バラエティ倉庫

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画 nhk 配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日

 

2020年5月1日22時から『最後の○○~日本のレッドデータ▽MC草ナギ剛▽絶滅寸前伝統技術&職人特集』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日
 

最後の○○~日本のレッドデータ~/番組内容

 

○○が無くなると和食が絶滅?○○を作れる唯一の手技とは?○○工場最後の日々に密着!「日本の多様性」が失われつつある今、草ナギ剛が「最後の〇〇さん」の信念に迫る!

番組内容
世界で唯一、その工場でしか作れない「製品」、その職人にのみ受け継がれた「技術」、地域で愛され続けた「味」…昭和・平成時代には「当たり前だったモノ」が、令和のいま絶滅の危機に瀕している。番組では、日本各地に潜在する「最後の○○」を徹底取材!そのモノの「知られざる価値」、無くなることの「影響」、絶滅危機で初めて気付かされる「尊さ」とは?MC草ナギ剛と共に「日本が育んできた多様性」のレッドデータに迫る!

 

最後の○○~日本のレッドデータ~ 出演者

 

司会
草ナギ剛,三輪秀香,

出演
土井善晴,中西進,村田吉弘

 

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日ストーリー性

 

日本の昔ながらな職人さんなどに注目した番組は最近少なくなりつつあったので、令和というAIが当たり前になった現在だからこそ注目されるべきテーマだと感じました。

人間の手でしかできない技術やその工場でしか作ることのできない製品など、実際は無くなってしまったら困るものがたくさんあると思います。

この番組で特集されることにより、様々な人が目にすることで伝統的な技術が見直され、今後も発展していけるのか期待しています。

また、伝統工芸というのは、子供たちにも知っておいてもらいたい知識のため、コロナウイルスの影響で休校中であり自宅学習が主になっている現在だからこそ親子揃って見るべき内容の番組だと思いました。

特に山間部などの地域では伝統的な技術を持つ職人さんが多かったり、昔ながらの製品を作り続けている方も多いため、どのような伝統技術や職人さんが特集されるのかも楽しみにしています。

さらに地上波で久々にMCをされる草彅剛さんのため、あの落ち着いた声と突拍子もない考えが聞けると思うとそれも楽しみの一つです。

草彅剛さんが伝統的な技術を持つ職人さんからどのような話を聞いてどのように感じるのか、それを聞きながら自分も勉強していきたいと思いました。

 

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日楽しみな点

 

日本には、伝統あるすばらしいものがたくさん先祖代々と引き継がれて今現代日本に継承されています。

しかし、中にはもう使われることがなくなったり、別の製品が変わって使われていたり、継承していく人間が不足していたりとどんどんと貴重な「製品」や「技術」たちが存在しています。

そうしたいわゆる絶滅の恐れがある【レッドデータ】たちを徹底取材する番組です。絶滅に瀕しているということは、人に知られる機会が少なく情報がないということでもあります。

なので、こうして特集を組む番組は私たち視聴者にもそれを知ることで購入したり何か支援をしたりと応援することが出来るのですごくありがたい番組だと感じました。

普段生活しているばかりでは、当たり前で気づかないモノたちも多いのでこうした番組を通すことでその伝統あるものたちについて理解を深められます。

そうして、学びを得ることで自分の中で感じるものがあるからこそ日本人として日本の伝統ある資産・文化を守ろうと思わせてくれます。

また、もしもの可能性として絶滅してしまったとしてもテレビ番組としてデータが残って入ることでのちのちの未来にもなんらかの形で貢献できます。

ので、こうして未来に情報をもたらすためとしてもすばらしい番組だと思いました。

レッドデータとは絶滅の危機に瀕している野生生物のことを指して使われる言葉ですが、この番組では、失われつつある職人の伝統技術をクローズアップして、この言葉を使っているようですね。

世界で唯一、その工場しか作れない「製品」や、その職人個人にのみ受け継がれたオリジナルの「技術」、地域で愛され続けた「味」といった、昭和時代から平成時代にかけては当たり前に存在していたものの多くが、令和の時代となった今、絶滅の危機に瀕しているそうです。

少子高齢化による若者人口そのものの減少や、社会や文化の変容によって、これらの技能や食文化を継承してゆくことが難しくなっているのですね。

番組では、全国に存在している「最後の○○」を徹底取材するそうで、そのモノの「知られざる価値」、無くなることによる「影響」、絶滅寸前で初めて気づく「尊さ」を紹介してゆくそうです。

このような番組に紹介されたことがきっかけで、それらの技能や文化に関心を持ち、受け継いでくれる人が現れることで、「絶滅」を回避できたら良いなと期待してしまいますね。

「日本が育んできた多様性」を継続することは、日本という国にとって大切な財産だと思いますから。

 

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日視聴者感想

 

『最後の○○〜日本のレッドデータ〜』の5月1日放送回は、日本の伝統技術と職人技の特集ということで、日本の職人さんをゲストに迎えて、貫いている信念や生き様を、MCの草彅剛さんが掘り下げるそう。

この番組をこれまで拝見したことはないのですが、草彅さんは独特の切り口のインタビューがお上手なので、他のインタビュアーとは違うお話が聞けるのではないかと思っています。

 

まとめ

 

気になってNHKのPRサイトを見てみたところ、今回のゲストには、味噌や醤油などの製造に欠かせない大型木桶を作る職人さんや、和傘の中心部品「ろくろ」を作る職人さんが登場するそうです。

大型木桶は国内唯一のメーカーが今年限りで生産終了、また「ろくろ」は作る職人さんが日本でただ一人だそうで、番組タイトルに違わない、「最後の○○」なことにびっくり!

よくあるのは「最後の職人」と言っても、日本に数人いる職人のうちのひとりだったりすると思うのです。

最後の職人さんのインタビューが聞けるのは、ギリギリ今このタイミングしかないと思います。

普段の生活から、日本の技術や伝統文化がどんどん無くなっていっている時代ですので、この番組から、少しでも身近に感じ、大切にしていけたらなと思います。

草彅剛君がMCを務める「最後の○○~日本のレッドデータ▽▽絶滅寸前の伝統技術&職人特集」という番組がNHKで放送されます。

このタイトルを私が20代の頃に見ても気にも留めなかったかもしれません。

ですが40代を過ぎると失うという言葉にそれなりに感慨深くなり、なぜか惹かれてしまいます。これから紹介するのはこの番組において私が楽しみにしているポイントです。

まず1つ目のポイントは番組の内容。技術の喪失によって消えるかもしれない道具や味は私の生活にも関わっているかもしれません。

そしてそこから感じる技術の尊さと失われることへの危機感が、将来の自分に役に立つかもと私は思うのです。

今迄愛用していた道具やツール、店がいきなり無くなり、虚無感に襲われたことは多くの人にとってある経験だと思います。

その時どうすることもできなかった自分に対して、この番組を通して何かしらの答えを見つけられれば幸いです。

もう1つは草彅剛君のMCです。

こちらは本当にただ気軽に楽しみたいだけのポイントになります。

草彅君といえば、どうしてもバラエティやドラマのイメージが強すぎて、このような真面目な番組のMCと一致しない人がいるかもしれません。

でも「ブラタモリ」ではかなり真摯的なナレーションを務めています。

彼がどういう方向性でMCをやるのかわかりませんが、番組の内容や出演者を生かすしゃべりに期待です。

年配の人なら問題なく楽しめる番組だと思います。

ですがやはり若い人にも見てもらいたい。

こんな時です。

家族で一緒に見ませんか。

それで失われる技術の幾つかが生き延びるかもしれません。

 
最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

最後の○○ 日本のレッドデータ/動画nhk配信/草なぎ剛/無料視聴5月1日