ドラマ

コンフィデンスマンjp/2020/再放送/動画/5月4日スポーツ編テレビ放送

コンフィデンスマンjp/2020/再放送/動画/5月4日スポーツ編テレビ放送

 

2020年5月4日21時からフジテレビで『コンフィデンスマンJP傑作選 スポーツ編』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

コンフィデンスマンJP
 

コンフィデンスマンJP /番組内容

 

伝説の神回が今蘇る!今夜の標的は傲慢ITベンチャー企業の社長(小池徹平)!強権でスポーツチームを支配する悪質オーナーから選手たちを守れ!.

番組内容

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。 桂は、人気アプリ『モスモス』を開発した株式会社モスモスの代表。大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。 ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。しかし桂は、その話には乗ってこなかった。 情報収集を続けていた五十嵐(小手伸也)によれば、どうやら桂はプロバスケットボールチームを狙っているらしい。そこでダー子は、ホームレス同様の生活を送っていた元日本代表候補の半原敦(和田聰宏)や、街中で見つけた外国人らを巻き込み、架空のバスケチーム『熱海チーターズ』を結成するが……。

 

コンフィデンスマンJP キャスト

 

長澤まさみ  東出昌大  小日向文世 

小池徹平  和田聰宏  他

 

コンフィデンスマンJPストーリー性

 

ボクちゃんはとあるカフェで出会った美大生の須藤ユキに出会い、個展に行く約束をします。

しかし個展は中止になり、ユキは自殺未遂に追い込まれます。
それが美術鑑定士の城ヶ崎善三の手によるものだと知り、ボクちゃんはリチャードと二人で事を進めようとしますが、リチャードがダー子にリークしダー子も交えて城ヶ崎に報復することに。

城ヶ崎はユキの美大に特別講師としてやって来て、ユキの絵に可能性を感じると言葉巧みにユキを丸め込み、肉体関係に持ち込みます。

その後、城ヶ崎に個展の話をし、コメントを貰おうとしたユキでしたが、ユキの体目的の城ヶ崎に冷たくあしらわれ、絵を酷評され思い詰めて自殺未遂に。

ダー子はユキの事を自業自得といいますが、ユキの純真さを疑わないボクちゃん。

リチャードは城ヶ崎の女癖の悪さは有名、しかしそれよりタチが悪いのは美術鑑定士の立場を利用して本物の絵を贋作だと言い安く買い上げ、それを裏社会にマネーロンダリングの手段として高額で売ることで利益を得ていることだと言います。

ダー子は城ヶ崎の主催するオークションに中国人美術品バイヤーの王秀馥に変装し、次々と美術品を高額で落札し、城ヶ崎に近づく事に成功します。

城ヶ崎は才能がなく気位だけ高かった画家の父親のもとで育ち、才能のない絵を嫌っていました。

ダー子はそこにつけこみ、城ヶ崎と意気投合し、次の段階に進むために絵を描き始めます。

しかしリチャード、ボクちゃんにその下手さに心配され、ダー子は贋作画家の伴にピカソの贋作を依頼します。

それをボクちゃんに持たせて城ヶ崎のもとに向かわせ、鑑定させ罠にはめようとしますが、贋作と見抜かれ伴も逮捕されてしまい、ダー子たちはピンチに。

仕方なくダー子は次の手段に打って出ます。

城ヶ崎のもとに山本巌の絵をボクちゃんに持ち込ませ、ダー子が王に扮して買うことによって、山本巌がただならぬ画家ということを城ヶ崎と城ヶ崎の顧客に刷り込んで行くダー子。

そして五十嵐に田舎の農家に変装させ山本厳の絵を持ち込ませ、山本巌の故郷という場所に誘導し、リチャードに相手させます。

ダー子は伴に教わったことを利用し、まだ見ぬ天才画家を城ヶ崎に発見させることで騙すにシフトしたのでした。

絵は五十嵐にゴッホ風に加工させた写真をもとにリチャード、ボクちゃんが描き、お取り寄せの卵の農家の顔を利用し、夭折の天才画家、日本のゴッホ山本厳をでっち上げたのでした。

山本巌の生前住んでいたとされる家に五十嵐とリチャードをもとに使って誘導し、城ヶ崎を騙しリチャードたちが描いた何の価値もない絵を3億5000万円で高額で売りつける事に成功します。

山本巌の絵をオークションに出した城ヶ崎。

そしてオークション会場にお取り寄せの卵の農家の山本巌を招待し、偽物を売った鑑定士として城ヶ崎を失墜させることに成功したダー子たち。

ボクちゃんはユキに城ヶ崎が失墜したことを報告しようとユキの働いていたカフェに。

カフェにユキはおらず、そこにあったユキの作品展のチラシを頼りに作品展に向かいます。

ユキはピロービジネスの常習犯で自分の体でパトロンを獲得していたのでした。

その事実にショックを受けるボクちゃん。
そして五十嵐はダー子の描いたフェルメールをせっかく描いたのに勿体ないとネットオークションに出します。

ダー子の描いたフェルメールは予想に反し、オークションで次々入札され、高値がつくのでした。

 

 

コンフィデンスマンJP これまでの視聴者感想

 
白い部屋でダー子は芸術は盗作であるか革命であるかそのいずれかだポール・ゴーギャンの言葉。目に見える物は真実とは限らないモナリザは本当に微笑んでいたのか、ナスカの地上絵は本当に人間が書いたのかコンフィデンスマン(信用詐欺)の世界へようこそ。

美術評論家の城ヶ崎善三は絵画のオークションでお金を儲けてました。美大生のユキは城ヶ崎を利用してユキの作品が売れるようにお願いしましたが、須藤ユキのの絵はゴミと言われ城ヶ崎に捨てられます。

パトロンを見つけるように言われ城ヶ崎がいないので、須藤ユキの展覧会は中止になります。

城ヶ崎に捨てられ自殺未遂をしたユキに同情するボクちゃんとダー子は違いました、女も女になります。

城ヶ崎がいないと展覧会も出来ない須藤ユキです。ターゲットはマネーロンダリングをしていた城ヶ崎になり全ての絵画を落札したダー子は信用させます。

贋作の絵を書いていた伴に頼みますが偽物だと気付いた城ヶ崎はピカソの贋作だと知識と情報があり手柄になります。

まだ世に出ていないピカソとゴッホの知識はありました。

まだ世に出ていない山本巌の絵の知識は城ヶ崎にはありませんでした。

ピカソとゴッホは有名なので、山本巌は世に出ていない画家の絵を信用した城ヶ崎はダー子が3億で買う山本(リチャード)城ヶ崎は3億5千万で買うと言います。

山本巌の絵を全て買った城ヶ崎はありがとうと帰ります。偽の山本の家を売り家に変えてリチャードは帰りました。

若くして亡くなった山本巌の絵画をオークションに出す城ヶ崎善三の目の前に山本巌がいました。

亡くなっていなかった山本巌生まれたてのタマゴをダー子達が食べていましたから最初から知っていました。

カリトロの絵しかかいた事がない山本巌は名作絵画をかいていませんが、全て買った城ヶ崎はオークションに出してしまいました。

お金になる事しか考えていない城ヶ崎の信用は無くなります。子供の絵が嫌いだったけどいい絵だねと公園で言っています。

城ヶ崎善三は最初は絵画が好きで、お金に走ってしまいました。儲ける事しか考えられなくなっています。

ダー子達が初心を思い出させるストーリー有名な画家の知識はあっても無名な画家の知識はありませんでした。

ピカソもゴッホも無名でしたが、有名にしたのは美術評論家です。

伴は刑務所で喜んでいましたが贋作を見破った城ヶ崎は初心に戻り知識と情報を使えます。

須藤ユキの展覧会は開催する事になりボクちゃんが行きましたが、パトロンを見つけていた須藤ユキは展覧会を開催出来るようにしました。

ダー子が言っていた通りになりますが、ボクちゃんは落ち込みます。城ヶ崎かパトロンがいないと展覧会も出来なかった須藤ユキの絵画の才能は人に頼らなくては出来ない悪徳美術商の城ヶ崎善三にもて遊ばれ気付きます。

しっかりとお金を取った取り返したダー子達それなりのお金は使っています。落札金額空き家を山本家にしました。

五十嵐と蟹江(小手伸也はコンフィデンスマンJPとSUITS2)に出演していますから、出ていました和解と最初に言っています。

まとめ

 

感想と次回考察

月9ドラマが放送できず、ピンチヒッターとして2年の歳月を経て登場したコンフィデンスマンJP。

今見ても長澤まさみさんのダー子の振り切りっぷりは見ていて気持ちがいいですね。

本来放送する予定だったsuits2の蟹江とのコラボで乗り切る機転は素晴らしいと思いました。

小手伸也さんの一人芝居が面白かったです。

official髭男dismのノーダウトも今の躍進を考えて聞くとまた楽しいです。

ファーストシングルでコンフィデンスマンJPの世界観にマッチしており、当時もそのクオリティに驚かされました。

そしてコンフィデンスマンJPにはofficial髭男dismはなくてはならない存在になり、新作映画でも主題歌を担当し、Laughterを予告で聞くことができます。

Pretenderでの躍進も記憶に新しく、今回の主題歌でもまた新しいヒゲダンの活躍を見られると期待しています。

今回の美術商編は第3話という位置付けながら本編の時間軸としては7番目に位置します。

贋作画家の伴が俵屋フーズのうなぎのカレー煮を食べており、俵屋フーズは第4話というイレギュラーな時間の流れになっています。

ダー子のフェルメールはスーパードクター編に登場します。

次回のスポーツ編でも他の回の伏線がちりばめられていて細かいところも見逃せません。

ノーサイド・ゲームのようなチーム一丸となった感動の場面もありながらそれを裏切る騙しの展開もあり、ひとつのくくりでは語れないようなコンフィデンスマンJPならではの魅力が満載です。

映画の映像の第2弾やsuits2とのコラボも楽しみです。

 
コンフィデンスマンJP/動画運命編(運勢編)pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

コンフィデンスマンJP/動画運命編(運勢編)