バラエティ倉庫

大喜林/NHK見逃し動画/配信再放送無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~

大喜林/見逃し動画/配信再放送NHK無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~

 

2020年7月10日23時45分からNHK総合で『大喜林~アノコト なんて呼ぶ?~(1)』が放送されます

 

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大喜林~アノコト なんて呼ぶ?~動画無料視聴/見逃し配信/再放送
 

大喜林~アノコト なんて呼ぶ?~ /番組内容

 

靴の中に小石が入る…、住所欄の文字が最後に小さくなる…など、「あるある」な現象なのに、名前がついていないものは多い。そんな現象をどう名付ければよいか?回答者たちのアイディアの中から、辞書の専門家が選んだ言葉を、「大辞林」ならぬ、架空の辞書「大喜林(おおぎりん)」に掲載していく。新感覚の言葉バラエティー!

 

大喜林~アノコト なんて呼ぶ?~ 出演者

 

司会
今田耕司,

コメンテーター
国語辞典編纂者…飯間浩明,

ゲスト
川島明,フワちゃん,ファーストサマーウイカ,ダイスケはん

 

大喜林/見逃し動画/配信再放送NHK無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~

 

今田耕司さんが司会を務める新感覚バラエティー、内容が気になりますね。この番組では、日常生活で誰もが経験している「あるある」にスポットを当てます。靴の中に小石が入ることや、住所欄の文字が最後は小さくなることは「あるある」な現象ですよね。そんな日常の「あるある」に名前をつけていくとのこと、どんな名前になるのか楽しみです。ゲストは川島明さん、フワちゃん、ファーストサマーウイカさん、ダイスケはんです。川島さんは頭の回転も早いので、皆が驚くような名前をつけてくれそうです。フワちゃんは中国語も話せる上、新しい企画を考えることが得意だそうです。彼女なら難しい漢字などを使って、凄い名前を考えてくれる気がします。ファーストサマーウイカさんは、本名の初夏(ういか)から現在の芸名をつけたそうです。初夏なのでファーストサマー、とてもセンスのある名付けですよね。ウイカさんもまた、素敵な名前をつけてくれそうです。コメンテーターには、国語辞典編纂者の飯間浩明氏が出演します。日本語のスペシャリストである飯間氏が、新しい名付けに携わってくれるのは心強いですね。新しい名前は「大辞林」ならぬ、架空の辞書「大喜林」に掲載していくそうです。「大喜林」が一体どんな辞書になるのか、予想がつかないですね。この番組を見たら「あるある」が起きた時に、「大喜林」に載っている言葉を使いたくなるのではないでしょうか。

 

大喜林/見逃し動画/配信再放送NHK無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~

 

 

大喜林/見逃し動画/配信再放送NHK無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~

 

———よくある現象に名前がついていないので、よくあるあるで済ませてしまいます。よくあるのに名前がついていない事は沢山あるので、よくある現象にいいアイデアから名前をつけていきましょう1つの辞書が完成します。名称を付けると分かりやすく皆様がなります。何と呼ぶかを決めていく今田耕司さん達は靴に石が入る現象文字が最後に小さくなる事はよくある事ですが、名前がないので名前をつけるバラエティみたいな真面目に考えていくテレビです。名前名称を考えるには、アイデアいい案の中から名前を決める真面目に考えないと1つの名前は決められません。誰もが分かりやすく伝えられるようになりますので名前をつける事で短縮によくある現象を言う事が出来ます。よくある現象がない人もいますから伝わらない事もありますが、名前をつけると伝わります。伝わる名前のアイデアからアドバイスをもらう事が出来ます。よくあるあるがずっと続いていかないように名前をつけていくテレビです。よくある事なのに名前がないなんて呼ぶか全員が違いますから呼び方を統一していくよくあるあるで終わらないようにしていくテレビです。大喜林の名前がない事に名前をつけていきましょう。架空の辞書大喜林架空のよくあるあるに名前が出来ると架空の事ではなくなります。架空の辞書を架空ではなくなるアノコトに名前が出来ます。余談・星は名前がない星最初に見付けた人が名前をつけられます。今呼んでいる星も最初は名前がありませんでした。名前がない事によいアイデアから名前をつけるテレビです。

 

まとめ

 

深夜番組のようですが面白そうですし頭の体操になりそうです。まだ詳しいことはホームページにも出ていないようですが、名前の付いていない減少に名前を付けてしまおうという内容とのことです。よくSNSを見ていると「この現象に名前を付けたい」と書いている人を見かけることがあります。確かに私もこの減少なんで名前付いてないの?と思うことがあります。わざわざ説明するのも面倒ですし、名前がついていたらいいなと思います。靴の中に小石が入ることは私も昔よく経験していました。今は道路が整備されているのであまり入ることはなくなりましたが、誰もが経験していることではないでしょうか。靴の中に石が入っていると気持ち悪くて仕方ないですよね。でもこの現象に実際名前をつけようとなると難しいです。考えてみたのですがあまりいいものが思い浮かびません。大喜林というのは架空の辞書の名前だそうで、つけたものはこの辞書の中に掲載していくみたいです。この番組は新番組だと思うので、これからどんな名前が付けられていくのかが楽しみです。私はテレビをつけたまま寝てしまう現象にも誰か名前を付けて欲しいですね。———-普段何気なくあることに名前が付いていて驚くことが有ります。寝てる時にビクッとする現象に「ジャーキング」と名前があることを知って驚いたことがあります。由来は忘れましたけど。高校の授業中に居眠りしていた男子がビクッとしたことを思い出しました。自分だけの現象かと思っていたら、みんなもするものだと安心したことを思い出しながら、あれは「ジャーキング」と言うのかとも思いました。名前は忘れましたが、確か本屋に行くと便意を催す現象にも名前が付いていたと思います。病気の名前にバセドウ、川崎、橋本など発見した医師の名前が付くことがありますが、珍現象などにも疑問に思い解明した人の名前が付けられたのかもしれませんね。人間や動物、物に名前があるように世の中には色いろな現象にも名称がありますね。道の名前や坂の名前とか名前があれば説明がしやすいということですよね。寝てる時にビクッとする現象に名前があるように「あれは◯◯」と言えば、「あぁあれね」と分かりますね。大喜利と大辞林を併せ持った番組名ですが、面白いことをいったりすると座布団が貰えたりするんでしょうか。私が知らない色んな名称を学べるチャンスですね。
確かに、自分の中では結構ある事だけど、それを言葉で説明するには長すぎるって思う事ありますね。それに名前がついてくれたら便利です!深夜の番組ですが、流行ってくれたら良いなと思いました。これで作られた言葉が、色んな人に伝わるようになったら、生きるのが少し楽になるのではないかと感じます。芸能人の方がまず最初に提案するという点が、ナイスだと思いました。短い言葉で視聴者に分かりやすく説明するのを得意としている方達なので、発想力と頭の回転が速いのは間違いないです。そして、ゲストにファーストサマーウイカさんとフワちゃんという新世代の感覚を持った方がいるのが嬉しいですし期待出来るなと感じました。SNSに慣れている人は、若者にも使いやすいアイデアが浮かぶのではないか?と思うのです。また、ファーストサマーさんは求められている事に答える瞬発力が高く、フワちゃんはオリジナリティに溢れていると感じます。キャスティングが良いですね!ただ、辞書の専門家さんだけが未知です。何を良いと判断するのか…もしかしたら、若者らしい言葉は好まないかもしれません。ドキドキです。しかし言葉に詳しい方が選んでくれるとは、本格的ですね。「大喜林」に多くの言葉が載るのを楽しみにしています。—この番組の目の付け所は面白いと思いました。「あるある」な出来事なのに、名前がついていない現象に、皆で名前をつけていくという番組の趣旨は、それこそ有りそうでないものです。日頃は何とも思わずにスルーしていた出来事が、名前がなかったらこれからは気になってしまいそうです。回答者たちが出したアイディアの中から、辞書の専門家が選んだ言葉を「大辞林」ならぬ、架空の辞書「大喜林(おおぎりん)」に掲載していくという設定もユニークです。「大喜林」って誰が考えついたのでしょう…。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

大喜林/見逃し動画/配信再放送NHK無料視聴~アノコト なんて呼ぶ?~