アニメ

キミスイ/見逃した配信/実写映画やアニメ版/地上波/動画/金曜ロードショー 君の膵臓をたべたい

キミスイ/見逃した配信/実写映画やアニメ版/地上波/動画/金曜ロードショー 君の膵臓をたべたい
 

2020年5月2日21時からNHK Eテレで『劇場アニメ「キミスイ」』が放送されます

そいて、2020年9月4日21時から日本テレビで『金曜ロードSHOW!「実写の映画君の膵臓をたべたい」浜辺美波×北村匠海★ダブル主演』が放送されます

 

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

金曜ロードSHOW! キミスイ/見逃し配信/地上波動画/実写映画
 

アニメ版は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめ
 

キミスイ /番組内容

 

クラスで人気者の桜良が、膵臓の病気で余命わずかだと知ってしまった「僕」。彼女は言った。「キミスイ」 二人の心の交流を繊細な表現で描く劇場アニメ。

番組内容
高校生の「僕」は病院の待合室で、一冊の文庫本を拾う。その本は、同級生の山内桜良が密かにつづっていた日記帳だった。日記の中身を目にした「僕」に、桜良は自分が膵臓の病気で余命いくばくもないことを告げる。それは病気を隠している彼女にとって、ただひとり秘密を共有する相手ができた瞬間だった。最期の日が訪れるまで、精一杯人生を楽しもうとする桜良。そんな彼女に振り回され、「僕」の心は少しずつ変化していく。

 

キミスイ キャスト

 


高杉真宙,Lynn,藤井ゆきよ,内田雄馬,田中敦子,和久井映見,三木眞一郎,福島潤

 

キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめストーリー性

 

かなり話題になった作品なので、きっと成功した映像化作品でしょうから、その点からも期待度が上がります。

大変魅力的なヒロインと、どこかひっそりと生きてきた男の子が、高校生なりに生きる意味を見出していく青春ストーリーの一面もあるので、自分の青春時代に戻って、生き方を違う目線で見られるような作品でありそうです。

漫画と展開が同じなら、命の大切さとはかなさをどう描いていくのか興味深いです。

最後は突然、病気とは関係ないことで命を奪われてしまうヒロインですが、漫画でもその喪失感はとんでもないものでした。

でも、実際に、災害や事故などで大切な人の命が奪われてしまったら、このような喪失感に襲われるのでしょう。

読み手側としては、どう病気による死と向き合っていくかを考えていて、突然何の脈絡もなく死ぬなんて想像していないので、自分の持ってきたすべてが奪われる感覚です。

また、死んでしまった相手の積み上げてきたものが無に帰すような感覚さえあります。

現実でも同じようなことが起こるでしょうから、漫画を読んでいても、自分に身に降りかかったらと、この出来事やその後の主人公の心の回復を見て心打たれました。命ははかなくも唯一無二の存在であることと教えてくれる作品だと思います。

アニメだともっとリアリティをもってこの感覚を感じられそうなので、放送が楽しみです。

——

実写版の方の君の膵臓をたべたいを観て、感動と衝撃を与えられたため、アニメ版というのもとても楽しみです。

主人公が僕で進められるミステリアスな感じがとてもこのアニメのタイトルにあっています。

友達も恋人もいらない、人間関係や馴れ合いなどを不要なものだと考えている主人公好きなのは本だけといったとても孤独な青年が、病院で同級生の日記帳を拾ったことで彼女が膵臓の病にかかっていて、余命いくばくもないといった秘密を抱えながらも必死に生きている明るくてちょっと変わった女の子で、自分に残された時間が少ないという秘密を2人で共有するというストーリー設定だけでも泣けてきます。

残された時間悔いのないように生きようとしている同級生と一緒に過ごすことで、人とのかかわりが意味のないことであるように感じており孤独であった青年がどのような心の変化を迎えることになるのかといったことも注目してもらいたいです。

後悔がないように楽しみながら日常を送ろうとする彼女が心を閉ざしていた僕にどのように接していくのか、若くして死を覚悟している彼女の言動にも注目です。

病気を題材にしたお涙ちょうだいではない、この作品を観た人にしか分からない感動がアニメでも楽しむことが出来るのは感激です。

–私は最初、友人に勧められて『君の膵臓をたべたい』の原作である小説を読みました。はじめはあまり興味がなかったものの読んでいくうちに物語に引き込まれていき1日で読み切ってしまいました。

それから漫画版を読み、そして実写映画化を見て劇場アニメ版も見ました。

個人的には漫画版が1番良かったと思いました。

なぜなら、まず絵が可愛らしく描かれているからです。

物語のストーリー上、話が重く悲しい気持ちになることも多々あるかと思いますが絵が可愛いことであまりしんみりせず読むことができると思いました。

それに、原作を読んでいるだけではわからない主人公やヒロインの表情がわかることです。

主人公はあまり人に興味が無い性格をしているのでヒロインである山内桜良と一緒にいる時にどのような表情をしていたのかわかるからです。

ここまでは漫画版『君の膵臓をたべたい』の良さについて語ってきましたがその良さは漫画版だけでなく劇場アニメ版にもしっかりと反映されていました。

それは、漫画版と同じキャラデザインで声もイメージとかけ離れていなく、作画もすごく綺麗で見ていて引き込まれると思います。

さらに、原作や漫画版にはなかったシーンなども追加されているのでどこが追加されているのか探してみるのも楽しいかもしれません。

以上が私の『君の膵臓をたべたい』の楽しみな点やお勧めな点でした。

私も最後に見てから時間が経っているのでこの機会にもう1度見て楽しみたいと思います。

–。

映画版は原作から内容がアレンジされて放映されたので、個人的には少しガッカリしましたが、アニメ版は小説そのままのシナリオで、作画も綺麗であの世界観を忠実に再現してくれていそうでとても楽しみです。

この作品はあらすじの通りヒロインがある病気にかかっている設定なのですが、物語の展開・結末に今まで感じたことの無い衝撃さがあります。

メッセージ性も強いです。

この作品を見ない人の中には「昨今の恋愛もの、病気ものはどれも同じだ。」という風な方もいらっしゃいますが、そうゆう方にこそ、この「君の膵臓をたべたい」はお勧めしたいです。きっと忘れられない作品になるでしょう。

そしてそれがアニメとなると目からも情報が入ってくるので、主人公やヒロインの表情にとても心揺さぶられると思います。

普段小説を読まれない方でもアニメなら見やすいので、同じ感覚を共有出来る人が増えるのも楽しみですし、もっと多くの方に触れて頂きたい作品です。

きっとアニメ版も大ヒットすると思いますので、その波に乗り遅れないように5月2日はテレビでぜひ「君の膵臓をたべたい」をご覧になって下さい。
 

キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめ 楽しみな点

 

実写版は私の中でとても心に残っている映画で、映画館でめちゃくちゃ泣いたのことを今でも覚えています。

アニメ版は、また実写映画とは違うストーリー展開になるのでしょうか?またあの感動作を、今度はアニメ版で観れるとあって今から楽しみですね。

実写映画は、小説とは違って大人になった「僕」が登場しますが、アニメ版はどうなるんでしょうか?小説版に寄せるんでしょうかね。

私が「君の膵臓をたべたい」で1番好きな箇所は、病気が悪化し再入院してしまい、精神的にも弱っている桜良ちゃんのために、「僕」が夜に内緒で病室を訪れるシーンです。

主要人物の2人はお互いに「好き」という気持ちは一切言ってないですが、2人のやり取りからお互い好きなんだろうなとわかります。

その「好き」という感情が人としてなのか、異性としてなのかは人によって捉え方は異なると思うんですが、その初々しい感じや、桜良ちゃんが弱い姿で「僕」と接するシーンがとても個人的に好きです。

あのシーンがアニメ版でどのように描かれてるのか期待です。

声優の方には詳しくないんですが、「僕」役の高杉真宙さんはドラマで見たことあるので、どんな風に演じてくれるのか楽しみです。

人生のタイムリミットが決まった状態の彼女と出会い、仲を深めていくことで、それまでどこか冷めていた感じの主人公少年が人と関わることの充実性を知っていく、その過程が緻密に描かれる点が良く、見どころにもなります。

主人公が本好きなのは好感をもちます。本を全然しらないヒロインがたた一冊読んで知っている本として「星の王子さま」があげられるのが彼女らしく、可愛らしい点です。

十分に美人で、男子からも人気のヒロインが、地味で暗い主人公を相棒に選ぶ点には謎めいた要素を感じます。

天真爛漫で元気で可愛い、そして先の行動が読めない意外性もあるインパクトの強いヒロインの動向には目をひかれます。

元気にヒロインを演じたLynnさんのお声と芝居も集中して楽しみたいです。

バックに写るサクラが美しく、作品の象徴的シーンでもあると思います。

キャラクターデザインは可愛らしくて好きですが、風景描写も大変美しいので見どころとなります。

限られた時間の中で人生にしっかり向きあう若い命にスポットをあてた作品です。

自分の人生も時間の限り大事に生きようと思えるものだと思います。

しみじみとした思いで集中して見たいです。

Sumikaさんが担当する主題歌も名曲なので再び聴けるのが楽しみです。

 

キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめ視聴者感想

 

原作は元々、小説投稿サイト「小説家になろう」に連載されていた小説です。

「小説家になろう」と言えば、多くの作品が商業出版され、アニメ化といったメディアミックス展開も行われいます。

ただし、その多くがいわゆる”異世界転生モノ”です。

それに対して、このキミスイこと『君の膵臓をたべたい』は青春恋愛小説とも言うべきもので、いわゆる”なろう系”作品としては異色の立ち位置にありますね。

事実、2016年「本屋大賞」第2位に選ばれたり、アニメ化に先立って実写映画が制作・公開されるなど、他の”なろう系”作品とは明らかに異なる扱いを受けているように見えます。

物語は主人公である「僕」こと志賀春樹が、偶然拾った文庫本をきっかけに、クラスメイトである山内桜良という少女が膵臓の病気で余命いくばくもないことを知り、その秘密を共有することになった2人の心の交流を繊細な表現で描いた作品です。

正反対だった性格の2人が、互いに相手に自分には欠けている部分を見つけて惹かれてゆくところが、この作品の最大の見どころでしょう。

少年と少女が成長してゆく様子は感動しますし、悲劇的な最後には涙が止まらない。そんな作品だと思います。

 

まとめ

 

このドラマは小説で有名でタイトルをよく耳にしていたので、ずっと前から興味があり小説を一度読んでみたいと思っていました。

タイトルを見るとかなり衝撃的なので、解剖や殺人を想像してしまいましたが、いろいろ調べてみるとまったく違いました。

主人公「僕」は膵臓の病気を患って余命がない桜良の秘密の日記帳を拾って中身をのぞいたことで、身内以外で唯一彼女の病気のことを知る人物となるというストーリーのようです。

最期の日が訪れるまで精一杯人生を楽しもうとする彼女、彼女が死ぬ前にやりたいことに付き合うことで「僕」は振り回されつつも心が変化していくようすが描かれているようです。

若い世代の病気はどうしても辛い、暗い気持ちになってしまいがちですが、このアニメでは「病気の苦しさ」より「残された時間をいかに楽しく全力で過ごすか」という方に焦点が当たっているように感じるので、重苦しくない気持ちで見れそうな気がします。

またこういうタイプぼアニメではやはり命の大切さや1度きりの人生を楽しく後悔のないようにすることの大切さを教えてくれるような気がします。

主人公「僕」はもともとどんな人で、どんな風に変化していくのかも楽しみです。

ずっと気になっていた小説のアニメなので早く見たいです。

 
キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)
でみれない時は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

キミスイ/アニメ/見逃し配信/動画5月2日無料視聴まとめ