バラエティ倉庫

ミナミの帝王 動画 pandora/無料視聴/竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト

ミナミの帝王/動画pandora/無料視聴/竹内力全話フル配信中無料視聴で漫画も読めるサイト

 

『ミナミの帝王』はU-NEXTで見れます

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト
 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイトストーリー性

 
「難波金融伝・ミナミの帝王」。週刊漫画ゴラクで30年近く連載されている人気漫画ですが、その実写版といえば大多数の人は竹内力さんを思い浮かべるのではないでしょうか?

竹内力さんが主人公の萬田銀次郎を演じる映画やVシネマは1992年から2007年にかけて60作品も作られていて、ミナミの帝王=竹内力さんであるのに加えて竹内力さん=Vシネマというイメージを強烈に植え付けた作品でした。

15年間もの間映像作品が作られたということはその間に登場人物は当然15歳年齢を重ねているわけで初期の作品と晩年の作品では結構趣きが違っていますので見比べてみるのも面白いと思います。

改めて見返してみると、1992年の第1作では竹内力さんはまだ20代であり血気盛んな時代です。

ですので、ミナミの帝王・銀ちゃんファンの方であっても、シリーズの途中から見初めて後半を主に見ている方にとっては、かなりイメージの違う、ある意味衝撃を受けるシーンが目白押しなのではないか?と思います。

ミナミの帝王での萬田銀次郎は後半は貫禄十分で誰も逆らえない雰囲気があるのですが、若い頃の萬田銀次郎は貫禄とは違った勢いが凄く、アクションあり、言葉や表情も多彩な別の意味での凄みを感じる存在で、その後確固たる地位を築いていった原点を垣間見ることができます。

竹内力さん主演の「ミナミの帝王」シリーズは全作走破するのは60作品もあり大変ではあります
 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト楽しみな点

 

萬田銀次郎は十一でお金を貸す高利貸しであり、必ず資金を回収するとしてその世界では知られている冷徹な人物です。

お金を借りる人はいつも通常のところでは借りることができない訳ありの人ばかりですので、貸し倒れの可能性が高いわけですが、どのような手段を用いても必ず資金を回収します。

その中で時折見せる人間味のある行動がこの作品の一番の魅力になっていると思います。最後には必ずなんらなの形で起こった問題を解決します。

漫画で読むことが多いのですが、映像で観るミナミの帝王はまた違った魅力があるように思います。

特に竹内力主演のミナミの帝王は凄みがありまさにはまり役と言っていいでしょう。

見た目は豪快で迫力があり、必ずお金を回収するという雰囲気が満載なのですが、弱者にはやさしく必ず味方になってくれる様子が竹内力の演技によって忠実に再現されています。

舞台は関西の中心地である大阪ミナミですが、欲望渦巻く街の中でのストーリーと竹内力が演じる萬田銀次郎が見事にマッチしており、本当にミナミの帝王が実在しているようにも錯覚しそうです。

現在は千原ジュニア主演のものが創られていますが、やはり竹内力主演のミナミの帝王でないと凄みというか迫力がないというかなにかが物足りないように思います。

またいつか竹内力主演のミナミの帝王の新作を見てみたいと思います。
 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト視聴者感想

 
竹内力さんといえば、ミナミの帝王を思い浮かべる人も多いと思います。

この作品で竹内力さんはVシネマのイメージが定着したのではないでしょうか。

原作の漫画は1992年から連載が始まり、156巻まで出ています。

今もなお連載が続いている、人気作品です。

作品を見たことがない人でも、名前を聞いたことがあると思います。

竹内力さんは俳優として活躍する前に銀行で勤めていたことがあるそうで、ミナミの帝王で札を勘定するときにその経験が役立ったそうです。

私自身関西人で、ミナミにはよく行くので、よく知った景色がドラマ内に出てくるのも楽しいです。

また、竹内力さんは九州出身にもかかわらず、関西弁の役柄をこなしていてすごいなと思いました。

よく他の映画やドラマでも、他の地方出身の俳優さんが関西弁を話す役をこなしているのをお見かけしますが、正直違和感を感じることが多いです。竹内力さんは過剰に関西弁で話そうとしている感じがなくて、とてもナチュラルな印象を受けました。

竹内力さんはこの作品での役柄がかなりはまり役でイメージが強いため、大阪などを訪れたときにはミナミの帝王での役柄の名前で呼ばれることが多いそうです。

作品内の竹内さんは本当に威圧感や迫力がすごくて、ぴったりな役だと思います。
 

まとめ

 
この映画をほんの少しちらっと見た程度の私でも竹内力さんで真っ先に浮かぶイメージはミナミの帝王と言うほどこの映画のイメージが相当強くインパクトももの凄いものがありました。

大阪弁のドスのきいた聞いているだけでも震えあがるような声の上に体格がごつくて威圧感のあり過ぎる雰囲気ですから、演技とわかっていて決して自分に向かい発している訳でもないのにまるで目の前で自分に言われているような怖さを感じます。

原作が漫画だったのは知らなかったのですが漫画に描かれた萬田の雰囲気が普段の竹内力さんそのものなのも、竹内さんをこの映画に起用した事に納得がいきました。

漫画のキャラを実写で制作するとなるとなかなか原作のイメージ通りにならない事も多く仕方ないと言え残念に思う事も多いです。

しかし竹内さんなら原作のイメージを全く壊すこともないので原作が好きな人が映画版で見てもがっかりする事なくすんなりと受け入れる事ができると思いました。

歴代の舎弟のメンバーを見ているとコメディータイプの人ばかりなので、名前を見ただけでも吹き出しそうになり、特にこの中で1番お気に入りの柳沢慎吾さんが出演した時の作品を見てみたいと思いまいた。

確かに萬田は怖いキャラクターではありますが、ただ単に怖くて容赦ない取り立てをする金貸しというだけではなく相手によってはお金を貸す事をやめて相手に寄りそう姿勢を取り人情味溢れる点がある事も憎めないキャラクターとして長年愛されてきたのではないかと想像します。
父が竹内力さんのファンで、子どもの頃からよく一緒に見ていた作品です。

一見すると腕っぷしで全てを解決していそうなビジュアルなのに、暴力ではなく頭脳(法律)で解決していく姿がとてもかっこいいなあと、子どもながらに憧れていました。

法律は弱い者ではなく知っている者の味方――そんな言葉に影響されて、私は自分の進路を決めました。

それくらい、毎回衝撃を受ける作品です。法律は変わりゆくものなので、今では明らかにそれは無理だろうという展開も確かにあります。それでも法律の仕組みや社会の仕組みを学べる作品です。

萬田金融のメンバーは時代とともに入れ替わっていきますが、私は柳沢慎吾さんが出ていた頃がとても好きです。

また萬田さんの友人でヤクザである沢木の親分も、とても良いキャラをしています。

萬田さんでは解決が難しくなってしまった時に、手を貸してくれる姿がかっこいいです。

しかし根はヤクザなので、時には血を流す事も厭わない姿勢に、萬田さんとはまた違う男気を感じます。

色々と書きましたが、一番好きな点は竹内力さんがめちゃくちゃかっこいいところです。

初期はチンピラお兄さんだった竹内さんが、シリーズを重ねるにつれて威圧感の塊になっていくのもまた好きなポイントです。

作品の世界観の都合上、濡れ場や少し残酷なシーンもあるので一概には言えませんが、案外家族みんなで楽しめる作品だと思います。
 
ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴dailymotion、9tsu、miomio、youtube、ユーチューブ、acfun
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミナミの帝王/動画配信1話2話~全話配信中無料視聴で漫画も読めるサイト