バラエティ倉庫

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/見逃し配信/再放送/2020年5月13日無料視聴やバックナンバーが見れるサイト

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/見逃し配信2020年5月13日/配信/無料視聴やバックナンバーが見れるサイト

 

2020年5月13日22時30分からNHK総合で『歴史秘話ヒストリア「正倉院宝物 守られた奇跡の輝き」』が放送されます

 

再放送情報が、ネットでは見つからない事態が多数報告されます。

私はMSのエッジで見ております

変なエネルギー使いたくない、ネットニュースなどの再放送番組情報でなく

テレビ本編を見たい方やBSや番組が忙しくて見れない方は(青文字をクリックするとテレビ本編で見る方法を説明したリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/5月13日/配信/無料視聴やバックナンバーが見れるサイト
 

歴史秘話ヒストリア2020年5月13日再放送 /番組内容

 

古代、都があった奈良で1300年守られてきた「正倉院宝物」。その起こりは、聖武天皇が遺した品を、光明皇后が東大寺の大仏にささげたこと。古代の宝物がこれほど美しい状態で伝えられる例は世界でも極めて珍しい。今回8K高精細映像での撮影が許可された。そこから見えてきたのは、戦災など幾多の困難に見舞われながら、宝物を守り継いだ人々の営みと、いにしえと変わらぬ宝物の輝きだ。正倉院宝物と日本人の奇跡の物語。

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

キャスター
渡邊佐和子

 

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/5月13日/2020年放送のみどころ

 
よく、クラスメイトみんなでタイムカプセルに手紙や思い出の品を入れて、卒業のタイミングで校庭に埋めるという光景をテレビなどで目にします。私自身はそういうことをやってはいませんが、10年後などにそのタイムカプセルを掘り起こして懐かしんだり、照れくさく感じたりする人たちを見て、時間の流れを感じたりします。

このように、たった10年前のことでも感慨深くなるものなのに、正倉院の宝物は1000年以上も前の物が数多くあるわけで、とんでもないスケールの話だなと思います。

ここまでの年月守ってこれた要因などを知ることができたら面白そうだなと思います。

ホームページにもありましたが、戦乱や自然の影響を受ける中で、古代の宝物が今実存しているのはすごいことだし、様々な人々の熱意や労力などの結果なのかな、と感じます。

また、当時の文化を知るきっかけにもなりそうで、勉強になりそうだし、期待しています。

中国大陸から伝来した宝物もあるかと思いますが、今と違って過酷な船旅を乗り越えたものですし、当時の人々にとってすごく思い入れの強い代物なんだろうな、と想像します。

一つ一つの歴史的価値はもちろん、それぞれの宝物にまつわる物語なども楽しみにしています。
 

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/5月13日/配信/みどころ

 
歴史秘話ヒストリア「正倉院宝物 守られた奇跡の輝き」がNHKで5月13日に放送されます。正倉院に保管されている宝物やそれに関わる話を紹介する番組です。

自粛によって行動範囲が狭まっている私たちが、正倉院を訪れているかのような気分を楽しめる番組内容です。見る上で期待できる点も多いので、その幾つかを紹介します。

まず期待するのはやはり宝物の紹介です。宝物を見ることでその美しさやフォルムの珍しさに感動し、宝物にまつわる話を聞くことで背景にある歴史に驚いたりします。
それがこの番組を見ることで味わえるのです。

8Kの映像という点も私にとっては楽しみなポイントになります。

テレビが対応しているのでどのような繊細で美しい映像が表示されるのか期待せずにはいられません。

今回の番組では宝物だけではなく、それを維持してきた話も紹介されます。

そう1300年もの長い間、この宝物を守り抜いてきた人たちの話が聞けるのです。

とても期待できるポイントです。1300年と言えば、戦争や災害など多くのことが発生しています。けれども宝物は守られました。

その知識や行動は、今の私たちの生活でも役に立つことではないでしょうか。

それらを身につけることで大切な何かを守れるなら、是非とも知りたい情報です。

1300年という時を経た宝物を目にする機会はそう多くあるわけでありません。

多くのものがすでに失われてしまっています。

だからこそ、守ってきた人の功績がいかに素晴らしいか分かるはずです。

宝物と裏方、その2つの存在から成り立つこの番組をとても楽しみにしています。

 

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/5月13日/配信/視聴者の感想やネタバレ

 

歴史の教科書で名前を聞いたことがあるけれど、実際には言ったことのない正倉院。

そこに眠る奇跡の宝物がどのようなものなのか期待しています。美しい画像で見ることができるのもヒストリアならではだと思いますし、初心者にもわかりやすく説明してくれるので理解しやすいのがおもしろい点です。

名前しかしらないというまったくのまっさらな状態から見ることでより深く知ることができると思うので、放送まで余分な情報を入れないようにしています。

特に期待しているのは正倉院の宝物がどのように戦火から守られてきたのかという点です。

きっと多くの人の努力や積み重ねがあったのかなあと予想しています。

世界でもまれにみるような美しい状態で保存されているというその宝物をテレビで見ることができるのはありがたいですね。

螺鈿細工のような宝物があるということなのですが、その輝きも失われていなくてすごいなと思いました。宝物自体のうんちくも気になるところですし、それができた背景や伝わってきた背景についても放送されるようなので楽しみにしています。

正倉院という建物自体についてもあまりよく知らないので、新しい知識が増えるような気がして、今からとても楽しみにしています。

 

まとめ

 

正倉院の宝物は、9千点以上に及ぶとのことですが、その中でも「鳥毛立女屏風」と「螺鈿紫檀五弦琵琶」の二つは、歴史の教科書などでも取り上げられることの多いもので、個人的にも興味深いところです。

このうち、「鳥毛立女屏風」についてですが、もともと山鳥の羽毛が貼られていたところ、長い時間を経た今日では、そのほとんどが剥落してしまい、顔や手に施された淡彩がその名残をとどめていると言われています。

はたして、8K高精細映像での撮影が許可されたという今回の番組の中で、その片鱗をうかがうことができるのかどうか、大変気になります。

もう一つの「螺鈿紫檀五弦琵琶」ですが、こちらは遠くインドに由来する楽器とのことです。そこで、もし、テレビ番組ならではの特性を生かして、琵琶の映像だけでなく、インドの大地を彷彿とさせるような琵琶の音色までも伝えてもらえることができるのであれば、文化的にも貴重な番組になるのでは、と大いに期待してしまいます。

番組では、このほか、戦災などの困難に見舞われながら、宝物を守り継いだ人々の営みにも触れられるそうですが、こちらからも、多くの宝物が歴史の波間の中に消え去った中で、どうして東大寺の正倉院だけが残ったのか、その秘密に迫れそうで、とても楽しみです。

 
歴史秘話ヒストリアは以前から大好きな歴史番組です。毎回今まで知らなかった、歴史上人物や出来事についての秘話が詳しく説明されていて、本当に面白いし勉強になります。今回は奈良の正倉院ということで、世界遺産の1つでもあるし、私も行ったことがあるので楽しみです。

正倉院にはかなりの数の美術品などが保管されていますが、普段は中に入れないため、保管されている物も滅多に見ることができません。

今回、この番組では撮影が許可されたということで、一体どのような宝物が見られるのかとても楽しみです。正倉院の内部の構造などもうつされているのか、気になります。

しかも8K高精細映像ということなので、生で見るのと同じぐらい綺麗に見れそうなので、期待できます。正倉院では古代の宝物が世界的に見てもいい状態で保たれているということなので、今までどのように宝物を保管しケアされてきたのかも知りたいです。特に日本は四季があり、気候の変化が激しいので、綺麗に保管しておくのは難しいことだと思います。多くの人が関わって、数々の困難から守られてきたと思うので、その方法や意志を学びたいです。きっと、現代にも役立ちそうな知恵などがあると思います。

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア/正倉院宝物/再放送/5月13日/配信/無料視聴