ドラマ

ミナミの帝王/動画配信/1話2話竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト

ミナミの帝王/動画配信1話2話竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト

 

『ミナミの帝王』はU-NEXTで見れます

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト
 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイトストーリー性

 
難波金融伝・ミナミの帝王』と言えば原作は漫画ですが、映画・Vシネマ版作品が多数制作されており、主人公の高利貸し萬田銀次郎を演じた竹内力さんの代表作というイメージが強いですね。

と言うか、萬田銀次郎以外を演じている竹内力さんがほとんどイメージできないほど、強く浸透していると思います。

萬田銀次郎が大阪ミナミで営んでいる金融業は、十一の違法な高金利なのですから「悪」の立ち位置ではあるのですが、困窮してお金を借りに来た人々に向き合う姿勢はとても真摯なものです。

貸した金を回収するためという理由があるとは言え、客を困窮に追いやった、より悪質な第3者がいた場合は、その者から金を回収してしまいます。

この法律知識などを駆使して第3者の悪人を退治するシーンがとても痛快で、『難波金融伝・ミナミの帝王』の最大の見どころと言ってもいいでしょう。

萬田銀次郎は、より「巨悪」を制するための「毒」の役割を担ったキャラクターで、一種の「義賊」のような側面を持ち合わせていると言えます。

それにしてもこのシリーズ作品を見ていて常々思うのは、お金にまつわる悪事の多さと、それに巻き込まれることへの危険性です。

自分のお金の管理にしっかりと気を配り、不幸な上記に追い込まれないように気をつけなければならないと社会的な警告を発している作品でもあると思います。

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト楽しみな点

 

大阪生まれ大阪在住50年以上の私は漫画はもちろんは全て実写版もほとんど見ました

私個人の意見としては実写版の方が大阪のミナミの街並みがリアルに表れていて大好きです、実写版でもやはり初期の頃の作品がすきで

初期の頃の作品はまだ竹内力がやせてい尖ったイメージがかっこよかったでまあ私の年代からすればですが、ファッションも完全にバブル時代のスーツ肩幅広め派手なカラー現在令和の時代からすればものすごく違和感があります

それに現在はもちろんその当時においても萬田銀次ような大阪弁を使う大阪人はまず間違いなくいません、最初にも申し上げましたが大在住50年以上の私が断言できます、ただそこがミナミの帝王萬田銀次郎のキャラクターとしての魅力だと思います

それに比べ後期の作品での竹内力、萬田銀次郎はかなり太り貫禄がついたのはいいのですが尖った感じがなくなり私個人の意見ですが竹内力の別作品「岸和田少年愚連隊」のカオルちゃんとだぶってしまいます。

やはりミナミの帝王は舎弟が柳沢慎吾の初期の作品が最高です初期の作品の中でも「難波金融伝 ミナミの帝王1 トイチの萬田銀次郎」が一番好きです、なんとあの伝説の漫才師横山やすしが萬田銀次郎の師匠役で登場、まんまとヤクザ金融に騙された萬田銀次郎が師匠のアドバイスで騙し返す痛快なラストが見ものです。

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト視聴者感想

 

ミナミの帝王、皆さんはその言葉を聞いてどのような人物像が思い浮かぶのでしょうか?

高金利貸しの鬼?はたまた違法な取り立てを行う犯罪者?法律を網羅した智者?

私が思うこと、それは”優しさ”です。

ミナミの帝王こと萬田銀次郎は大阪にて個人で違法な金利を用いり金融屋を営む男その金利は借りたお金の元金から十日に1割の利息と、とんでもない利息、そして会社の営業中であろうと飛び込むような取り立て業務知らない人から見ればその所業はまさに悪魔、いや鬼だと、そこからミナミの鬼という異名は生まれます。

しかし私はそんな鬼の中にいつも優しさを感じています。

そこには銀次郎から借金をしている人はいつも最後には”ありがとうございます”と話すからです。

なぜなのかというと、客にはいつも一つの共通点があるからです。

何かしらの理由で銀次郎からお金を借りていた客が、別の悪徳業者などに騙され多額の借金を負う、そこからストーリーは始まり、銀次郎が持ち前の法律の知識や機転でその悪徳業者からお金をだまし取り、そのお金を持って客に借金の完済どころかそのお金すら客の取り分だと渡してしまう、だからみんな口をそろえて話す”ありがとうございました

これでやり直せます”と萬田銀次郎とはそのような男なのです。

客一人一人にある思い出や人情のストーリー銀次郎はそんな人たちの後押しを、曲がりなりにも自分のやり方で、しているように私はそう感じて仕方がないのです。

悪徳業者を騙し返したりと、爽快なドラマの中にあるくすぐったい心がどこか懐かしいそんなストーリーこそがミナミの帝王の一番の見どころだと私は思います。

–竹内力さんのミナミの帝王は、とても強面の竹内力演じる萬田銀次郎が、実は人情味ある弱い者の見方なので、どのストーリーもいつも最後はスカッとして終わるので、見ててとても清々しい気持ちになれる番組だと思います。

今となっては全く見かけなくなった古くさい、スーツ姿や髪型やスタイルが、この時代を知っている人にとっては90年代の古き良き時代を懐かしめるかと思いますし、この時代を知らない人にとっても新鮮だと思います。

そして時代が変わってもこのスタイルをずっと貫いているのも萬田の魅力だと思います。

更に思わず笑ってしまうのが、「一体どこの誰がこんな大阪弁話す人いるの?」と思ってしまうようなコテコテの大阪弁で出演者達全員がやり取りをしている所です。

でもこんなコテコテの大阪弁を使いこなす萬田の発する言葉の中には、実はたくさんの奥が深い名言、教訓が詰まっています。

その萬田の発言を聞くのが、楽しみな所でもあります。あとは主役の萬田をサポートするキャラクター達もとても個性的で魅力的で、毎回萬田の指示に対してとても良い仕事をします。

彼らが萬田金融から借金をして返済ができない人達の借金の取り立てしつつも、何故借金をしなければいけなかったのか?誰がそこまで追い込んだのか?

などの事情もしっかり調べてた上で、本当の悪を見つけて、最終的に萬田がその悪者を大逆転で追い込んでぎゃふんと言わせる姿は毎回カッコいいとも思ってしまいます。

そして最後の最後はその悪者から貸した借金を取り立てて、さらには上乗せで悪者から取り立てたお金を元の借金者(被害者?)に差し出すシーンには毎回お決まりパターンなのですが、病み付きになるスッキリ感を味わえます

 

まとめ

 

竹内力さんは私の地元出身です。それだけに余計親近感があります。

「ミナミの帝王」の面白さは、なんといっても「強大な悪」を理詰めで倒す萬田銀次郎(銀ちゃん)の姿です。

もちろん銀ちゃんだって暴利をむさぼる闇金融業者ですが、そこには庶民の目線に立った生き方が垣間見えます。

彼自身が、親の借金で大変な苦労をしたということが大きいのでしょう。銀ちゃんは、親が金につぶされてしまったことで、その金を支配する道を選んだのかもしれません。

金を支配しても金に支配されないという彼の生き方こそが、「ミナミの帝王」の最大の魅力です。

このドラマは、ある意味「勧善懲悪」なんですが、銀ちゃんは決して清純なヒーローではなく、ダーティーヒーローです。銀ちゃんは自分が損をしてまで弱い者を助けることはせず、自分の取り分はしっかり確保します。

助けた相手に対しても、必要以上の援助は決してしません。

このことが、このドラマを安っぽい人情話で終わらせず、銀ちゃんという男の懐の深さを表しています。だから、このドラマは痛快な作品となっているのだと思います。

ドラマで脇を固める方々ですが、沢木組長、広瀬さんは言うに及ばず、オカマバーの梅子さんなど、人間味あふれる登場人物ばかりです。

そして、銀ちゃんの「舎弟」たちも素敵な男たちばかり。

桐谷健太さん、柳沢慎吾さん、今は国会議員の山本太郎さんらが、心酔する銀ちゃんに少しでも追いつこうと奮闘する姿は、毎回とても楽しみです。

みんな可愛い「チョイ悪」ですね。

さて、私がイチオシの名シーンですが、やはり、破門同然になった竜一(柳沢慎吾さん)がヤクザ者に大けがを負わせられ、命からがら銀ちゃんのところに帰って来るシーンです。

意識がもうろうとする中、竜一は銀ちゃんに詫びるのですが、銀ちゃんは、そんな竜一を黙って抱きしめます。

自分のミスを取り返そうと無理をする竜一にあえて厳しく当たる銀ちゃんですが、ココという時には暖かく包んであげます。

銀ちゃんと舎弟との深い関係が象徴的に表れたシーンだと思います。

「ミナミの帝王」は、ドラマ版、劇場版の全てを見ました。

今でもCSで再放送されることがあり、つい見てしまいます。

ストーリーはほぼ覚えていますが、それでも見てしまいます。「こんなヒーローがいたら・・・」と思わせてくれる素敵なドラマなのです。

 
ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴dailymotion、9tsu、miomio、youtube、ユーチューブ、acfun
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト