バラエティ倉庫

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)2020年無料視聴

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)2020年無料視聴

 

2020年5月2日19時30分からNHK総合で『たけしのその時カメラは回っていた動画ダイアナ妃「怒りのロイヤルウエディング」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

たけしのその時カメラは回っていた/ダイアナ妃/動画配信サイト
 

たけしのその時カメラは回っていた/番組内容

 

ビートたけし&桑子真帆アナウンサーが歴史の裏側に発掘映像で迫る教養エンターテインメント。今回は、世紀のロイヤルウエディングの陰で繰り広げられた知られざる“怒り”のドラマ。ダイアナ妃が決して許せなかった結婚式の招待客とは? グレース・ケリーが挙式する教会に詰めかけたメディアの過熱取材とは? 上皇夫妻のご成婚パレードの前日に起きた想定外の事態とは? 新婚ホヤホヤのたけしさんのハワイ挙式の裏話も披露!

 

たけしのその時カメラは回っていた 出演者

 

司会
ビートたけし,桑子真帆,

出演
YOU,カズレーザー,

語り
高山みなみ

 

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)ストーリー性

 

グレースケリー后の怒り

グレースケリーという方の名前くらいは聞いたことがありましたが、少し前に話に聞いてとても興味を持っていました。

自分が生まれるよりも前に亡くなった方だけど、今も語り継がれているくらい。きっと当時はそれはもうすごい騒ぎだったんだろうなと想像できます。

アカデミー賞にゴールデングローブ賞など、華々しく活躍していた人気実力をかね備えた大女優。人気絶頂だった中結婚で引退。

それもその相手がモナコ大公なんですもんね。

結婚後のことも気になりますが、番組ではロイヤルウエディングのかげにあった怒りに迫るのが今回のテーマ。

華やかな結婚式の裏にどんな怒りがあったのか気になりますよね。

挙式する協会には沢山のマスコミが取材で詰めかけたそう。

国際的な盛期の大女優が大公と。モナコやアメリカだけでなく、それこそ世界中の注目を集めたことでしょうからね。

メディアの加熱取材というのもすごかったのでしょうね。

海外のニュースのパパラッチなんかをみていても、本当にゾッとしたりもあります。

注目度の高さで、熱が高まりすぎたメディアはどんな取材を?

さらには、上皇夫妻のご成婚パレードの前日に想定外の事態が起きたりしていたそうです。
それぞれどんなエピソードが紹介されるのでしょう。

 

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた) 楽しみな点

 

ダイアナ元妃の怒り

番組ではダイアナ妃が決して許せなかった招待客がいたことを紹介。

ダイアナ妃は亡くなった今も遠く離れた日本でも人気があって、特集番組が放送されたりもしますよね。

日本でもダイアナ妃の来日では、ダイアナフィーバーなるものが巻き起こったほどだったのだとか。

美貌に加え、ファッションセンスがよくて世の女性にも影響を与えるようなファッションリーダーでもあったみたいで、離婚後も慈善活動などを積極的に行っていたことも人気の理由なのかもしれませんね。

逆に、チャールズ皇太子は不人気なイメージがあります。

ダイアナ妃の人気で余計なのかもしれませんね。日本でさえこんなに嫌われていますが、やはり浮気で妻を苦しめたイメージが強いですもんね。

チャールズ皇太子はダイアナ元妃と結婚している時も、ずっとカミラ夫人との仲が続いていたのは今は誰もが知っていますもんね。

たけしのその時カメラは回っていたてなは、怒りのロイヤルウエディングと題し、「ダイアナ妃が決してる許さなかった招待客」も紹介。

イギリス中が沸いた世紀のロイヤルウエディングのかげにあった、怒りをとりあげる。

ダイアナ元妃は、チャールズ皇太子との結婚前からカミラ夫人に疑念を抱き嫉妬をしたと言われています。決して許さなかった招待客となると、カミラ夫人だったのかなと思えてしまいますが、果たしてその真相とは?

 

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)視聴者感想

 

衝撃的な自動車事故でダイアナ妃がなくなって後、ダイアナ妃が英王室の中でどれほどの苦悩を抱えながら暮らしていたのかが、様々な報道により明らかにされてきました。そんな中でも未だ私たちの知り得ない真実が隠されているように思います。

正式に離婚を発表してからの妃はそれ以前よりさらに強い意志を持ち、まるで何かに挑むかのような視線を周囲に向けていたように私には感じられました。

今回この番組の中で、その内面の変容の理由が解明される手がかりが含まれていることを期待しています。

華やかな王室の内側に、妃が本当に求めていたものは見つからなかったのでしょうか。人生の転機となったような妃のエピソードや、妃に関わった周囲の人物たちの新証言を是非知りたいです。

チャールズ皇太子とダイアナ妃が初来日した1986年、大学生だった私は喜び勇んでカメラを抱えて青山通りのパレードを見に行きました。

沿道に幾重にも並んだ見物人の頭越しにかろうじて構えたカメラで、オープンカーの後列に並んで立って手を振っていたお二人の姿を写真に収めることができたのでした。

肩パッドのしっかりついた白いスーツに白い帽子の、美しく優雅な妃の姿と横顔が今でも忘れられません!

 

まとめ

 
結婚式の裏話

ロイヤルウエディングといえば華々しくて豪華でおめでたい気持ちに包まれているようにみえます。

しかし祝福される本人達にはそうとばかりも言えないんでしょうね。

立場敵に軽々しく愚痴なんかも公表できないんだろうから、ごく限られた近しい人しか知らない事実なども色々あったりするんでしょうね。

祝福に長い時間幸せそうな笑顔でこたえなければならないのに、その心が怒りで溢れていたとするなら本当に辛かっただろうなと思います。

ダイアナ妃には、決して許すことができなかった招待客がいた。

グレイスケリーが結婚式をあげる式場では、とんでもない加熱取材が起こっていた。

そこにはどんな怒りのドラマが繰り広げられていたのでしょうか。

さらにロイヤルウエディングのだけでなく、たけしさんのハワイでの結婚式の裏話も聞けるみたいですね。

たけしさんのことだから、あまり多くは語らない気もしますが。
お笑いで一世を風靡して、映画監督として世界から評される、大物だけどいまだに変な格好を楽しんでやってくれますよね。離婚、事務所のこと、そして今新婚となっていて、なにかと話題のたけしさん。

たけしさんが結婚式というのがなんだか不思議な気もしてしまいます。なかなか聞けなかった貴重なハワイ挙式のエピソード、気になりますよね。

様々なお宝映像や発掘映像を通じて、記憶されるべき事件や出来事、風俗、現象を掘り起こし、さらにその時代的・社会的背景も含めてその面白味を炙り出し、語ってしまおうという番組が、この『たけしのその時カメラは回っていた』ですが、今回は「怒りのロイヤルウエディング」と銘打って、世界の王室や我が国の皇室の御成婚の際の貴重な歴史的映像を通じて、単におめでたいというだけでは済まされない、その裏側に秘められたこぼれ話や苦渋を伴う”怒り”の物語を取り上げ、その意味を出演者で熱く語っていこうという、非常に意欲的で素晴らしい企画にチャレンジしています。

今回の放送で取り上げられるのは、世紀のロイヤルウェディングと言われた英王室のチャールズ皇太子とダイアナ妃の婚礼でダイアナ妃がどうしてもゆるせなかった招待客、レーニエ・モナコ大公とグレース・ケリーの挙式当日に会場となる教会で起こったメディアの過剰取材、上皇ご夫妻のご成婚パレード前日に発生した想定外の事態という、3つのエピソードが主に取り上げられるそうで、どれも非常に興味深く、視聴者の耳目を集中させずには置かない魅力的な題材であり、またビートたけしを中心としたコメンターたちがそれぞれ一体どのような語り口で論評してゆくのか、今から放送が非常に楽しみです。

 
たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

たけしのその時カメラは/ダイアナ/動画5月2日(回っていた)