TV

戦国鍋TV,見逃し動画配信無料視聴再放送~なんとなく歴史が学べる映像~

戦国鍋TV,見逃し動画配信無料視聴再放送~なんとなく歴史が学べる映像~

 

2020年7月日時から『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~
』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~動画無料視聴/見逃し配信/再放送
 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~ /番組内容

 

うつけバーNOBU season2
とある寂れた繁華街。ここにかつてNOBUママと呼ばれる一人の人生経験豊かなオカマのママが営む店があった。その店には会社という名の戦場に疲れ果てた、サラリーマンという名の侍たちが毎晩足を運んではその傷を癒されていたという。

そして、NOBUママがいなくなった現在その店は新たな二人の主人を迎え、先代の思いを受け継ぎながらこじんまりと営まれていました。 今日もそんなお店にお客さんがやってきているご様子。

天正遣欧少年使節
九州のキリシタン大名がプロデュースする、ヨーロッパ帰りのフレッシュなアイドルユニット。 伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノの4人から成る、今ノリにノッている4人組。今宵も、デビュー曲「GO!天正遣欧少年使節」にのせて華麗に舞う!

戦国武将がよく来るキャバクラ
眠らない街 東京・・・・この街の一角に、活躍の割に知名度の低い戦国武将たちがお忍びで訪れるという伝説のキャバクラがある。 この店のキャバ嬢レイナが、今宵も彼らの戦話に花を添えるはずだったが…

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~ 出演者

 

戦国武将がよく来るキャバクラ
《島 左近》辻 修(動物電気) 《キャバ嬢》柳沢なな 《指名客》竹井亮介(親族代表) 《ボーイ》高山猛久

天正遣欧少年使節
《伊東マンショ》相葉弘樹 《千々石ミゲル》村井良大 《中浦ジュリアン》井深克彦 《原マルチノ》菊田大輔 《女性MC》前田真里 《芸人MC》金子 学(うしろシティ)、阿諏訪泰義(うしろシティ)

うつけバーNOBU season2
《伊達ママ》倉貫匡弘 《小十郎子》山本匠馬 《豊臣秀吉》大竹浩一(SET) 《NOBUママ》小西遼生 《谷口》山崎樹範

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~動画の見どころ

 

堅苦しくなくていいのですが、設定に笑ってしまいます。

会社勤めのサラリーマンはよく「侍」に例えられますが、まさにこのオカマママが営むお店にも会社という戦場で戦いに疲れた侍であるサラリーマンたちが通っています。心のオアシスと言ったところでしょうか…。

そして、そのオカマママがいなくなった今では、二人の主人がオカマママの志を受け継いで、ひっそりとお店を営んでいます。

お客も様々で、ヨーロッパ帰りの四人組のアイドルユニットは、伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノというふざけているのか何だかわからない名前です。九州のキリシタン大名プロデュースというのも、歴史バラエティを感じさせますが、徐々に設定に頭がついていかなくなってきそうです…。

戦国武将がお忍びで訪れる伝説のキャバクラなんて、そもそも戦国武将がキャバクラ通いするのですか?!と突っ込みたくなります。

破天荒な設定ではありますが、ちょっと異世界に迷いこんだつもりで楽しむのもいいかもしれません。

—-このテレビ番組のサブタイトルがおもしろいなと思いました。「なんとなく歴史が学べる映像」ってどんな映像なのでしょうか。

興味がそそられます。いろんなコーナーがあるようですが、どれも歴史を匂わせてはいるものの、現代の生活風になっていて、学校で学んだ歴史がよくわからなかった人も楽しめる内容になっていると思います。

そんなコーナーの中でも「戦国武将がよく来るキャバクラ」は興味があります。

有名な戦国武将たちの愚痴が聞けるのか、女好きな秀吉はベロベロになってしまうのか、それぞれ武将たちのキャラが際立つコーナーになっていると楽しくなると思います。

「浅井三姉妹」は歌やダンスを披露するのでしょうか。それこそ秀吉が狙っていたというお市の方の娘なので美人なのでしょうが、一体どんな歌を歌うのでしょうか

。父母を倒した秀吉への恨み節なのか、それとも歴史とは全然のないイマドキな歌なのか、どちらにしても楽しみです。

その他にも「戦国プラネタリウム」といった意味不明だけれど気にならずにはいられないコーナーや、「家康の統べりたい話」といったある番組を彷彿とさせるようなパロディー的コーナーもあるので、どれもクスっと笑わせてくれるような番組になっていると思います。

—戦国時代のことをちょっとおもしろくお伝えしてくれる番組という、新しい感覚でお届けされる歴史の番組ということなので、歴史についてあまり知識がないというような人も、興味があっても難しいイメージから学ぶ機会がなかったというような人も楽しみながら歴史の事をしることが出来るのではないでしょうか。

舞台は東京の一角で、戦国武士など歴史的な人物たちがお忍びで訪れるというキャバクラを舞台にしているということなので、軽い感じで歴史を楽しめるのではないでしょうか。

しかも、そのキャバクラに訪れるのは、活躍をしたのになぜか歴史的に知名度が低い歴史的な人物が集まるキャバクラで繰り広げられるトークがどのようなものになるのかとても楽しみにしています。

九州のキリシタン大名がプロデューするアイドルグループなど番組のコンセプトがなかなか全貌は分からないのですが、真面目そうな番組にみせかけて、かなり攻めた番組になることを期待しています。

今回はどのような知名度の低い歴史的な人物が登場するのか、そしてどのような話が聞けるのか、楽しみながら見ることが出来るようなので、歴史に興味を持っているけれどなかなか取っ掛かりがないというような人が歴史に興味を持てる時間を与えてくれることを期待しています。

—-史実に基づいた出来事を分かりやすく解説する「戦国鍋TV」は今も根強い人気で放送終了後の現在も再放送を楽しむファンが多いようです。

その理由はウイットに富んだ視点で歴史上の人物を捉えて変換するユーモアセンスや今で言うところの2.5次元舞台的な要素を持ったキャスティングなど女性ファンを多く取り込む要因が多かったことにあると思います。

現在も活躍を続ける俳優陣がまさか、こんなことを!という楽しみ方もできて何度も楽しめるのが特徴です。今回放送される内容も人気コーナーが目白押しです。「うつけバーNOBU」は戦国武将と夜の世界を結びつけたユニークすぎる設定。

バーの常連客を演じる山崎樹範さんの賑やかしな存在感も空回りする場面があり、それも楽しみどころのひとつです。

また「戦国武将がよく来るキャバクラ」はその名のとおりのオモシロ設定。ただし、なぜか知名度がイマイチ低い武将ばかりが訪れるというのがポイントです。その武勇伝をキャバ嬢がことごとくあしらう様子は抜群に面白いのでご注目。武将の知識が無くても全然OKで楽しめます。

そして、歌のコーナーは「天正遣欧少年使節」さながらジャニーズジュニアのような様相で歌う彼らの姿が何だか愛らしく見えてしまうのは私だけでしょうか。いいとこどりな内容なので歴史にあまり興味がないという方も充分楽しめます。

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~見逃した方へ

 

楽しみな所は、戦国時代を舞台にしたバラエテイ番組という所です。

最近は、戦国時代に興味を持っているので興味深いです。

面白いのが、うつけバーNOBUです。

織田信長が、うつけと呼ばれていた歴史的背景をモチーフにしていて戦国時代とバラエテイのコラボなんだなと思うと面白いです。

うつけバーに来るお客も戦場に疲れた侍という所が、ユニークですね。

戦国武将が、たくさん登場するのでそこも見どころですね。

島左近が、どんなキャラクターになっているのか楽しみです。

伊達政宗が、キャバクラのママになっていたり片倉小十郎が、小十郎子になっているのが、コミカルですね。

戦国武将は、主従関係や戦国武将同士の人間関係も面白いのでそこを上手くバラエテイにもっていっているのが、すごいですね。

戦いの日々で緊迫した戦国時代ですが、魅力的な戦国武将たちが、たくさんいたなと思います。

この番組で戦国武将に興味を持つ人もいると思います。

楽しく歴史に興味を持てると思います。

バラエテイ番組として観ても面白いと思いますが、実際の歴史をみてから観るとより楽しめると思います。

戦国武将達の登場するキャバクラが、賑やかで楽しそうですね。

アイドルユニットも登場するのでそこも見どころです。

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~無料視聴で見たいストーリー性

 

を見たら内容が面白過ぎて思わず吹き出してしまいました。

確かに戦国時代はいつの時代もありますよね。今

のサラリーマン社会もある意味戦争ですものね。お客様を取り込むために日々サービスを考え、儲けをどがえしして利益還元をし、自社が生き残るために必死で努力している。本当に毎日くたくたでしょう。

今の人達はそんな疲れた心のオアシスがある環境に恵まれていると思います。人生経験豊富なオカマママの話が一番興味があります。あの人達は本当にいろいろな修羅場を耐えて戦って勝ってきた人達ですから言うことに説得力があります。

しかしながら現代の戦国武将には癒しのオアシスが多いですよね。

キャバクラにスナック。昔の戦国武将が見たらどんなに羨ましがるでしょう。

歴史歴史と言いますが今の時代もそのうち歴史になるんですよね。そう思いながら番組を観ると又楽しさも倍増するのではないかなと思います。どんな話なのかは全く想像が出来ませんがこれはもう見てのお楽しみですね。

–戦国武将が良く来るキャバクラは、島左近という事ですが、島左近は色々な武将に仕えた後、最終的に石田三成の熱烈なアプローチによって石田三成に仕え、関ヶ原の戦いで亡くなった武将ですが、石田三成に自分の禄高の半分を使って石田三成に破格の待遇と提示され、石田三成に仕えるといったのお話は結構有名なので、そのあたりをどう表現されてくるか楽しみです。

また、筒井氏に仕えている時の歴史など石田三成に仕えるまでの経緯が結構不明な所もあり、こういった所もどう掘り下げてくれるか。最後の関ヶ原での石田三成とのやり取りなどをどう表現してくるか。

などなど、そういった部分においても楽しみにしています。天正遣欧少年使節ですが、こちらは意外とマイナーな人物ですが、九州のキリシタン大名の子孫である伊東マンショ・千々石ミゲル・中浦ジュリアン・原マルチノの使節ですが、欧州を歴訪している内容はそれなりに知っていますが、個人的には、欧州を歴訪した後、日本へ戻ってきた時にどうなったのかが今一不明なので、最後、徳川の世になった時、キリシタンに対する弾圧がひどくなった時、彼らはどうなったのかなどそういった所も含めて表現されてくるであろう、デビュー曲「GO!天正遣欧少年使節」はちょっと気になります。

—ありそうでなかった新感覚お茶の間歴史バラエティと謳う本番組ですが、今回はセレクションということで、過去の放送の中から第25話を選んで放送するとのこと。

「うつけバーNOBU」というオカマのママと、客として訪れるサラリーマンに身を変えた戦国武将たちのエピソードに、九州のキリシタン大名がプロデュースする、ヨーロッパ帰りのフレッシュなアイドルユニット「天正遣欧少年使節」、そして実績の割に知名度の低い戦国武将たちがお忍びで訪れ、キャバ嬢レイナの接待を受ける「戦国武将がよく来るキャバクラ」といったコーナーが放送されるようですね。

この中で特に面白いと思うのは、「戦国武将がよく来るキャバクラ」です。客として訪れる戦国武将は、かなり活躍していて、戦国ファンにはお馴染みでありながら、世間一般の知名度はまだまだ低い人物ばかりです。

そんな戦国武将たちが自分の活躍を自慢するのに、完全に現代っ子であるレイナには全く理解されずにあしらわれてしまう、ちょっと悲哀を感じるけど笑えてしまうコーナーです。今回はどんな戦国武将が客として訪れることになるのか楽しみですね。

 

 

まとめ

 

、NOBUママまでしかこの話は知りませんでした。まさか第二シーズンがあってNOBUママが去っていたとはとても驚きでしたが、今度は伊達ママ達がどのようなママなのかとても楽しみです。

暖かく包んでくれたNOBUママに対して今度のママ達はどのようなアドバイスをくれるのかとても楽しみにしています。「

戦国武将がよく来るキャバクラ」もとても楽しみです。

現代のキャバクラに一人武将がいる様子はいつも異質で、でもとても面白かったです。

今回も島左近がどのようなトークを繰り広げるのか、どう見ても毎回対応が適当にしか見えないホステスの女の子が今回もどのような適当トークをするのか、そして最後に一人ぼっちになった武将に寄り添う黒服の男性がどのように見事なフォローをするのか、毎回そこに注目していますし、今回もそれらがどのようになるのかとても楽しみです。

そしてこの番組で私が一番楽しみにしているのが歌です。

今回は「天正遣欧少年使節」だそうですが、これはこの番組で流れるどの歌にも共通していることですが、歌で本当にわかりやすくそのグループに関係する歴史を説明していることに感嘆します。

歌う前のその人物になりきったトークも楽しみですし、お勉強っぽい歌に似合わない軽快な曲とダンスが本当に楽しみです。

しばらく聞いてませんでしたがグループ名を聞いただけで思い出せ、また再び彼らの歌が聞けるのが本当にとても楽しみです。また新しい番組となって復活するようですし、久々のあの独特の番組の空気感を味わえるのを大変楽しみにしています。

『戦国鍋TV』については、当時リアルタイムで視聴していた番組でしたので、正直とても懐かしく思います。

特に、この天生遣欧少年使節の4人が出演している回は、よく覚えています。

歴史の勉強は、学校の授業でそれなりにしていましたが、それでもあまり聞いたことのない名前、テストに出るような偉人ではないキャラクターたち(伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノ)ばかりでした。

しかし、彼ら自体にも、その関わった歴史にも思いのほか興味がわく内容なので、『戦国鍋TV』ならではの歌だけでなく、ぜひ会話やエピソードも注目して見てほしい内容です。

といいつつも、やはりこの天生遣欧少年使節の歌「GO!天生遣欧少年使節」は、『戦国鍋TV』の歌の数々の中でも、かなり頭に残るメロディーになっていて、正直くせになります。

初めに聞いたときは、『戦国鍋TV』あるあるですが、何だこの歌は…全く理解できない…となるのですが、2度目を聞いたらどんどんリピートしてしまうような、中毒性のある歌です。きっとこの番組を見た後には、「伊東はマンショ~千々石はミゲル~」と、気づけば頭の中で唱えることになるでしょう。

この懐かしい彼らの姿を、もう一度大きなテレビ画面で見れると思うと楽しみで仕方ないですね。-

この番組は、なんとなく歴史が学べる内容になっているということで、歴史上登場する人物が、いろんなコンセプトのコントが繰り広げられます

。うつけバーNOBUは、織田信長がIKKOさん的なキャラクターで客の相手をしてくれたり、悩み事を織田信長の史実に基づいたような内容だけど、どこか親しみのある感じで相談に乗ってくれるなど、なかなか面白い内容になっていました。

NOBUママが居なくなった後も代替わりした後のバーになっても面白かったです。歴史上に登場する人物たちがアイドルグループに扮するシリーズも人気があったのか何組も登場して歌を披露していました。

天正遣欧少年使節がアイドルグループに扮するのも面白かったです。

振り付けはジャニーズのアイドルグループを彷彿とさせつつ、歌詞の内容が史実に基づいているのが何となく面白さを感じます。

個人的には、グループが歌う前に司会の人たちと繰り広げるトークが面白いのですが、今回はセレクションということでカットされているのが寂しいです。ただ、このコーナーはそのトーク部分が無くても十分面白さが伝わります。

キャバクラに、メジャーじゃない武将が来るコーナーもマニアックで好きです。キャバ嬢に自分の功績を自慢したりするのですが、話の内容は歴史があるのに、話かける口調がキャバクラに行っている普通のおじさんに似ているから、そのギャップで笑ってしまいます。

ほかにもいろいろコーナーがありますが、どれも面白く時間が経過しているのに今でも楽しめることが、この番組の素晴らしいところだと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~