バラエティ倉庫

歴史秘話ヒストリア(謎の古代遺物),動画見逃し配信縄文/再放送2020年7月15日無料視聴まとめ

歴史秘話ヒストリア古代遺物縄文/動画見逃し配信再放送2020年7月15日無料視聴まとめ

 

2020年7月15日22時30分からNHK総合で『歴史秘話ヒストリア「謎の古代遺物がモノ語る」』が放送されます。

 
見忘れた方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア 7月15日無料視聴まとめ
 

歴史秘話ヒストリア /2020年7月15日動画/番組内容

 

日本全国で、日々行われている発掘調査。地中から掘り出される様々な遺物から、専門家は、太古の時代のことを読み取っていく。縄文時代の土偶や土器に込められたという人々の願いとは? 弥生時代の銅鐸に刻まれていたのは「豊穣(じょう)の祈り」だったのか。そして、火山の近くで見つかった古墳時代のよろいの男は、いったいどう生き、どう死んだのか。文字の無い時代、国宝を含む古代の「遺物」がモノ語る秘話に、耳を傾けます

 

歴史秘話ヒストリア キャスト

 

キャスター
渡邊佐和子

 

歴史秘話ヒストリア 動画/見逃し配信再放送7月15日あらすじ

 

文字がまだ存在しなかった太古の時代の出来事はまだまだ謎が多いので、日々何かが発掘されては新しい発見があって、教科書で習った事がガラっと変わってしまうような時代なので、とても楽しく、研究者や人々の妄想をかきたてられるようなロマンある時代で私も歴史の中で一番興味がある時代だと思っています。

今回の放送はその太古の時代、縄文・弥生・古墳時代がメインとなっているという事なのでとても楽しみにしています。

縄文土器は今では世界最古の土器とも言われています。私が歴史で縄文時代の事を習った時にはそのような話は無かったので、
まさに歴史が日々塗り替えられている事を実感できますし、当時の人々の様子や暮らしが昔よりももっと解明されているかもしれないのでとても楽しみです。

そして弥生時代に入って大陸からの文化が混ざって来ていると思うので、どういう意図で人々が銅鐸を作ったのか知りたいと思いました。

更に古墳時代には鎧が存在していた、という事はこの時代には争いが存在していたという事になると思うので、当時の人々が何のために争っていたのか、

縄文時代の農耕生活だったにもかかわらず、弥生時代を経て何故鎧が必要な生活に発展していったのか、この辺りの事が少しでも今回の放送を通じて知る事ができたら嬉しいな〜と思っています。

 

歴史秘話ヒストリア古代遺物縄文/動画2020年7月15日無料視聴まとめ視聴者の声

 

今回の歴史秘話ヒストリアの紹介する歴史は古代遺跡から発掘されたものによって何が見えてくるのかというものです。

時代は縄文から古墳時代当たり。文献などによる紙媒体の記録がほとんど残ってはいませんが、土の中からは過去の歴史を調べることが出来る時代です。

この時代の遺物の中心は、土器や土偶、石器や銅などといったものが中心であり、なんのために作ったかというようなことは簡単にわからないものもあります。

そういったものから、考古学の人々はどのように過去の人々が生きてきたのかや、なんのためにそれらのものを作ったのか。

そういったわかりにくいものを研究していった結果について、今回のヒスとリアでは紹介していくところが大きな魅力です。

縄文時代の土偶や土器はどのような方法で作ったのか?弥生時代に発見された銅鐸は豊穣のため七日?それとも何かを知らせるためなのだろうか?

火山の近くで発見された古墳時代の鎧について、鎧の無知主は一体どんな感じの人物で、どのように生きてきたのだろうか?

これらの遺物からは、文字や声といったものはほとんどありませんが、彼らの生きた証からどうだったのかに耳を傾けることによって、いにしえの時代に生きた人々の息づかいが聞こえてくるのです。

————————–

 

歴史秘話ヒストリア 動画/7月15日ネタバレ

 

縄文時代の土偶や土器に込められた人々の願い、そんなものがあるのですね。
土偶って何の為に作ったものでしたっけ。

土器は生活で使うものだと思うのですが、何かしらの思いが込められているのでしょうね。
縄文土器とかが未だに残っているのも凄いなと思います。

国宝も出てくるということですが、この時代のものは全部が国宝のように思えますね。
残っていること自体がレアだからです。

古墳時代の近くでよろいの男の遺体が見つかっていたということです。

この人がどのように生き、どのように死んだのかを説明するみたいですね。

この時代って文字も今みたいにありませんよね。

形を使った文字はありましたっけ。

凄くロマンがいっぱい詰まった放送になりそうです。

土器だけにドキドキしますね。古代遺物、発掘、こういった「もの」を言わない遺物を掘り起こしそこから得る情報から古代を知る。とてもロマンがあります。

古代に暮らした人々は土器や土偶を作ってきました。

そこには数多もの願いや、祈りが込められていたと聞きます。
文字がなかった時代を我々現代人が知るには、古代の遺物と語り合うしかないのです。

そういった意味で古代調査というのは大変意味のあることです。

そこから、今を生きる人間がより生きやすくなるヒントも含まれているはずです。

私は弥生時代の遺物にもとても興味があります。

稲作文化が広がり、人が一つ所に永住するようになったのはやはり農業で自給自足する術を得たからと言えます。

わざわざ、危険な思いをして獲物を狩らなくとも、四季と上手く付き合い、人間関係を良好にすることにより村というものは平和でいられます。

より良い農具の開発も進み、木で作られたクワや、スキ、脱穀するために用いられていた臼、貯蔵するための倉庫など、当時では最先端の技術が結成されたのだと推測でき、先人から受け継いだ知識と、斬新な知恵などで維持してきたのだと考えると胸が熱くなります。

村ができると必然と村同士で争いも起こったはずです。

なぜ人間同士争いあうのか、それも古代遺物を解き明かすことによって少しずつ明らかになるのだと思います。歴史秘話ヒストリアならではのち密な取材と丁寧な解説で見られるのが今から楽しみです。

 

まとめ

 

大人になってから、歴史の勉強をするのが楽しくなり度々歴史の番組を見るようになりました。

きっと、教科書では、学べない秘話に興味があるんだと思います。

ずいぶん昔のことが、今になって発見、発掘されることは、すごく不思議で神秘的なことだと思います。

その度に、歴史の教科書を開きたくなったり、記憶を頼りにちょっと調べてみたり、歴史史料館や博物館に行きたくなります。

今回のテーマは、誰もが一度はテストにでるよと言われ勉強した縄文、弥生、古墳時代の話なので、学生時代勉強したことを思い出しながら見たいなと思いました。

当時の人は自分達でおもいをこめて土偶を作ってその土偶に祈りをしていて、こんなに古くから祈るという行為が行われていて、今でも祈る方法、形式が変わっても祈るという行為が受け継がれていることに驚かされます。

文字がなかった時代のことを、土偶や、古墳から人々の生活や習慣を想像し、今まで語り継がれていること、とても神秘的ですごい事だと思います。

火山の近くでみつかった古墳時代のよろいの男、今まで聞いたことがない話なので、興味があります。

いったい何者か、なんでそんな男がいたことが明らかになったのか、謎だらけで楽しみです。

歴史秘話ヒストリアの内容は、謎の古代遺物がモノ語るだそうです。

私は歴史が苦手であまり分からないのですが、小学生や中学生の頃、最初の頃は一生懸命勉強していた覚えがあります。

そして今回の放送では太古の日本、縄文時代が登場するということで、私がまだちゃんと理解することが出来ていた時代のことです。

縄文時代はかなりの昔ですから、まだまだ謎が多い時代でもあると思います。

そういった謎の多い部分が少しずつ明らかになっていくのはなんだかロマンを感じると思いませんか?

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

歴史秘話ヒストリア,動画/7月15日無料視聴