ドラマ

レミゼラブル/nhk/最終回/再放送/動画ドラマ8話最終話2020年5月3日無料視聴方法

レミゼラブル/nhk/最終回/再放送/動画ドラマ8話最終話2020年5月3日無料視聴方法

 

2020年5月3日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブル 8話』が放送されます

 

再放送//がないため、見れない方は(青文字をクリックすると~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル nhkドラマ 8話再放送//
 

レミゼラブル nhkドラマ最終回 8話再放送// /番組内容

 

ヴィクトル・ユゴーの名作が、新たによみがえる!物語は感動のフィナーレへ。波乱万丈の人生を経て、ジャン・バルジャンがたどり着いた場所とは?

番組内容
ジャン・バルジャンは、バリケードから救い出したひん死のマリウスを川岸へと運ぶ。だがそこで、ジャベールに捕まってしまう。バルジャンの頼みを聞いたジャベールは、マリウスを送り届け、さらに自宅に立ち寄ることを許す。バルジャンが外に出ると、待っているはずのジャベールの姿はもうなかった。意識を取り戻したマリウスは、めでたくコゼットと結婚する。幸せいっぱいのコゼットだったが…。

 

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,エリー・バンバー…寿美菜子,ジョシュ・オコナー…細谷佳正,アディール・アクタル…丸山壮史

 

 

住むゴルボー屋敷に一人で乗り込む展開になります。奴と奴の仲間の連中に取り囲まれてしまうので、命の危険が出てきてヒヤヒヤものです。

ただ隣にマリウスがいて部屋から目撃していて、銃を発砲するのでこの騒動を利用してジャン・バルジャンは危機を脱するのでは無いかと予想(ここでジャン・バルジャンが死んだらストーリーが続きませんから)します。

しかしマリウスが発砲した銃は、ジャベール警部が渡したものという事なので因縁を感じる内容ですね。

それに、マリウスはコゼットと運命的な出会いをしているものの、その一方でテナルディエの娘のエポニーヌが彼に恋愛感情持っているのでこれはこれでまたなんかトラブルの伏線があるような気がします。

彼女からコゼットの住む家の住所を教えてもらうという展開が、果たしてその通りにたどり着くのかが微妙な感じです。

エポニーヌは、コゼットに対して嫉妬をしてたりするのではなかろうかと思うので。

エポニーヌの問題だけではなく、パリ市街での暴動によって街中が物騒になっているのでマリウスが家へ向かおうとする道中も危険極まりないようなのでどうなるのか心配です。

レミゼラブル nhkドラマ再放送/最終回/8話2020年5月3日ネタバレ

 

NHKで放送されている海外ドラマ『レ・ミゼラブル』。

ヴィクトル・ユーゴーの名著で、19世紀のロマン主義フランス文学の傑作と名高い大河小説のドラマ化作品です。

歴史的に名高い名作だけに、これまで数多く映像化が試みられ、派生作品もたくさん生まれてきました。

今回のドラマは、原作に比較的忠実な、王道的な映像化作品と言えそうですね。

19世紀前半のフランスの復古王政時代から7月革命を経て7月王政時代にかけての、当時の雰囲気がよく再現されており、歴史ドラマとしても大いに楽しめる作品だと思います。

前回の第5話では、コゼットとマリウスの運命的な出会いが、革命の機運が高まる情勢を背景に描かれました。

今回の第6話では、いよいよ時代が革命の実現へと動き出す中、ジャン・バルジャンはテナルディエとの対決するようですね

テナルディエは欲望に基づいて悪事を続ける人間であり、このドラマにおいては悪役です。
しかし、その欲深いありさまは、非常にリアリティを感じることも事実です。

人間は誰しも欲望を持つ生きものですから、テナルディエにこそ現実の人間らしい生々しさを感じてしまいます。

そういった理由で、私はこのテナルディエをあまり嫌いになれないのです。

テナルディエがどういう運命をたどるのかに注目してドラマを見たいと思います。

 

レミゼラブル nhkドラマ再放送/最終回/ 8話2020年5月3日視聴者感想

 

今回の見どころは大きく二つ。マリウスとコゼットの恋の行方と、革命への機運の高まりです。前回運命的な出会いを果たしたマリウスとコゼット。

二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。マリウスは革命を目指す学生たちとの友情と、コゼットへの恋心の間で大きく揺れ動きます。

一方、マリウスに頼まれコゼットの住所を伝える、テナルディエの娘エポニーヌ。

密かにマリウスに恋心を抱きながらも、自分はふさわしくないと理解している彼女の気持ちを思うと、とても切なくなってしまいます。

マリウスの恋心と時を同じくして、市民や学生たちの革命への炎も強く燃え上がり、遂に行動の時が近づきます。

理想の実現、友情、恋。

マリウスは何を選び、どう行動するのでしょうか。

また、父としてコゼットを育てるジャン・バルジャンも、刻々と変化するパリの様子に、どう娘を守っていくべきかを悩んでいると思います。

革命は成功するのか、パリはどうなってしまうのか。

登場人物は皆それぞれに悩みながら、激動の時代に何を考え、生き抜いていこうとするのか。

現代に生きる私たちにとっても、とても考えさせられる内容になるのではないでしょうか
 

まとめ

 
映画や舞台でも人気なレミゼラブルに作品をドラマということで、映画だと約2時間の間にまとめられていたストーリーが長期間のわたってゆっくり作品を楽しめそうだと感じました。

映画版でアンハサウェイが演じていたファンテーヌをドラマではリリーコリンズが演じているということもあり大女優であるふたりの演技の違いも楽しめそうです。

井上和彦さん演じるジャンバルジャンのしぶい迫力や有名なテーマ曲がどのようにうたわれるのかとても楽しみでなりません。

原作や映画舞台をしっているひとは、それぞれとの違うを感じることができますし、ストーリーを知らないひとはより深くレミゼラブルの世界観を感じまなぶことができそうな作品だと思いました。

個人的にはNHKさんの放送なのでCMがないことやテンポかんがいいことに期待をしています。19日の放送ではマリウスがコゼットを探しにいきやっと出会うことができる素敵なシーンなのでいまからとても楽しみです。

ふたりがであってからどこまでストーリーが進むのかもどきどきしています。

1810年代のフランスの上下格差そしてそんな中でも美しさがある風景や貴族たちのドレスなど世界観がしっかり描かれていそうでいまからとても楽しみです。
ヴィクトル・ユゴーの名作「レ・ミゼラブル」を現代の映像技術でスケール感溢れる形で映像化している作品という事で、全8話構成になっている分、見応えがありそうです。

パンを盗んだジャン・バルジャンが刑期を終えて出所し、人生をどのようにやり直していくのか、次第にパリの市民と軍が衝突して混乱になる中、ジャン・バルジャンとその周りの人たちの未来はどうなるのかといった部分が気になります。

レ・ミゼラブルの映像化やミュージカル化は何度か行われてきましたが、2018年のドラマ版は連続ドラマ化する事で、レ・ミゼラブルの世界観を重厚でリアルに再現しているようです。

1815年から1833年当時のフランスを再現し、そのフランスの市民の暮らしや身なり、身分の違いなどを細かく表現しているところに注目したい点でしょう。

登場人物たちがそれぞれどのように想っていたかを役者が細かに演じているように感じられ、原作では読み取りきれない部分を役者の演技で実感出来るのではないかなと思います。

レ・ミゼラブルに登場する人々の身分・事情はそれぞれ違いますが、ジャン・バルジャンと仲の良い人達と敵対する人たちの間で心の交流を感じる事が出来そうです。

レミゼラブル nhkドラマ 再放送8話/2020年5月3日無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 8話/NHK/2020年5月3日無料視聴まとめ