アニメ

ジビエート/アニメ/見逃し動画1話配信/無料視聴/2020年7月15日/再放送

ジビエート/アニメ/見逃し配信動画1話無料視聴/見逃し配信/再放送

 

2020年7月15日22時からTOKYO MXで『ジビエート #1』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ジビエート/アニメ/見逃し配信動画1話無料視聴/見逃し配信/再放送
 

ジビエート /番組内容

 

舞台は2030年の日本。病気の感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が変化する。その病気は、変化する多様な種類から「ジビエート(ジビエのようにバラエティに富んでいる)」と呼ばれた。そんな荒廃した日本に現れた、一組の侍と忍。

江戸時代初期からタイムスリップしてきた二人は、ジビエート治療の研究をしている博士に協力し、行動を共にすることになる。時を置かず襲い来る数多のジビエ、食糧を求めて旅人を襲う無法者、周囲を敵に囲まれた命懸けの旅が始まる…。

 

ジビエート キャスト

 

神崎千水(柿原徹也)
船田キャスリーン(藤井ゆきよ)
真田兼六(東地宏樹)
鬼倉雪之丞(羽佐間道夫)
ヨシナガ博士(池田秀一)
鳩波彩愛(七海ひろき)
葉室克典(木村良平)
鳩波蓮司郎(石井康嗣)
祖師谷紅蓮(郷田ほづみ)
佐久間秀典(落合福嗣)
美樹本伊佐夫(崎本大海)
船田ユリカ(伊藤えみ)

 

ジビエート/アニメ/見逃し配信動画1話無料視聴/見逃し配信/再放送みどころ

 

音楽は、オープニングを吉田姉妹さん、SUGIZOさんが、エンディングを大黒摩季さんが担当する豪華布陣!!そして、FFシリーズのキャラクターデザイナーとして知られる「天野喜孝」さんがキャラクター意匠、漫画バイオハザードの「芹沢直樹」さんがモンスター意匠を担当し、数々のヒットゲーム音楽を手がけてきた「古代祐三」さんが作品音楽を担当するなど、日本を代表するトップクリエイターがTVアニメ「ジビエート(ジビエート)」を創り出す!!舞台は2030年の日本。

地球全土にあるウイルスが広まっていた。ウイルスの感染者は怪物になり、年齢、性別、人種により姿が移り変わりする。そのウイルスは、移り変わりする多様な種類からジビエジビエのようにバラエティに富んでいると呼ばれた。そのような荒廃した日本に現れた、一組の侍と忍び。

江戸ご時世初期からタイムスリップしてきた二人は、ジビエを治す研究をしている博士に協力し、行動を共にする事になる。

時を置かず襲い来る数多のジビエ、食糧を求めて旅人を襲う無法者、周囲を敵に囲まれた命懸けの旅が始まる・・・。我々がアニメで世の中と戦うならば、クリエーターの総力戦で勝負しようと。

最初に第一人者を決めなければならない。そんな訳で、第一人者の立場としてワールドワイドで評価を受けておられる天野喜孝さんに作品の根幹となるところを担ってもらいました。-

 

ジビエート/アニメ/見逃し配信動画1話無料視聴/見逃し配信/感想

 

『ジビエート(ジビエート)』の楽しみな点、面白そうな点について。ゾンビや細菌兵器を扱ったのドラマや映画は海外でもヒット作が多いイメージがあり、このアニメについてもそういった要素が含まれているため、多くの関心を引き寄せられると思います。

ただそういったドラマや映画に多いのは、リアルな現実世界でゾンビ化や細菌汚染といった出来事があった場合について描かれています。

しかしこのアニメは10年後の日本という設定に加えて、江戸時代からタイムスリップしてきた侍と忍者というゾンビなどよりさらにフィクション色の強い要素が含まれているので、どのようにストーリーに影響するか興味深いです。
楽しみな点としては、主人公たちの周りにいる敵について関心があります。

こういった終末世界のようなものを描いた作品では、このアニメでいう「ジビエート」と呼ばれる病気の感染者の他に、感染していないが、脅威になりうる人間の存在というものがあると思います。こういう時だからこそ団結が求められるのに、食糧難や意見の相違で対立が起きてしまうという構図が描かれるのではないでしょうか。

そういった時の互いに譲れない理由があるなど、ただのモンスターを相手にするのとは違い、どちらにも正義がある場合の争いというのは見ていてとても辛いものがありますが、見ずにはいられないといった中毒性もあると思います。

——–

 

ジビエート/アニメ/見逃し配信動画1話ストーリー

 

ストーリー的には、有りがちとも言える要素がいくつか組合わさった感じなんですが、驚いたのは声優陣の豪華さです。まず主人公の柿原徹也さんにうっとりです。

もう声に色気がありますよね。

ゲームのCMなんかでテレビからお声が聞こえてきただけでキュンとしてしまいます。

次に「凄い!」と思ったのが、郷田ほづみさん。

私の世代からすると、「装甲騎兵ボトムズ」のキリコ・キュービーなんですよね~。懐かしい。渋いお声が堪りません。

他にも、洋画吹き替えの重鎮である羽佐間道夫さん、アニメ好きでなくてもガンダムシリーズのシャアの声と言えば知らない人はいない池田秀一さんなどなど、語り出せばきりがないほどのキャスティングです。

そんな中、私が気になっているのは落合福嗣さん。元プロ野球選手である落合博満氏の息子さんとして子供の頃からテレビ出演も多かった彼ですが、今や実力派声優としての立場を確立されました。こんな重厚なキャスティングで、最近のアニメにありがちな若手女性声優が多数出演することもないことから、ストーリーも重たいものになるんでしょう。内容的に昨今の世情と重なる部分もあり、どんな展開になるのか気になるところではあります。

 

まとめ

 

2018年にスタートした脚本家の青木良が原作・総指揮を務める「ジビエートPROECT(ジビエートプロジェクト)」は、アニメなどさまざまなコンテンツで展開されるクロスメディア企画です。

世界市場をターゲットに、それぞれの作品では「和」がテーマとなっており侍や忍者、刀や書道などが“キラーアイテム”として強力にプッシュされています。

7月8日から東京MXテレビなどで放送がスタートする「ジビエート(ジビエート)」は、その企画の一翼を担うアニメ作品です。

江戸時代前期の侍である神崎千水と忍者の真田兼六は、自分たちの時代から数百年後の2030年の日本にタイムスリップしてしまいます。しかし、そこはウイルス「ジビエ」が蔓延する世界。病気の感染者は“モンスター”と化し年齢、性別、人種によって姿がさまざまに変化。そのため、この病気は「ジビエート(ジビエのようにバラエティに富んでいる)」と呼ばれていました。千水と兼六も、あまたのモンスターに襲われるのですが、ジビエート治療の研究者・ヨシナガ博士の助手である船田キャスリーンに間一髪救われます。

そして、二人は博士に協力しながら、ジビエートや食糧を求めて旅人を襲う無法者たちに立ち向かっていくことになるのです。荒廃の一途を辿る2030年の日本で、千水と兼六たちは“周りは敵ばかり”という状況のなか命懸けの旅を始めます。

はたして二人は、最後まで生き残って江戸の街へと戻ることができるのでしょか。そして、ヨシナガ博士はジビエートを治すワクチンの開発に成功するのでしょうか。興味が尽きません

-新しくスタートするアニメ「ジビエート」が、とてもおもしろそうなので注目しています。

舞台となるのは、近未来2030年の日本です。感染すると、怪物になってしまう恐ろしい病気が蔓延してしまうようです。それほど遠い未来ではないので、リアルで怖い感じがします。

ただのファンタジーストーリーと、笑い飛ばせないのは私だけでしょうか。感染者は、年齢、性別、人種などによって姿が変化するそうです。

そして、彼らは変化する多様な種類から、まるでジビエのようにバラエティーに富んでいるということで「ジビエート」と呼ばれていました。名前だけなら美味しそうですよね。

そんな荒廃した日本に一組の侍と忍が、江戸時代の初期から、タイムスリップして来ます。

侍の名は「神崎千水」といい、戦国時代に二刀の日本刀を武器に、数多くの敵を斬り倒し、千人切りの異名を持つ強者です。忍の名は「真田兼六」といって、信濃の戦国大名だった真田の一族の者です。

彼は爆弾を武器として戦います。二人は、ジビエ治療の研究をしているヨシナガ博士に協力して、行動を共にします。

次々に襲いかかるジビエに加えて、無法集団のガリアンズまで現れます。はたして、日本の未来はどうなってしまうのでしょうか。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ジビエート