nhk

麒麟が来る21話 動画20話, 21話 無料再放送 6月7日大河ドラマ見逃し配信

麒麟が来る21話 動画20話, /無料再放送6月7日大河ドラマ見逃し配信

放送地域にない方2020年6月7日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる』が放送されます

 

麒麟が来る 21話動画21話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 21話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)21話/ /番組内容

麒麟(きりん)がくる(21)「決戦!桶狭間」

今川義元は尾張へ侵攻する。危機を察知した信長は籠城といいつつ、別の作戦を展開する。死を覚悟した信長は帰蝶にある人物を紹介する。

番組内容
今川義元(片岡愛之助)は尾張へ侵攻。危機を察知した信長(染谷将太)は籠城といいつつ、別の作戦を展開する。死を覚悟した信長は帰蝶(川口春奈)にある人物を紹介する。そのころ、光秀(長谷川博己)は尾張へと馬を走らせていた。

 

麒麟がくる 第21話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,門脇麦,風間俊介,川口春奈,片岡愛之助,堺正章,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画21話までの感想、ネタバレ、レビュー

 

麒麟がくる 5月31日 ネタバレ

〈戦の足音〉

駿府から出ることのできない駒は反物屋で戦で物が不足し始めていることを知ります。

今川義元が尾張に攻め込むことを知り、駒は光秀や帰蝶の身を案じます。

称念寺を借りて教えるほどにまで大きくなった光秀の読み書きの教室ですが、ただ同然で教えているため暮らし向きは良くならず、煕子は駒から送られて来た薬草を質に入れることを光秀に相談します。

光秀は義景に仕官することを考え始めます。

そして尾張から戻った左馬助から今川義元が尾張の要所を出城を築き、大軍を率いて尾張を攻め落とそうとしていると聞く光秀。

清須城との位置関係から大高城が戦の要になるとにらんだ光秀。

義元は尾張との戦で必ず三河の兵を置くことから松平竹千代こと元康を取り込めば勢力は抑えられると考え、帰蝶に文を書き、左馬助に届けさせる光秀。

義元は万全の準備を整え、尾張への侵攻を開始します。

大高城から尾張を攻める軍を松平元康に任せるのでした。

駿府の智源院で東庵と将棋を指し、負かしたことに喜ぶ元康。

大事の前に幸先がいいと言う元康。

大事とは、と東庵が聞くと尾張への戦に向かうことになったと言い、東庵はやりきれない思いでいっぱいになります。

駒の往診の途中まで同行した元康は、何にでも効くという丸薬を作る老人が毎日灸を望むので、その老人の家に行くと言う駒。

その丸薬を持っていると戦から生きて帰ってくると言われ、尾張への戦に向かう元康に生還を願って丸薬を渡します。

そして駒は芳仁に灸を須恵に向かいます。

東庵は義元に呼び出され、元康に謀反の兆しはないかと聞かれ、裏表のない人間と話します。

永禄3年5月、義元は25000の兵を率いて尾張を目指します。

清須城では義元の進軍に取り乱し家臣たちは大慌て。

良策が出てこないことに呆れ、席を立ち帰蝶のもとに向かいます。

帰蝶は25000に対してこちらは3000、道三の長良川の戦いの時と同じと言い、熱田に向かい元康の母に会い、元康に文を送り、義元から元康を引き離すと言います。

誰の入れ知恵かと帰蝶に聞く信長。
帰蝶は答えませんでしたが、信長も光秀の作と察しはついていたのでした。

光秀は鉄砲の腕前を披露し、義景の家臣に仕官の口を都合してもらう計らいになりました。

しかし仕官の決定権は義景にあり、義景は公家との蹴鞠に興じ、光秀を徹底的に無視します。

大戦を前に蹴鞠に興じる義景に嫌気がさし、越前を出ることを決意します。

左馬助に尾張への抜け道を案内させます。

信長と帰蝶は熱田の水野信元と元康の母、於大の方に会い、元康に文を書き、信長の味方につくように仕向けます。

信元は元康に文を出す代わりに三河に今後手を出さないことを信長に提案し、信長も了承します。

尾張の大高城に入った元康に菊丸は於大の方に託された文を渡します。

その文を読んだ元康は涙し、信長側に寝返る決意をするのでした。

信長は丸根砦に策を講じ、義元の通り道の桶狭間に狙いを定めます。

そして光秀は夜の抜け道を馬で尾張へ駆けて行くのでした。

感想と考察

ついに桶狭間直前。

長良川の戦いの再来と危惧する帰蝶、長良川の時に戦はやりようと言った信長、幼少の頃今川義元を討つと言った元康、すべての要素をはらんだ桶狭間の戦いが始まります。

信長も感心した光秀の策。

騒ぐだけの家臣に比べ、文一つで戦況を変えてしまいました。

次回、帰蝶は信長と入れ違いになる時に打つ手はないと言いますが、ほとんど策は講じられたと言っても過言ではないです。

光秀が子供たちに教えていた、身近な人間に思いを馳せることができる人間は遠く離れた人間をも利する。

まさに今回の今川勢への策略。

三河の人間性が平和主義で我慢強いところから今回の策略は成功しましたし、この成功体験から天下を取るまで我慢する家康を形成したと考えられます。

今川義元と東庵が話しているとき猫が話題になりましたが、あれは武運、尾張、三河を表現していたのではと思います。

義元は手中に収める寸前だった尾張、三河、桶狭間の戦いの勝利を元康を最前線に立たせたことによって逃がしてしまった。

そのような表現に考えられます。

そして東庵が裏表のない性格と元康を言ったのは間違いないです。

元々は義元から三河を守るために討ち果たすべき相手と思っていたのですから。

自分の気持ちに実直に従ったまでです。

駒と東庵は京に帰れず、雪斎の死の箝口令のため駿府に滞在し、それが家康の薬の知識のもとになったと考えて間違いなさそうです。

信長の落ち着きようが凄いです。

どうせ大軍なのだから慌てるほうが損だと言わんばかりに家臣をないがしろにするシーンが凄かったです。

義景は信長が負けると思って公家に味方していれば義元ににらまれない、越前に逃げ延びてすぐに仕官しなかった光秀への報復と言わんばかりの蹴鞠でした。

しかし12年後、信長を軽視したことを後悔するのですが。

光秀は道三のような主君に仕えていたのですから、義景とは相性が悪いですね。

次回、ついに日本三大奇襲の一つとも言われる桶狭間の戦い。
前田利家、佐々成政も活躍します。

戦を終えて信長が光秀に何を語るのか楽しみです。

次回の展開から目が離せません。

 

麒麟が来る第21話動画(大河ドラマ)までの感想、

 

弘治元年1,555年美濃が二つに分かれます。斎藤道三稲葉城から出て北の大桑城に行きます。

美濃を二分する戦の準備をして斎藤高政と戦をするのを止めようと明智光安に尾張の信長と帰蝶に会いに行くことをお願いします。

明智光安は道三か家督を継いだ高政か悩んでいます。

帰蝶に久しぶりに会った光秀は道三と高政の仲裁をしてもらうようにお願いします。

帰蝶は弟の孫四朗を殺害した高政を兄とも思っていない父(道三)は織田家との同盟をして斎藤高政は今川義元と密通している話しても無駄帰れと光秀に言っている話しを後ろで聞いていた織田信長です。

帰蝶の怒りは分かる今戦をするべきではない。

尾張の清洲城を留守には出来ない雪と花に例えた帰蝶の話分からぬと織田信長はいいました。

帰蝶は旅芸人の伊呂波太夫を探すように指示しました。

道三と高政美濃の話今川義元がいるから清洲城は離れない織田信長です。駿河では今川義元の軍師太原雪斎が病死で亡くなりました。

太原の治療をしていた東庵と駒の所に薬草を持って来た菊丸薬屋なので手早く済ませるように言われますが、大きくなった松平元信若君お元気そうで、東庵は元信(後の徳川家康)一人で寂しくないですか将棋があるから寂しくないみたいですから将棋の東庵が相手します。

駒は美濃の事を聞き国境まで菊丸に連れて行ってもらうようにお願いします。

 

麒麟が来る第21話動画21話までのみんなの感想

 

明智光秀が道三と高政の戦に巻き込まれると思い駿河にはいられないからお願いしました。

稲葉城の高政の前で踊っていた光安後ろで見ていた光秀でしたが、高政と光秀話しています。

尾張に行っていた事を知っていた斎藤高政は父道三と戦はしない誠の父は土岐だと思っています。

新しい国を作るのに光秀に力を貸してほしい斎藤高政は明智光安に隠居してもらい光秀に後を継いでもらいたい領地替えを場所は決めてはおらぬが、いい場所にすると告げます。

いずれ守護賢い毒がある言い方をした光秀で高政は笑っていました。

明智城の明智光安は斎藤道三の所に行く光秀がお待ち下さいと止めます。

 

まとめ

 

左馬助に光安は尋常じゃない様子隠居の事をよく思っていない明智光安の事を光秀は知ります。

大桑城の斎藤道三の所に行く光秀道三に会う前に伊呂波太夫を見ますが伊呂波太夫は笑っています。戦をすると殺し合いになると言っています。

仏に道三は聞いてみましたが何も答えない仏老いぼれた忘れてしもうた道三ですが、明智光秀の事を正直者と言い偽り者はいつか裏切る国を滅ぼす。

誠の父は斎藤道三で織田信長は面白い男目を離すな光秀と言い斎藤家の家督を継がせる者を間違った斎藤高政の事言っています。

斎藤道三一つなればいい誰も手出しは出来ぬ大きな国を作るのじゃ明智光秀と言いました。

明智荘に帰ると明智光安は斎藤道三の所に行った事を知り何故止めなかったと聞きましたが、光安は行きましたので領地替え隠居明智家の事考えていましたが、光秀もです。

煕子は明智十兵衛光秀様のお心のままに光秀鉄砲を見ていい国を作る力を貸してくれ道三と高政の事思い出し鉄砲を撃ち戦じゃ明智軍皆集まったか敵は高政と言いました。

斎藤道三と斎藤高政火をつけたのは斎藤高政です。

紀行:岐阜県山県市大桑城城跡古城山登山口城下町を作り石垣があります流通を栄えさせます。土岐慰霊碑があり斎藤道三息子の斎藤高政と決戦に向かいます。

 

麒麟が来る動画21話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 21話/無料視聴フル