nhk

(セサミストリート)NHK/特別版/動画/見逃し配信(リモート/特別番組)2020年第1話~は?

(セサミストリート)NHK特別版/動画見逃し配信(リモート/特別番組)2020年第1話~は?

についての考察記事についてです

ちなみに今回はの特別番組ですが

あらすじは下記の当記事を参考に
してみてください

 

セサミストリート/エルモのおうちで遊ぼう/見逃し配信eテレ/テレビ放送/2020/

「セサミストリート」の特別版の見逃した方動画這配信(第1話2020年5月17日~)違法動画の怖さ

絶対にやめてほしい遺法動画やリーチサイト

—インターネット上には現在、著作権者などに許諾を得ずに違法にアップロードされた動画が溢れています。2012年に国会で可決された刑事罰を伴なう著作権法の改正案等を契機として、以前ほどの傍若無人ぶりはやや影を潜めてきてはいます。

それでも、違法動画に利用者を誘導するためのリーチサイトには毎日多数のアクセスがあり、社会問題化しています。これらの違法動画やリーチサイトの何が問題かというと、著作権者を含む制作サイドが手間と労力を注ぎ込んで作り上げた動画などのコンテンツを、何ら対価を支払うこともなくインターネット上で公開していることに尽きます。

映画館などを除いて、わが国では元々お金を払って映像(動画)を鑑賞するという文化にあまり馴染みがありませんでした。特にテレビがそうで、NHKを除く地上波放送がタダで観られるのが当たり前だったことも、要因のひとつかもしれません。その延長線上にインターネット上の違法動画がある気がします。

そして、これらの違法動画が、コンテンツ制作者の生活までも脅かしてきているのが現実なのです。マスコミには“イタチごっこ”という論調もあるようです。

しかし、こうした違法行為に、そろそろしっかりと歯止めをかける時期が来ているのではないでしょうか。そうしないと、結局、私たちインターネットの利用者が一番損をすることになると思います。–少し前に、漫画や動画の無料サイトがなくなった後でも、この問題がずっとなくならない理由が良くわかりました。

法的な措置が出来るような法律が定まっていないんですね。運営者を裁いて欲しくても、なかなか出来ないのが運営側もわかっているから、なかなかやめようとしないし、リーチサイトは増えていく一方のようです。他の手段として、リーチサイトを検索結果に表示されないようにして欲しいありますが、それも法律がしっかり定まっていないから、法的措置がとれないようですね。何故、法律が定まっていないのかはわかりませんが、このままだと、あるリーチサイトがなくなっても、他のリーチサイトが活動したり、また新たにリーチサイトが増えたりしていき、終わりが見えない戦いになりそうですね。

それに、リーチサイトを見る側も、減る事がなければ活発に活動されていくでしょう。私が気になるのは、若者や学生等の自分のお金があまり自由に使えない人達や、運営されて困るのを知りながらも、自分には関係ないとサイトを利用し続ける人がいる限り、この問題はなくならないのかなと思いました。

利用する者がいなくなれば、サイトの運営も意味がないし、減っていくだろうと思いましたが難しそうですね。解決策としましては、やはり法律をしっかり定めていただかないと、前に進まないだろうから難しいなと感じました。-違法動画及び違法動画へのリーチサイトに関しては、年々問題が申告しているように思います。

早くは、映画館で撮影した海賊版の動画などを違法に販売する行為などが問題視され、今では当たり前のように映画上映前に警告動画が流れておりますが、現代では動画サイトの発展により、その問題性は格段に上昇したといえるでしょう。月額サブスクリプションサービスとして、Netflix、Hulu、YouTubeプレミアム、Amazonプライムビデオなど、良質なサービスが多数展開されていく一方、無料YouTubeへの著作権無視の動画アップロード、マイナーなサイトで違法に動画を上げるなどの問題は後を絶ちません。こうした問題に対処すべく、私は罰則を強化するべきだと考えています。

YouTubeを例にしても、そうした動画をアップしても運営から削除されるだけでは問題の解決には至らないと考えます。実際にアニメや映画などが音声を編集したり、画面を小さくすることでアップされているのをよく見かけます。AIによる監視をかいくぐるために、違法投稿主はあらゆる手段を講じてきます。

その為、見せしめになってもしょうがないので実際に大きな罰則をつけたケースで何件かこうした投稿主を摘発し、メディア等で大きく報道していき、こういった違法アップロードの行為に対しての罰則が強化されたことを世間全体に広めていくことこそが、根本の問題解決の糸口であると私は考えます。