バラエティ倉庫

100分de名著/平家物語/再放送/5月4日/1話/2020年NHK無料視聴まとめ

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK無料視聴まとめ

 

2020年5月4日22時25分からNHK Eテレで『100分de名著 平家物語(1)「光と闇の物語」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK無料視聴まとめ
 

100分de名著/番組内容

 

なぜ平家は短期間に歴史の表舞台へと躍り出ることができたのか。読み進めていくと、各勢力すべてをつなぐハブ(中心軸)の位置を平家がになおうとしていたことがわかる。彼らは各勢力の中心を占め全体を動かす主導権を握ることで勢力を拡大していったのだ。平家がその際に利用したのは貴族がもちえなかった「闇の力」だった。第1回は、「平家物語」の基本構造を学びながら、組織や人間集団が興隆していく条件を読み解く。

 

100分de名著 出演者

 

講師
能楽師…安田登,

司会
伊集院光,安部みちこ,

出演
琵琶奏者…塩高和之,

語り
小口貴子

 

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK無料視聴まとめストーリー性

 

100分de名著の平家物語は、平家には闇の力があったというのがとても気になりました。

考えてみると、たしかに平家が短い期間であんなに栄えたのはすごいことだなと感じました。

その秘密が平家の闇の力にあったとしたら、とてもドキドキすることが明らかになりそうだなと楽しみです。

平家は、各勢力すべてをつなぐハブの位置をになおうとしていたそうだけど、すごく賢いなと感じました。

そうすれば自然と自分たちの一族は良いポジションにい続けられるし、どちらに味方するわけでもないから争いが起こることもないなと思いました。

そして、この立ち位置に立つために使ったのが闇の力だということですが、呪術的なものが扱えたりしたんだろうかととても気になります。

そのことについて、平家物語の中ではどんなふうに描かれているんだろうかと楽しみです。

組織や人間集団が興隆していく条件というのが平家物語から読み解けるそうなので、今の社会でも同じようなことが起こっていたりするんだろうかと気になります。

また、平家物語というものがあることは知っていたけど、その中身については詳しく知らなかったので、この番組でどんなストーリーなのかについて知れたらいいなと期待しています。-

-日本中、誰もが一度は歴史の教科書の等で、勉強をしたことがあるであろう平家物語。歴史のテスト勉強のために「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」と暗記をしたなと懐かしく思い出しました。

学生のとき覚えているときは、なんでこんなの覚えないといけないのだろう?つまらないなと思いながら覚えていました。

いつかこの覚えてたことが役に立つときがくるのかなあと思いながら勉強をしたことが懐かしく感じます。

大人になってから、中々歴史にもう1度触れることもなく過ごしてきたその物語をもう一度勉強をできそうでとでとても楽しみです。学生のころ勉強をしていても、ただの暗記で終わっていた世界観が今大人になってからみると全然違う世界観に見られるのだろうなと思い自分の成長にも期待したいです。

平家物語の序章になるであろう光と闇の物語。きっと現代社会にも通じる部分があり、参考にできる部分もたくさんあるのであろうなと思います。

いつの時代にもある光と闇の世界。

乱世の世界と現代社会の共通点を考えながら試聴するのも楽しいだろうなと思います。

今のこんな時間がありステイホームがキーワードになっている時期だからこそ改めて日本の歴史を勉強し、自分の教養を高める時間を待ってもいいのかなと思います。学生の時と違って歴史が面白く感じることができるのか楽しみです。
 

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK楽しみな点

 
誰もが知っている「平家物語」を「光と闇」という視点から読み解き、組織や人間集団の興隆を読み解くということですが、光の貴族と闇の武士。ワードが格好良くてワクワクしますね。

今まで単なる繁栄の衰退の物語と思っていました。

平家の繁栄ストーリーといえば、近年のベンチャー企業と重なる部分がありますね。

平家物語の時代は、天皇家、宗教界、武士階級、庶民階級と明確な階級区分がありましたが、これは現代における雇用形態での区分に置き換える事ができそうです。しかし、平家の繁栄した時代同様、働き方改革や年功序列よりも実力を考慮する流れに変わってきています。

武士である平家がこれだけ繁栄できたのも、各階級が各々力をつけたことで、絶対だったパワーバランスが崩れた事が理由としてあげられますよね。

この辺りの比較をどう取り上げるのかも楽しみです 。

貴族が持ちえなかった「闇の力」は現代ではどのように活かすことができるのでしょうか。

イメージとしてはぴったり来るのですが、闇の力とは。

を言葉にしようと思うと理解が足りずわからないです。

また、解説するにあたって琵琶奏者も出演するそうなので、楽しみです。

琵琶は古典ではよく登場しますが、現代ではもう馴染みがない楽器になってしまったのでワクワクします。指南と朗読が一緒なのも面白いですね。

これは初の取り組みになるようです。深い解説を聞けそうでありながら、物語としても楽しく視聴することができそうだと思いました。
 

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK 視聴者感想

 
平家がなぜ短期間のうちに繁栄することができたのかについて、今までの貴族には持ちえなかった「闇の力」があったということが書かれてあり、そのことは教科書でもテレビでも見たことがない内容だったので、「闇の力」とはいかなるものなのかを知ることが楽しみです。

 平清盛は大河ドラマになるほど有名であるが、好きな偉人の1人であるので焦点が当たるのか、誰が登場してくるのかが見どころであると思いました。源氏について源頼朝や義経の歴史ドラマを見たことがあるが、源氏に滅ぼされた平家についてはそれほど見たことがなかったので、非常に興味深いです。

 「闇の力」と聞くと怨霊や非現実的なものがイメージされ、その当時都では鬼や悪霊が存在していたという話もあるくらいなので、それらの力なのかと想像してしまうが、果たして「闇の力」の正体とは何なのか解明されるのが楽しみです。

陛下についての知識はそれほどないので、教科書レベルでしか分かりませんが、今回の放送のタイトルはとても興味をそそられるものなので、ぜひ視聴して知識を深めたいと思います。

 また、スタジオでのトークも毎回楽しみにしているので、どんな意見や議論が飛び交うのかも楽しみの一つです。

 

まとめ

 
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
から始まる一文は誰もが一度は聞いた事ある一文ではないでしょうか?

国語の教科書にも載っている文章で、これは平家物語の有名な一説ですね。

放映時間は25分なので全編後編の2回に分けて、平氏が力を持つまでに至った謎に迫る内容だそうです。そして平氏が力を持つ背景には闇の力、が働いていたと言います。一体闇の力とは何なのでしょうか?非常に気になりますね!

歴史ファンだけど、平家物語みたいな古典を読み解くのには敷居が高すぎる…と考えている方にはオススメの番組ではないでしょうか?

私は平家物語の中でも少し異色的な内容である妖怪ぬえを退治するお話であったり、木曽義仲と巴御前のお話や、そして壇ノ浦の戦いでの弓の名手、那須与一にまつわる話など平家物語を有名にせしめた話が大好きです!

ですが、妖怪退治にしても巴御前や那須与一のお話しなどはいずれも源氏側のお話であり平氏側の内容ではありません。

私も今回の番組で、平氏がいかにして強者となっていったのかを楽しみながら勉強したいと思います!!

 
100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK無料視聴まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

100分de名著/平家物語/再放送1話/2020年5月4日NHK無料視聴まとめ