TV

すごい宿題/動画/見逃した配信や再放送(ヨシタケシンスケ)初回1話nhkのeテレの2020年5月24日について

すごい宿題/動画/見逃し配信や再放送(ヨシタケシンスケ)初回1話nhkのeテレの2020年5月24日について

2020年5月24日16時55分から『すごい宿題「ヨシタケシンスケ」』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

すごい宿題/動画/見逃し配信や再放送/nhkのeテレの2020年5月24日

すごい宿題/番組内容

まだまだ自由に外へ遊びに出られず、友だちとも会えない日々が続くなか、おうちでがんばっているこどもたちへ贈る特別番組。さまざまな分野で活躍するおとなたちが宿題を出し、こどもたちから「解答」を募集します。第1回は『もうぬげない』などユーモラスな作品が人気の絵本作家・ヨシタケシンスケさんの宿題。「解答」を番組HPからか郵送で送ってね。ヨシタケシンスケさんが見てくれるよ!#すごい宿題

すごい宿題 出演者

絵本作家…ヨシタケシンスケ

すごい宿題動画配信ストーリー性

様々な分野で活躍する大人たちが宿題を出し、子供がそれに回答するというユニークな企画。今回は、絵本屋さん大賞や文化賞美術賞など、様々な賞を受賞している人気絵本作家のヨシタケシンスケさんの回とあっては、子供でけでなく大人も興味がわきます。その証拠に、ヨシタケシンスケさんの『もうぬげない』は、TwitterなどのSNSでも話題になったとか…。通常作家さんと何か繋がりを持てるなんてことはなかなかありません。ましてや、こんな人気作家さんが子供の回答を見てくれるなんて、何て素敵な企画かと思います。昨今のこの世間の閉塞感は子供だって感じ取っているはずです。ともすれば見過ごされがちな存在の子供ですが、こうしてスポットライトを当てられるというのはとても良いことだと思います。宿題を出す側の大人も、相手が子供だからといって気を抜けません。どんなひねりのある宿題をだすのか…腕の見せ所だと思います。ヘタなことをしてしまえば、子供をがっかりさせるだけでなく、それまでの活躍が帳消しになりかねません。そして子供達の回答も、子供ならではの大人では思いつかないような面白い発送の回答が出てくるとより楽しいだろうな~と思います。

すごい宿題 見逃し配信楽しみな点

私は絵本作家のヨシタケシンスケさんが大好きです。これまでに何冊もヨシタケさんの絵本を読んでいますが、最近読んだのは「なんだろうなんだろう」と「ころべばいいのに」です。ヨシタケさんは「なんだろうなんだろう」では「自由とは」や、「夢とは」など、様々なことをなんだろうと読者に考えるきっかけを与えようとしています。「ころべばいいのに」では嫌なことがあった子がその人を頭の中でくしゃくしゃとしたり、転んだらいいのにと考えます。でも、どうしてそんな感情になるのか考え、最終的には嫌な感情に振り回されず、ハッピーに生きようと思い直す物語です。このように、ヨシタケさんの本では哲学的な、読者に考える機会を与えるような物語が多くあります。そんなヨシタケさんから出される宿題はとても興味があります。答えがない問題をあれやこれやと考え、それをヨシタケさんに見てもらえるとはすごいことだと思います。ホームページを見ると、子どもたちから解答を募集するとのことなので大人は応募はできませんが、考えることはできます。どんな問題が出されるんだろうかと楽しみです。また、子どもたちがどのような解答をするのか、それに対してヨシタケさんは何を思うのか、興味があります。

すごい宿題 視聴者感想

『すごい宿題』?一体どんな形で、どんな宿題が出されるのでしょうか?まだまだ、想像がつかないでいますが、わくわくしています。
色々な分野で活躍するおとなたちが、こどもたちに向けて宿題を出すという番組のようです!数分の番組ですね。
そのおとなたちが、誰なのか気になりますね〜。そんな、第一回めのおとなは、なんと絵本作家のヨシタケシンスケさんじゃないですか!!今、とっても大人気の絵本作家さんです。
MOE本屋さん大賞で4年連続1位という偉業を達成しています。
こどもたちを連れて本屋さんに行きます。絵本コーナーに行きます。必ず目に止まる目立つところに並べられ、オススメ!とPOPに書かれて、誰でもが話題の絵本であることがわかります。図書館では、なかなかお目にかかれない人気の絵本です。
ヨシタケシンスケさんの絵本の世界、舞台になるのは、何気ない日常の中なんです。本当に本当に日常。主人公は、普段着、時にはパンツ姿で、なにも飾り気のない男の子、女の子。素朴なイラスト。読むと、大人でも「あー、そう来たかぁ」「なるほど〜」と思っちゃうような絵本なのです。
『りんごかもしれない』は、ある日男の子が学校から帰ってきて机の上に置いてあるりんごをみて、これはりんごじゃないかもしれない!と思いはじめたら、もーどんどん、妄想、想像力が膨らみ、「これはりんごのメカかもしれない」、「中身はぶどうかもしれない」、「育てたら大きな家になるかもしれない」と次々にずっと続きます。ものの見方をちょっと変えるだけで、いろんなものをおもしろがれるんだというのが、まさによく感じる絵本です。面白いです!!
ヨシタケシンスケさん。先生!どんな、宿題を出してこられるでしょうか…。こどもと一緒に、楽しく宿題に取り組みたいですね。楽しみにしています。

まとめ

まずタイトルのインパクトがとてもあり、「クイズ番組なのか?」「ヒューマンドラマなのか?」など様々な憶測が出て見る前に興味が湧きます。「ヨシタケシンスケ」というワードも聴き慣れない名前ですが、「彼が主人公なのか
?」「はたまた人の名前ではないのか?」など興味深いタイトルになっていてワクワクします。また、内容は子供に大人が宿題を出すといったものですが、宿題を出す人物がすごいのか、それとも宿題の内容がすごいのか、すごい宿
題とは何なのだろうかと胸が躍ります。僕自身、宿題という言葉は聞くだけでも良い気持ちはしないのですが、このすごい宿題というのにはとても興味が湧きました。是非宿題を解いてみたいと思います。子供も子供がいる親御さんもファミリー全員で楽しめる番組だと思います。時間帯も夕食前後なので、家族で食事をしながら番組をみて、家族の絆が一層より深まるのではないかと思いました。家で暇している子供も家でもできる楽しさを知ることができて、家の事が好きになると思いますし、番組を通じて教養や道徳も学べていけるのではないかと思いました。また、宿題のバリエーションもたくさんあると思うので、毎週毎週が楽しみになってしょうがないと思います。

(無料視聴できます)

↓ ↓

すごい宿題見逃し配信