バラエティ倉庫

消滅都市ベネチア/動画配信/nhk/5月9日2020年無料視聴できるサイトや番組情報

消滅都市ベネチア/動画配信/nhk/5月9日2020年無料視聴できるサイトや番組情報

 

2020年5月9日21時からNHK総合で『消滅都市ベネチア/』が放送されます

 
本記事では、テレビ本編で動画配信(vodオンデマンドサイト)で見れるサイトの紹介や

NHKテレビ本編を見逃した方や見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

この番組は、過去にBS1で放送されたバックナンバーになります。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

消滅都市ベネチア/NHK//動画5月9日無料視聴サイト
 

消滅都市ベネチア/NHK/ 番組情報

 

 

消滅都市ベネチア/NHK/ キャスト

 

語り
井上二郎,


幸田夏穂,恒松あゆみ,樫井笙人,三宅健太

 

消滅都市ベネチア/NHK//動画5月9日視聴者の声

 
ドキュメンタリーによってイタリアの現状が分かると思い興味がわきました。

私はこれまで全く知らなかったのですが、ベネチアは仮面カーニバルの途中で新型コロナの流行が拡大したそうです。そして拡大防止のため都市封鎖が行われました。

しかし現在でもコロナの勢いはまだまだ衰えずイタリアでは多数の死者が出てしまっています。

番組ではその謎のヒントとなるものが説明されるのを期待しています。これは純粋な好奇心ではなく日本の感染防止にも役立つ情報なのです。

欧州ではペストの流行が起こった歴史があります。

その経験を持つ人々がどのように今回のコロナに対応しているのかは大変気になります。

正直なところ、欧州各国は防疫に成功しているとは言えないと思います。

ですから今回の悲劇に対して精神的に切れないというメソッドが必要となります。

過去のペストの時代から継承される前向きな考え方について学ぶことが出来そうです。

ベネチアの祭りは階級によって会話できない決まりをかわすため仮面を付けたのが始まりだそうです。

つまり階級や性別に関係なく自由を満喫する祭りだったのです。今回のコロナの流行も性別や階級は無関係に拡大しました。これは皮肉な結果になっていると感じました。-

-世界的に有名な観光地のベネチア。

その美しい街並みは常に多くの人で賑わいを見せていたはずなのに、新型コロナウイルスの影響によって感染の拡大を防ぐ為に都市が封鎖されてしまい、華やかな観光地としての風景を変えてしまった現状を伝えてくれる番組。

日本では都市封鎖は行なわれていないものの、多くの感染者によって予断を許さない状態のベネチアの街を見るのは、今直面していることに目をそらすことができないと、現実を突きつけられているようで見るのが少し怖い気もしています。

ベネチアといえば年間2300万人を超える観光客が訪れる、イタリアの観光名所です。

それが都市封鎖が行われ、3月10日の移動制限の適応措置宣言以降には、まるでゴーストタウンの様になってしまっているので、不気味なほど静まりかえってます

さすがに動揺を隠せません。

14世紀にペストと闘い復興したイタリアで、なぜこんなにも被害が拡大してしまったのか不思議です。

疫病と闘うノウハウは受け継がれていなかったでしょうか。

やはり、キスとハグの文化が爆発的な拡大の後押しをしてしまったのではないかと思います。

ただ、都市封鎖の効果は絶大で、宣言の2週間後には確実に1日辺りの感染者数が減り始めています。

ほぼ横ばいの続く日本も見習いたいです。

日本では中途半端な自粛の続くなか、国民の物資の不足に対する不満の声やストレスなどが段々と膨らんできています。

なので、完全自宅待機になっているイタリアでの物資調達の不便さやストレスは日本の比にならないのではないかと思い、どう対処しているのか気になります。

仮面カーニバルどころか無観客スポーツまで中止されてしまい、商業活動がほとんど停止してしまったイタリアでは、どのような生活支援がされているのかも気になります。

他国では、国が国民を守るためにどのような行動をおこしているのか、知りたいです。 

消滅都市ベネチア/NHK動画//5月9日で見てほしい点

 

新型コロナウィルスの大流行で封鎖されてしまったイタリアの超人気観光都市のベネチアのリアルが今回のドキュメンタリー番組で見ることができるようです。
あれは3月8日、ミラノなどのロンバルディアとともに封鎖が宣言されたベネチア。移動したくてもベネチアから出られない、ほとんどのビジネスが停止してしまったなかベネチア市民たちはどんな暮らしを強いられていたのか、非常に興味あるレポートが見られそうです。
ベネチア市民にとっては観光業が大事な収入源だっと思いますが、一方では観光客が多すぎることが市民の悩みでもあったと思います。そんなベネチアに1人も観光客が訪れなくなり市民はどう感じたのか?こういった声も聞けるといいなと思います。
また、ベネチアには限らない話ですがイタリア人や欧米人一般にとってキス、ハグ、握手など人との距離を近づけることが習慣の一つであり、人との接触のない日常なんて考えられないものだったと思います。ところが、新型コロナは人との接触が最大の悪であるという、天地がひっくり返るような現実を突きつけてきました。この事態に対してベネチアの人たちはどう感じていたのか?こういった話も聞けると嬉しいです。
とにもかくにも、感染の中心地の一つイタリア・ベネチアの貴重なドキュメンタリー。楽しみですね。

 

消滅都市ベネチア/NHK//動画5月9日キーポイント

 
ヨーロッパの中でも、イタリアでのコロナウイルスの被害は甚大となっています。

感染の拡大や亡くなった方の多さをニュースで聞くたび、他人事ではない恐怖と悲しみを感じます。

たまたま昨年末に身内と知り合いがイタリアへ旅行に行っており、私自身もいつか訪れたいと考えていました。

しかし、現状からすると旅行は当分難しいだろうと思います。

イタリアの観光地として名高いベネチアも、カーニバルの中止、都市封鎖と厳しい状況に置かれました。

特に、都市封鎖によって観光客だけでなく住民までいなくなるという事態は、本当に異常だと思います。

対策によって、ひとつの街がどのような影響を受けたのか、流れを知りたいと思います。一方で、かつてペストの大流行から復活した街であるベネチアから、学べることもあるのではないかと思います。

それぞれの国や地域で、感染規模や対応策は異なりますが、できるだけ早く収束を迎えるためにも、現状を知ることは大切です。

この番組では、海外の様子をしっかり伝えてくれそうだと期待しています。

今は辛い時が続いていても、またベネチアが観光地として栄える様子を見たいと思いました。

それは日本国内で痛手を受けている観光名所においても励みになると思います

。こうしたドキュメンタリーを通して、世界中に対して関心を持っておきたいです。

今私たち日本にも起きているコロナウイルスの影響がより深刻なイタリアベネチアでの現在の動きを記録していることがまず良いと思いました。

日本人観光者も多かったであろう観光名所ベネチアで、人々はどう考えどう動くのか、そしてこれからに活かせることはあるのかなど、これからに繋げられるところはたくさんあると思います。

それを今、緊急事態宣言の出されている、日本で流すことはとても意味のあることだと思います。

イタリアは多くの感染者、死亡者が出ており被害がどのように広がったのかという状況を知ることも大切だと思いますが、人々がどう考え動いているのか、どうやってこの逆境を乗り切ろうとしているかを見る、知ることで世界中の多くの人が勇気づけられると思います。なので今世界中で横のつながりを持つ番組をやっていただけることはとてもありがたいですし、頑張れる原動力になると思います。

特に、仮装カーニバルとはベネチアの中でとても大きなイベントでしょうから、その中止というのはどのように決定し、人々はどのように感じ、悲しい気持ちを変えたのか、そういう人々の姿をぜひ見たいと思いました。

日本でも多くの花火大会や長年続いたお祭りの中止などが起こっています。そのような部分も取材して番組にしてほしいです。
 

まとめ

 
2万人近くの人が、コロナウイルスの脅威を前に倒れているイタリアの様子を伺い知れる番組です。

個人的にベネチアの町は思い入れがあり、故に今騒がれているウイルスによって多くの人が危険と隣り合わせに生活していると考えると、心が波打って仕方ありません。

番組内では、ベネチアといえば誰もがイメージを強く持つ仮面姿のお祭りの日からの記録を紹介するようです。

催されたお祭りは、世界の中でも3本の指に入るほどの認知度があり、当時の水の都には世界中からお祭りを楽しむ人が足を運んでいたと聞きます。

そのお祭りはハロウィン宜しく仮装をして町を練り歩けるもので、参加者の多くは特別に華やかな格好を楽しんでいたようなのです。

きっと、多くの人がお祭りの日を心待ちにし、陽気な気持ちで当日を楽しみ、「あぁ、今年もお祭りが終わっちゃったよ」や「来年はどんな仮装をしようかな」と他愛ない会話もまた訪れると期待していたはずです。

それなのに、そんな平穏が今年は訪れませんでした。

平穏どころか、人が一人また一人とお祭りから背を向けなければならない事態が起きたのです。

まるで、映画のワンシーンが日常に陰のフィルターとしてかざされたのかと錯覚を起こさせるようでもあります。

しかし、「そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア~」で取り上げられる映像は幻想でも錯覚でもないのです。

今、この時が映し出されるのです。

現実から目を背けず、イタリア、ベネチアの様子を、自分事として受け止めて視聴します。
ベネチアの仮面カーニバル、詳しくは知らないのですがテレビでチラっと見たことがあります。

凄く独特な雰囲気で素敵だなと思います。

日本にはこのような祭りがないですが、日本の祭りよりも興味があります。

そして街から人が消えたは、先日BSで放送された番組のようです。

この仮面カーニバルが開催している真っ只中に新型コロナの感染拡大が起きたということです。
イタリアでは他の地域よりも感染が広がるのは遅かったように記憶していますが、それなのに感染の拡大の仕方がものすごい勢いで拡大していきましたよね。

一時期よりは感染者が減ったのかも知れないですが、イタリアとは思えないくらい信じられない光景をニュースで見てびっくりしました。

日本と違って厳しい外出禁止令を出されたのはいいことだと思います。日本もこのくらい厳しくして欲しいと思います。

ただ、イタリアの人たちのストレスは相当なものだったことでしょう。

中には着ぐるみを来て外出を始めた人のニュースも見た時は驚きました。

この番組によると14世紀にも疫病が大流行して乗り越えたことがあったそうです。

14世紀と言ったら結構前の話なのですけど、その時の記録が色々残っていたということなのでしょうか。

それがベストの悲劇というものだそうです。

ベストの悲劇という言葉は初めて聞きました。

スペイン風邪よりもずっと前の話だったのですがどのようなものだったのかが気になります。

消滅都市ベネチア/NHK/無料動画視聴できるサイト 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、Youtube/tver(ティーバー・ディーバー)で見れない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

消滅都市ベネチア/NHK/無料動画視聴できるサイト