バラエティ倉庫

NHKスペシャル 戦国 動画/西島秀俊/無料視聴7月5日第2回/

NHKスペシャル 戦国 動画/西島秀俊/無料視聴7月5日第2回/

 

2020年7月5日21時からNHK総合で『NHKスペシャル 戦国~激動の世界と日本~(2)▽ジャパン・シルバーを獲得せよ』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国 動画//西島秀俊/無料視聴
 

NHKスペシャル 戦国 /番組内容

 

地球規模の歴史から、戦国日本の新たな姿を描くシリーズ。2集は、徳川家康の天下取りの時代。世界の覇権をめぐり、日本の銀を狙うオランダとスペインの激しい攻防に迫る。

番組内容
地球規模の歴史から、新たな日本の戦国時代を描くシリーズ。第2集は徳川家康の天下取りの時代。新発見の文書に記されていたのは、オランダ商人と家康の深い繋がり。オランダは、当時最重要の国際通貨だった「銀」を求めていた。世界の産出量の3分の1を占めた日本銀をめぐり、オランダと超大国スペインの間に激しい攻防が始まる。覇権をかけた両国の争いの最前線となった戦国日本、その実像に迫る。ナビゲーターは西島秀俊さん。

 

NHKスペシャル 戦国 出演者

 

司会
西島秀俊,

出演
金田明夫,

語り
礒野佑子

 

NHKスペシャル 戦国 動画//西島秀俊/あらすじ

 

戦国日本の新しい姿を描くということで、日本の銀を狙うオランダとスペインの激しい攻防をこの番組では学ぶことができそうです。

当時の日本が世界的に銀を大量に算出して世界で一番の銀大国であったということはよく知られていることですがその裏でどのようなやり取りが行われていたのかというのを知ることができるのは、とても楽しみです。

当時はスペインとオランダが争っていた時代であり、スペイン自体も新大陸に非常に多くの銀山をもっていたのですがそれでもなお日本の銀の方がはるかに出すようになってきたということで、それをどう扱うか誰が主にヨーロッパで扱うようになるのかということでその後の世界の覇権が決まると言っても過言ではない状況になったわけで、そのあたりのことを細かく説明してもらえるという感じになりそうなのは、個人的にはとても楽しみなところです。

新しい手紙が発見されたということで家康に対してどのようにアプローチをかけていたのかということが各国の思惑とも知れるということで歴史好きの私としてはその部分だけでもこの番組を見る価値があるのではないかなと考えています。新しい事を知れるというのはとても助かることであり、楽しみです。

ワールドワイドの歴史との関わりのなかで、戦国時代の日本の姿をみつめ直していくのがNHK総合で放送されているNHKスペシャル「戦国~激動の世界と日本~」です。

7月5日午後9時より放送される第2集「ジャパン・シルバーを獲得せよ」では、豊臣秀吉の没後から徳川家康が天下取りを達成するまでの時代にフォーカスをあてます。

近年、ヨーロッパで新たに発見された文書には、スペインやポルトガルに遅れて日本にやってきたオランダの商人たちが、徳川家康を手厚くサポートしていた様子が記されていました。

その商人たちが“見返り”に求めたのが、当時の“国際通貨”として最重要の商品となっていた「銀」だったのです。

歴史書によると、17世紀初頭の日本では「銀」の産出が盛んで、その量は世界の3分の1から4分の1にも達していたとされています。

その「銀」をめぐって、オランダとスペインとの間で激しい攻防が勃発します。

そして日本は、世界の覇権をめざす両国間の“闘い”の最前線でもあったのです。

先日放送された第1集「秘められた征服計画」を視聴したとき、今まで私は、あまりにも国内中心に歴史をみすぎていたことを痛感させられました。

日本に、外国からやってくる人たちがいるのなら、その裏に何らかの“意図”が隠されているのは当然のことです。

その“意図”を、番組を観ながらあたらめて確かめてみたいと思います。

NHK、URLを見て「NHKスペシャル戦国~激動の世界と日本~(1)1を今拝見したばかりですが、かなり興味深かったです。

キリスト教布教とヨーロッパの植民地政策が一体化しているとは知っていましたが、アジアでは日本に中国制服をさせようなんてすごいこと考えたもんだと思います。

たしかに種子島に火縄銃が伝わってたった1年で同じもの作って、あっという間に広めたくらいですから、日本の技術は高かったでしょう。

しかし豊臣秀吉が朝鮮出兵して明国へ攻め入ると言うのは、耄碌したからといわれていましたが、宣教師の入れ知恵だったんですね。

ということで、来週は徳川家康とオランダということになるそうで、予告も見てみましたが、鎖国以前は日本人の海外流出も活発で傭兵として活動していたんですと。

山田長政という人が活躍したことは知っていましたが、これも来週出て来るのかなと楽しみです。

また、徳川家康と言えば、ウィリアム・アダムス三浦按針というイギリス人(オランダ船に乗ってやってきた)が側近でいたのは有名ですが、彼が乗ってきたリーフデ号の大砲が関ヶ原で活躍したという話も出て来るのでしょうか。

また日本ではその頃ゴールドラッシュ、銀も生野銀山とか石見銀山でとれた時代だったので、それも宣教師たち、ヨーロッパ列強は狙っていたというのも興味深い、来週も楽しみです、マリコさん感謝です。

—————黄金の国、ジパング」と言ったのはイタリアの旅行家のマルコ・ポーロ。彼は『東方見聞録』に「この国のどこでも黄金が見つかる」と書いているそうだ。

マルコ・ポーロの活躍したのは13世紀のことなので、金キラキラが大好きな豊臣秀吉もいないし、加賀百万石の前田利家もいない。

13世紀と言えば鎌倉時代でしょうか。

マルコ・ポーロ、いや彼にそう伝えた人は黄金に輝く日本をみたのでしょう。

徳川家康の天下取りの頃、世界共通の通過は「銀」。

小さな島国の日本が銀の産出量の世界の三分の一を占めていたとは。

スペインもオランダも国土はそう大きくはないとは言え大国。

その大国の方にもっと色んなものがありそうにも思えるのに。

勝負の勝利者には金、それに継ぐ者は銀。銀だった者は「金より良しだから」と自分に言い聞かせるようだけど、本当は「金は良いなぁ」と思っているんでしょうね。

シドニーオリンピックで銀メダルだった田島寧子選手は「金がいいですぅ」と言ってました。

日本にある銀をめぐってスペインとオランダが一線を交えたか、交えずにどうしたか。

日本がまだ今の日本より小さかった時代に、小さい国に大国が目を付けていた。

黄金の国では無く銀(しろがね)に輝く日本を2つの国はどう対処したのか木になるところです。

 

NHKスペシャル 戦国西島秀俊の動画配信ナビゲーション

 

この時代に日本の銀の輸出が多かったことを知りました。

日本の銀鉱山があったのは知っていましたし、私の地元にも鉱山だった場所があり、今は観光施設になっています。

何度か遊びに行っていたはずなのに、歴史についてほとんど勉強していませんでした。

今回のこの番組によって、徳川時代の銀の輸出について知ることができるようなので、この番組で輸出について勉強してみようかと思います。

銀の輸出について勉強することによって、次にその元鉱山だった観光施設に遊びに行った時に色々な知識が増えているので、更に楽しめそうです。

また、こういう番組では、一部の歴史を深堀してくれるので、学校よりも詳しく学べることがメリットだと思います。

学校で勉強していることには、生きていくためには、ほとんど役に立たないけどテストで点数を取るために勉強し頭に入れておく知識があります。

学生時代に学校でさらっとしか学んでいないけど、なんだか気になって記憶の片隅に残っている知識という物があります。

そういった記憶の片隅に残っている知識を、こういう番組を通して大人になってから合致させて深く考えるというような楽しみ方があります。

 

NHKスペシャル 戦国動画/視聴者の声

 

ジャパン・シルバーを獲この番組の第一弾を見たのですが、西島秀俊さんのナビゲーターがものすごくよかったです。

今回の第二弾でも引き続きナビゲーターを務められるということでとても楽しみにしています。

落ち着いたいい声で、しっかりと言葉が入ってきました。

その西島さんの声がこの番組の落ち着いた雰囲気をさらにいいものにしていたように思います。

そして取り上げている時代は戦国時代。コンセプトとして面白いところは世界の中の日本史という見方で楽しめるところです。

日本史は日本史と戦国時代のアニメ、漫画、ドラマではあまりその頃の世界の情勢が分かりません。

武将たちの戦いを中心に描かれているので、そこに集中してしまいます。

しかしこの番組は地球規模の歴史からみることができます。

徳川家康の時代にオランダ、スペインが日本の銀を狙って戦いを繰り広げていたなんて全く知りませんでした。

その頃のオランダ、スペインがどのような情勢で文化的にも政治的にも日本とどれほどの違いがあったのかということも知りたいです。

そして戦い方もきっと日本とは違うと思います。

そして家康がどのようにオランダ商人と交流を深めていたのかというところにも注目してみたいと思います。

今の時代、歴史から学べる外交がありそうな気がします。

 

まとめ

 

面白そうな所は、徳川家康の時代にオランダとスペインが、日本の銀を狙っているという話です。

徳川家康が、オランダの商人と関わっていたりと戦国時代でも国際社会と関係していたと思うと感慨深いです。

日本が、銀の産出量の3分の一を占めていたという話も知りませんでした。

当時の日本の通貨で銀を使用していたのか知りたいです。

オランダとスペインが、日本が、銀の産出量が、おおいという情報をどこで知ったのかも興味深いです。

当時の日本の国についてオランダやスペインが、どこまで把握していたのかも知りたいです。

当時の国際通貨に銀が、使われていたという事で当時の通貨の種類も知りたいです。

戦国時代といえば国内での覇権争いをしていたり国内の問題に追われていた時期ですが、徳川家康の天下取りの時代になると日本が、世界の銀を狙う覇権争いに巻き込まれるのか興味深いです。

徳川家康が、銀の覇権争いにどう対応したのかも注目ポイントです。

当時の日本にとって銀は、どんな価値が、あったのかも知りたいです。

オランダとスペインが、銀を狙って交渉してきた事で徳川家康が、銀の価値について理解したと思うのですが、どちらの国と銀の取引をしたのか興味深いです。
徳川幕府は250年という、日本で最も安定した政権を築きました。

その最初の将軍、徳川家康ですが、関ヶ原の合戦や大阪夏の陣など、派手な戦については、歴史の教科書や文献などで知っている人は多いかと思います。

しかし、徳川家康の本当におもしろいところは、戦だけではありません。

その抜群の政治力にあります。日本だけでなく、世界についても、歴史を読み解くために必要なのは戦争ではなく、経済です。全ての根源は経済にあります。

なぜなら、人間が生きていくためには、経済は絶対に切り離せないものだからです。

新発見の文書とあるとおり、今回の放送については、今まで日本人が知らなかった事実が次々と出てきます。

徳川家康とオランダ商人との深いつながり、現在では考えられませんが、当時の日本が銀の大生産国であったことによる、オランダとスペインとの激しい攻防、特にスペインに関しては、当時は世界中を征服しようとする、とんでもない規模の超大国でした。

徳川幕府といえば「鎖国」が有名ですが、それ以前にいかに外国とのつながりが深かったかを知るために、見逃せない番組であるかと思います。

世界と日本はこんなかたちでつながっていたということを知れば、誰もがわくわくせずにはいられません。

大変興味深い放送になると思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 戦国