バラエティ倉庫

あたらしいテレビ/徹底トーク2020/動画配信(再放送)5月10日無料視聴放送分について

あたらしいテレビ/徹底トーク2020/動画配信(再放送)5月10日無料視聴放送分について

新しいテレビ徹底トークの『2020年5月10日』再放送の放送分の動画配信についての記事です

番組の魅力などですが再放送のため視聴者や当サイトが以前に見た番組内容の感想などをお届けします

なおテレビ本篇の動画配信については

下記のNHKオンデマンドサイトの配信が予定されております

(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

あたらしいテレビ/徹底トーク2020/動画配信(再放送)5月10日無料視聴放送分についてはこちらです
 

あたらしいテレビ/徹底トーク2020年5月8日番組情報

暗いニュースが続く中、テレビやネット動画など、映像メディアがいまできることとは?各局の制作者やタレントたちが、新型コロナによって生まれたムーブメントを徹底トーク
番組内容

多くのひとが、“日常”から遠く離れた現実に向き合っている。テレビや映像メディアもまた、かつてない激変の真っ只中だ。リモートで収録する手法が生まれたり、タレントたちがSNSで自撮りの映像を発信したり。いま、テレビや映像メディアができることは、なんなのだろうか。一線で活躍する番組制作者やYouTuberなどが、局やジャンルの垣根を越えてつながり、テレビをはじめとする「映像」の可能性を語り尽くす。

出演者

司会
杉浦友紀,

パネリスト

テレビ東京 プロデューサー…佐久間宣行,

日本テレビ シニアクリエイター…土屋敏男,

脚本家…野木亜紀子,メディアプロデューサー…

疋田万理,音楽クリエイター…ヒャダインほか

あたらしいテレビ/徹底トーク2020/動画配信を見た視聴者レビュー

現在のテレビ状況の打破につて

自粛によって感じたことは、面白いテレビがない。

あまり見たいテレビ番組がないという事でした。

その影響もあってオンデマンドなどを見て過ごす事が多かったです。

テレビをつけると次に映画やドラマに出演する同じ俳優ばかりが番宣で出ており、面白くなかったです。

その点オンデマンドでは自分が今関心があることや好きな動画だけを見られるので忙しい主婦にとっても時間の節約になっていました。

この番組では様々なジャンルで活躍する方がテレビについて討論するという事で、特にふわちゃんが出るのがとても楽しみです。

若い世代のSNSやメディアに対する認識を色々聞いてみたいです。

斬新で新しいアイディアが出そうな気がします。

また個人的に松本まりかさんが好きなのでナレーションが楽しみです。

自粛によって今の時代都会に住んでいても田舎に住んでいても、家での楽しみ方って変わらないな。と感じたので、もっとメディアやテレビは新しい内容を取り入れたりして変わっていくべきだと思います。

小さい子供がいるのもあってNHKはよく見ていましたが、結果子供が寝た後も夫婦でNHKを見る事が多かったです。面白い番組が多いと気づきました。

あたらしいテレビ/徹底トーク2020/ (再放送5月10日)における視聴者の期待

現代はインターネットが普及している便利な世の中で、
生活に様々な形で役立っています。

そのうちの1つがオンデマンドやテレビなどの映像メディアです。

それらのおかげで、こんな状況下でも仕事があって収入を得られている人もいるし、映像メディアを見ることで元気をもらっている人もいるも多いと思います。

この番組ではそんな映像メディア関係で活躍されている人たちが今できることについて話されるということで、また違った第一線で動いている人の話が聞けるのでとても楽しみです。

パネリストとして登場される人の中でも、個人的にはフワちゃんが大好きなので期待しています。
元々芸人だった彼女ですが、ユーチューバーに転身して大人気となり、今ではテレビ番組やCMにも出演しています。

幅広い分野で活躍しており、面白くて明るいキャラですが、意外とまともで真面目な発言もされるので、楽しみにしています。

最後にですが、今回の動画配信番組の見どころについて書きます

動画配信5月8日みどころまとめ

 

あたらしいテレビ 徹底トーク2020は、各局の制作者やタレントたちが、新型コロナによって生まれたムーブメントを徹底トークするということなので、おもしろそうだなと思いました。

しかも、局もジャンルも垣根を超えているというところがすごく真剣な感じがして良いなと思いました。

緊急事態宣言が出され、今の映像メディアは激変したなと思います。

収録ができなくなったことでYouTuberが増えたり、放送局もリモート収録を行ったりと、今まさに改革の時期なのかなと感じました。

そんな中で、映像メディアに関わる人たちが今どんなことを考えて何が必要だと思っているのかについて知りたいなと思います。

注目したいのは、芸人でありYouTuberのフワちゃんです。

フワちゃんはYouTuberとしても人気だし、正常時ははテレビにも引っ張りだこだったので、動画配信サービスとテレビの良いところも悪いところもどちらも知っている人だと思いました。

そんなフワちゃんが、今この状況を経験した上で何を語るのか楽しみです。
もともと歯に衣着せぬ発言がおもしろいし的を得ている人物なので期待できそうだなと思いました。

 

まずは、出演者のラインナップがとても楽しそうなメンバーが集まったなと思いました。

NHKの番組ですが、テレビ東京や日本テレビなどの他局の関係者であったり、ふわちゃんなどのユーチューバーであったりといった、ある意味NHKらしくないメンバーが集まっており、どのような番組になるのだろうかというところが、とても興味があります。

今の世の中の状況を反映して、全員がリモート出演による番組構成となっているということですが、これまで私はリモートによる討論形式というものを見たことがないので、どのような感じで番組が進んでいくのか気になるとともに、番組のタイトルにあるような『あたらしいテレビ』というタイトルにまさにふさわしい放送内容になっているのではないかと思います。

近頃、多くの番組でリモート出演などが増えているように感じます。この番組に出演している方々は、どの方もそれぞれのジャンルで実績があったり、独特の視点をお持ちの方々が多いなと感じます。

そんな出演者だからこそ、他の番組にはないような、これからのテレビのあり方に対する新しい視点について語ってくれるのではないかと期待を持てます。

今までになさそうな番組なので、とても楽しみです。

 
緊急事態宣言によるステイホームを呼びかける国や都道府県の長の会見映像などは毎日のように放送されているので、とても前向きな気持ちになることはできないかと思います。本番組のパネリストの土屋敏男さんが「もう1回、テレビに頑張ってほしい」と言っているように、毎日放送する、テレビだからこその面白み、真実の発信をこの番組鳴らしてくれるのかと期待を寄せてしまいます。

私はテレビの情報、言い換えればメディアの情報発信というものにはとても力があると考えています。しかしながら、メディアの情報には偏りがあるのも事実で、現代ではYouTubeをはじめとするSNSの発展により、既得権益を気にすることなく個人が情報発信をすることが出来るようになりました。

その影響で、テレビの情報が偏っていることが白日の下にさらされているように思っております。土屋さんをはじめとするパネリストの皆さんは、みなテレビの可能性、テレビであるからこそできる行動などをの持論をお持ちであるように感じました。

今回の討論は3時間以上の長尺ということで、専門家、脚本家、芸人さんなど多彩なバックグラウンドをお持ちの個性的なパネリストさんがどのような話の展開を見せてくれるのか、楽しみです。

難しいとは思いますが、局もジャンルも超えて、報道の真実性に少しでも近づいた内容であることを願います。