関内家にはまず伝わらなかったはず。
だけど三郎も妻のことを聞かれてのろけてたのがホッコリ。お互いにそう言ってたことを本人に聞かせたい。
光子も感情的になりがちで、音も興奮していたり、裕一は突然プロポーズまでしちゃうしで、すごい1日になりましたよね。今後長い付き合いになる両家のはずが、こんなドタバタな始まりになるとは。

仲の良い夫婦

関内家にきて、取り乱していつもなら言わないようなことまで言ってしまっていた三郎(唐沢寿明)だったけど、結局最後には流されていたような…。

男だからとか女だからとか関係ないという考えができる人という部分では音(二階堂ふみ)にとって、とても好印象になったでしょうね。裕一(窪田正孝)がそういう考え方をしないのは、父や母の影響もありそうですね。

吃音が本人の根性ではどうにかなるものではないというのもですが、自分ではどうにもならない性別のことも人が勝手に考えをおしつけるのはよくないですよね。
 

エール 朝ドラ/25話動画5月1日/みんなの感想

 

奥さんがどんな人かと聞かれた時に三郎が、優しくて思いやりがあっていつも家族のことを考えている、自分にはもったいない人だとこたえたのもきっと良い印象をうけましたよね。これは席をはずしていた光子(薬師丸ひろ子)にも聞いて欲しかったです。

そして妻のまさ(菊池桃子)本人にも伝えてほしいものですね。

長く一緒にいたら相手の悪いところも沢山みえてくるだろうし、不満だってでるだろうけどそこで妻のことを人にも褒められるってとてもステキな旦那さんだと思います。
まさも三郎のことを褒めて好きだと言ってて、良い夫婦だなと思いました。

プロポーズしてOKももらった裕一。

きっと裕一と音もそういう相手を尊重して愛しあえる夫婦になるんでしょうね。

音は演奏会の話をもちかけられた時、判を押すよう頼まれた時にくいついてチェックしてましたよね。裕一は後先考えなかったり、人を疑わずに信用してしまうからそこでも良いバランスがとれていそうでしたね。

 

まとめ

 

父が豊橋に

お祭りデートを楽しんだ音(二階堂ふみ)と裕一(窪田正孝)。演奏会をすることは許可したものの、身を引くことを今日ちゃんと伝えるようにと光子(薬師丸ひろ子)から言われていた音。光子はお出かけして帰ってくるまでの間には辛くてもちゃんと伝えているはずだと信じているでしょうね。

だから2人が帰ってきてからの、光子は音が裕一に伝えていなかったことを知って驚くことになりそうですよね。でも親として音のことをみてきてるから、もしかしたら言えないままなのではないかともどこかでは思っていたかもしれませんけど。

さて関内家には三郎(唐沢寿明)の姿が。親子そろってとんでもなく家に迷惑をかけてしまっているけど、あの慌てぶりをみる限りだと手土産や謝罪なども二の次になっているのではないかと心配にもなってしまいます。

三郎の立場を考えると、裕一が茂兵衛(風間杜夫)の養子になることで店の融資をしてくれる約束だから本来なら銀行に連れ帰らなくてはならないんですよね。でも三郎はそれよりも裕一に音楽の道を進ませたいと思う方が強い。

茂兵衛への養子にするか、お店と家族のために裕一には権藤家に入ってもらうか…。かなり迷うところだとは思うけど、裕一を思って三郎は音楽のために今は音のことは諦めるようにと言うんですよね。

 

下記で

エール朝ドラ動画25話/b9/bilibili/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール朝ドラ動画25話