nhk

歴史秘話ヒストリア(北里柴三郎) ペスト,動画, 7月8日無料視聴まとめ

歴史秘話ヒストリア(北里柴三郎) ペスト動画/, 7月8日無料視聴まとめ

 

2020年7月8日22時30分からNHK総合で歴史秘話ヒストリア「ペスト 最悪のパンデミックが放送されます。

 
見忘れた方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア(ペスト)動画/, 植木等7月8日無料視聴まとめ
 

歴史秘話ヒストリア /2020年7月8日動画/番組内容

 

14世紀、人類が直面した「ペスト」の感染爆発。死者は数千万、最悪ともいわれるパンデミックの背景に、3密と不要不急の移動があった!?感染症と闘うヒントを探る。
番組内容

人類が直面した、史上最悪の感染症ともいわれる「ペスト」。14世紀、ヨーロッパでは人口の3分の1にあたる3000万人が死亡した。このパンデミックの背景にあったのは、なんと3密と不要不急の移動!?その後も感染爆発を繰り返すペストに、人々はどんな知恵で対処したのか。そして19世紀末、ペストはついに日本に上陸。それに立ち向かった北里柴三郎の手段とは。新型コロナウイルスとの闘いにつながるヒントを探る。

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

阿川佐和子

 

歴史秘話ヒストリア(ペスト)動画/,7月8日あらすじ

 

この時期に、ペストについて詳しく取り上げてくれるのは有難いです。

別名スペイン風邪と呼ばれているようですが、私は今年の初め辺りまではそんな知識すら持っていなかったです。
今でも知っている事と言えば、ペストによって沢山の差別が行われたという大まかな話だけなので、この番組を観て学ぶべきだなと思います。

予告映像を見た限りでは、再現PVなども挟んでくれているようで、かなり視聴者に分かりやすい構成にしてくれていると感じました。

時代が全く違いますが、世界中で大流行した新型ウイルスの感染を防ごうと動いた結果、実際に解決に至った訳ですよね。その経験は、今に活かせると思います。

当時の日本が取った対策とは何なのか物凄く気になります。

現代にも通用する方法だったら良いなと思いますが、そんなに都合の良い話は無いですよね。

様々な技術が発展している現代の力を加えて、良き対策を生み出せたら…と感じますし、国にも参考にしてほしいと思います。過去の実体験から得た大事な情報を、皆で共有出来る機会があるのですから、見逃すわけにはいきませんね。

そしてペスト流行当時のヨーロッパの状況しっかりと記憶しておく事により、こんな悲劇を起こしたくないと思えそうです。

本やSNSの文字ではなく映像で見られるからこそ、人々の頭に入りやすいのではと考えています。

家族で観たいです。

 

歴史秘話ヒストリア(ペスト)動画/, 7月8日視聴者の声

 

ペストという感染症は歴史史上の中でも最悪の感染症だったようですね。

14世紀の出来事ということですが、その記録が残っているのも凄いなと思います。

これまでにも幾度となく感染症が蔓延していたことはありますが、ペストはそれまでのものとは比較が出来ないくらいの規模だったことが分かります。

ヨーロッパの当時の人口である3分の1の人、3000万人が死亡したなんて想像することが出来ません。

多くの人が亡くなったということですが、感染したけど生き延びた人たちもたくさんいたのでしょうね。

これだけの人が犠牲になったのですから、人口のほとんどの人が感染していたのでは?と思います。びっくりしたのはこのペスト、日本にも上陸していたということです。
19世紀末ということですが、スペイン風邪のことなのでしょうか。

これだけたくさんの人が亡くなったのですから収束するまでもかなりの時間がかかったものと思われます。

日本に上陸した際には北里柴三郎氏が立ち向かったということです。北里氏は今度新しいお札のデザインに起用されることが決まった方ですよね。

やっぱりこの人はお札のデザインになるくらい凄い人だったんだなということが分かります。

次回の歴史秘話ヒストリア必見です。-

 

歴史秘話ヒストリア(ペスト)動画/, 7月8日ネタバレ

 

ペストといえば、人類を苦しめた病気として歴史の授業などでも紹介されています。

14世紀という時代に3,000万人という人が亡くなるということは、当時としてはかなり衝撃的だったのではないでしょうか。

知っている人や家族も亡くなり、次は我が身かもしれないと怯える日々は精神的にも過酷だったと思います。

そのペストを人類はどうやって克服したのか興味があります。

沢山の人がペストで亡くなったのは知っていましたが、どんな風に克服したのかは知りません。

この番組を見ることでペストを収束させたのか知ることができます。

さらに、この番組ではどうやって病気が広がっていったのかというメカニズムについても触れているので、とても気になります。

大きな病気は約10年周期でやってくるといわれています。
この番組で得た知識は今の私たちを助けてくれますし、未来の私たちも助けてくれます。

そういう点でも自分のためだけでなく、自分の大切な人のためにこの番組を見ておくと、参考になると思います。

あの時代に、ペストはヨーロッパに留まらず日本に上陸していたことも恐ろしさを感じますが、どうやって上陸したのかも気になります。

その点も一緒にこの番組で取り上げてくれたら面白そうです。

天然痘、コレラ、腸チフス、結核、スペインカゼにホンコンカゼそしてペスト。寒い季節になると流行るインフルエンザ。昔から人類は感染症との戦いでした。

昭和では肺結核が流行り文学作品にはよく結核の療養所のサナトリウムが出て来ます。

天然痘は撲滅されたことになっていますが、肺結核や季節のインフルエンザでは今でも死者が多数でて社会問題になっています。

北里柴三郎氏は「日本の細菌学の父」と言われた方でペスト菌を発見し、破傷風の治療法を開発したそうです。

感染症の予防と治療に尽くしたそうです。

感染症は予防が大切だと北里氏は言っていて、それは今の新型コロナウィルスも同じで「マスク、手洗い、密を避ける」でしょうか。

江戸時代の末に生まれ北里氏がペスト菌を発見したり、破傷風の治療法を確立したのなら現代の科学者が新型コロナウィルスをすでに発見しているのだから、治療薬を開発できない訳はないと思います。

新型コロナウィルスはインフルエンザと同じく、年ごとに形を変えて季節の感染症として出現しそうです。ペスト菌と同じ様に食い止めて欲しいものです。

-近年の感染症の爆発的な世界の蔓延のなかで、歴史的に残るパンディミックであるペストについて思い出したというような人も少なくはないはずです。

今回の歴史秘話ヒストリアでは、このペストについて学ぶことが出来るということなので、とても興味深いものがあります。外国の歴史映画などを観ていると、ペストのことが描かれていることも多くそれがどのような病であるのか知らなくてもその名前を聞いたことがあるというような人はきっと多いので、ペストを知ることで今世の中が考えなくてはいけないことなどを知ることができるのではないかという期待をしています。

14世紀というイメージもつかないほどはるか昔に流行し、多くの人の命を奪ったペストの実態や14世紀に発生したペストが19世紀には日本に上陸してしまったということなので、何世紀にもかけてペストの流行を抑えることが出来なかったわけや、日本はどのようにペストと戦うことが出来たのかをこの番組を通じてしっかりと学ぶことが出来るのではないでしょうか。
新紙幣の顔にも選ばれている北里さんがペストに立ち向かう為に行ったことなど、まだ彼の功績を知らない人が歴史を知り、今の問題についても考えることができたら素晴らしいと思います。-

 

まとめ

 

ヨーロッパが舞台のお話で皮膚が黒くなる『黒死病』としても漫画で読んでいて怖いなと思った記憶はあるのですが、きちんとした本とかは見たことないんですよね。

予告を見ると、衝撃的な映像もありそうですが、しっかりと見たいです。

人口の3分の1が亡くなったと聞いたことがあるのですが、日本でそうなったらと思うと怖いと同時に、我々は当時の人たちより知識もあるし、科学の力もあるし、正確な情報を伝える能力もあるのだから、そうならないように『知る』努力をしたいです。

ヨーロッパだと14世紀のお話ですが、日本に上陸したのは19世紀とのこと。

そして、それに立ち向かったのが、今度お札になる北里柴三郎ということで、その点も興味あります。

19世紀の日本って肺結核とかいろいろな感染病が多かった時代でもありますよね。天然痘とかそういうのも幕末ものの本で読んだことあります。

伝染病なんて遠いものという意識が去年くらいまではありましたが、今はもうそんなことはないと強く感じているので、今回の歴史秘話ヒストリアには興味津々です。

 
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア, スーダラ節,動画/, 7月8日無料視聴