ドラマ

ディアペイシェント,ドラマ,見逃し配信動画,1話無料視聴できるU-NEXTオンデマンドサービスについて

ディアペイシェント,動画,1話無料視聴できるU-NEXTオンデマンドサービスについて

結論から言いますとU-NEXTというnhk公式オンデマンドサービスで見ることができます

放送地域にない、見れない方は特に(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ディアペイシェント動画1話

ディアペイシェント 最新話あらすじ

千晶(貫地谷しほり)は、入院している幼い患者・美和(新津ちせ)と出会い交流を深める。千晶は、美和が脳腫瘍で回復の見込みがないことを知り、何かと心を寄せていた。そんな折、リストカットをした若い女性・笠原祥子(小島藤子)が病院へ運ばれてくる。自ら命を絶ちたいと思う祥子は、生きたくても生きることもままならない美和に複雑な思いを抱くのだが、千晶ら医師たちの介在と美和の死に直面し、次第に心変わりしてゆく…。

 

ディアペイシェント キャスト出演者

 

出演
貫地谷しほり,内田有紀,田中哲司,浅香航大,高梨臨,浜野謙太,永井大,笠松将,小川紗良,鷲尾真知子,升毅,石黒賢,朝加真由美,平田満,伊武雅刀,小島藤子,新津ちせ

ディアペイシェントの動画配信U-NEXTの実際に使った方によるメリット

 

 

ディアペイシェント第1話動画を見るメリット

 

ビデオは200,000本以上、雑誌は80誌以上が見放題&読み放題。これだけの本数のビデオや雑誌ならほとんど見たいものが含まれていると思います。

わざわざ買ったり借りに行かなくても見たいとき・読みたいときにすぐに見れるのも魅力的です。

コロナで自粛の新しい生活様式にはぴったりだと思います。私自身在宅ワークが中心の生活なのでちょっとした息抜きにもなります。そしてあと一カ月もすれば子供たちの夏休みが始まっています。

今人気の鬼滅の刃や進撃の巨人もみれるので子供たちも十分楽しめると思います。

見すぎには注意ですが、今在宅ワークが主流となっているので親としても仕事の間、少しでも見てくれているととても助かります。作品が豊富なのでアンパンマン世代から大人までが楽しめると思います。

家族4人までアカウントが作れるので家族で使えばさらにお得にです。4人だとこの金額は本当に安いと思います。また月々1200円のポイントももらえます。そのポイントで最新映画のレンタルや漫画もできるなんてさらにお得です。

またそのポイントはすぐに消滅するのではなく、翌月も持ち越せるので本当に使いたいときに使えます。

それに対して違法サイトでのデメリットですが漫画を普段から子供たちによく買うのですが、このサービスに入ると動画見放題だけでなくポイントで漫画まで買えてしまうので財布にやさしいとても嬉しいサービスです。

あまり大声で人様に話せる事ではありませんが私も人並みか或は若干それ以上に、スケベ心がありますのでやはりアダルトサイトやその方面の女優さんの事を検索に掛け、有料の公式なサイトだけに飽き足らず違法にアップロードされているサイトだと理解していながらも、違法サイトへアクセルしてしまう事が多々有りました。

有りましたと過去形で語っているのは、今はその手の違法サイトへのアクセスを我慢といいますか、自制しているからです。

その手のアダルトサイトへアクセスした経験がある人なら解ると思いますが、アダルトサイトはやたらと広告が入る為に再生させようとしても、広告が邪魔をしてなかなか再生が出来ず、その広告先へと飛ばされてしまいます。

酷いときにはそれが何度も繰り返され、コチラも焦れてしまい、イライラとした気分にさせられてしまいます。

しかもようやく再生が出来たかと思えば何度もローディング状態となり、再生されるまで待たされ内容がとぎれとぎれとなり、肝心のその楽しみなシーンが台無しにされた気分を味わされてしまいます。

その一番肝心なシーンでお預けを食らう不条理さは同じ経験をした男性諸氏にはお解り頂ける物と思います。

更に最悪な事は、その様なサイトへ進入してしまうと大抵ウイルス感染してしまう事ですね。

それによりパソコンが動か無くなるうえ個人情報を抜かれてしまう恐れがあると言うことでしょう。

 

ディアペイシェント動画1話視聴者の声

 

一昔前の医者と患者の関係というのとは、今は全然違っているのですね。

私は精神科がメインの仕事をしていますが、科が科だからか、そんなにモンスターはいません。いても転院するだけなので、執着する患者に出会ったことがありません。

でも、これからそういう患者が出てくるかもしれないので、いったいどう対応したらよいのかという疑似体験ができそうです。

勉強にしたいです。でも、なぜこのような患者が増えたのかを考えた時に、単に人間が我儘になったのとは違うのではないかと思うのです。

そんな人間の性格がすぐに変わることはないので、何か社会にひずみがあるはず。それを描き出してくれるのがこのドラマなのかなと思っています。

モンスターで執着する、あるいは攻撃的な態度に出るということは、病院という場所がその人たちにとって、唯一の自分の思いをぶつけられる場所なのかもしれないと思います。

もっと身近に支えてくれる人や、信頼関係からたしなめてくれる人、思いを共感できる人がいれば、そこで穏やかにマイナス感情は吸収されていくと思います。

でもそれができる環境にないから、モンスターになる。このドラマの「絆」というのはそういうことを示しているのかもと期待しています。医療従事者としての心の持ちようを勉強させてもらいたいです。

 

貫地谷しほりさん主演のドラマ『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』は、医療の現場を舞台にしたドラマがたくさんあるなかで、少し風変わりな感じがします。絶対に手術でミスをしない天才外科医が主人公になっている派手なドラマではなく、貫地谷しほりさんが演じる真野千晶は、病院をサービス業と捉えて「患者様プライオリティー」を唱える病院の女医です。病院を訪れるのは従来型の「クランケ」ではなく「患者様」ということですから、治療行為以前に、その「患者様」たちはさまざまなクレームをつけるということなのです。

URLには「現代日本の医療界の現実を抉(えぐ)りながら」と書かれています。医師が「お医者様」と崇められた時代はもうすでに過去のものであり、今は、クレーマー患者たちの天国ということなのでしょう。そこで、若き女医である貫地谷しほりさんは、いろいろ悩み苦しむのでしょう。

それを支える先輩の女医を内田有紀さんが演じ流のは、なかなかのものです。

また、「最凶のモンスター・ペイシェント」を演じるのが田中哲司さんということで、どんなドラマの展開になるのか、楽しみです。

しかも、
「感涙のヒューマンサスペンスストーリー」とありますから、医師と患者とのたんなる「戦い」ではなく、そこに医師も患者も同じ「人間」であることの意味が現れるのだと思います。

タイトルの「ディア・ペイシェント」を直訳すると「患者様」なのですが、「ディア」に込められた思いを、実際にドラマで見てみたいと思います。

 

 

ディアペイシェントを無料視聴で見る予定の方へどのようなスト―リーなのか

 

自身が内科医でもある小説家の南杏子さんの原作「ディア・ペイシェント」がドラマ化されます。昨今、増え続けているモンスターと呼ばれるクレーマーたち。

それは医療の現場でも例外ではありません。

本来、医師という職業は、患者の回復のために全力を注ぐものだったはずですが、今や、度を越したクレーマーたちの対応にまで心をくだかなければならないというのが現実なんですね。

人々の権利意識が過度に向上した現代社会では、同じような悩みを持つ働く女性が多いのではないでしようか。

今作品では、クレーマー患者たちに悩む女性医師が、先輩医師や同僚とともに、患者たちと真摯に向き合い寄り添おうと努力する中で、人と人との絆を見つけ出していきます。貫地谷しほりさん演じる主人公「真野千晶」は、病院を「サービス業」と捉え、「患者様プライオリティ」を唱える「佐々井記念病院」の女性医師として働いています。

彼女は、執拗に嫌がらせを繰り返す最強のモンスター・ペイシェントにつきまとわれて悩んでいます。

彼女の先輩女性医師や同僚たちもクレーマー患者によって、苦悩を強いられていました。

重いテーマのドラマですが、貫地谷しほりさんがどのような女性医師を演じていくのか楽しみです。

 

まとめ

 

貫地谷しほり主演の医療系ドラマが4月から始まることが決定いたしました。

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~というタイトルで医師たちの成長や葛藤がわたり放送されます。医療といえば町医者にかかったりして多く接する方も多いかと思います。

年齢を重ねると病院に行く回数も増え、病院では手術を受けた方も多いかと思います。

そんな医師たちにも多くの葛藤や苦悩を抱えているのはよくドキュメンタリーや記事といったもので取り上げられているかと思います。

そんな葛藤や苦闘をドラマ化されており、医師の成長や感動といった医師をやっていて良かったと思えるような瞬間も含めて大河ドラマにも出演したことのある貫地谷しほりさんが熱演することになっています。

また病院をサービス業と捉えている委員長は患者様プライオリティーをモットーにしているので問題も多く抱え時にはモンスターペアレントまで発生してしまう環境が病院には存在しています。

そんな病院の現状をリアルに捉えたドラマとなっているので、医師たちの日常を理解することもできます。

医師たちの葛藤や苦闘を見てその後の成長ややりがいまで細かく演じてい
るのでぜひともディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜を観て楽しんでみてください。
ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜は、悩みを抱える女性医師たちの物語ということなのでおもしろそうだなと思いました。

モンスターペイシェントや医療訴訟など、リアルなことが悩みになっているところも良いなと思います。

特に、モンスターペイシェントはどうするべきだと結論が出るのかが気になります。
医療やサービスで患者様なのか、それともサービスではなく医者が施してあげるものなのかという論争には終わりがないと思います。

患者の方も、自分の命がかかっているからこそ、なんとかして欲しくてモンスターになってしまうんだろうなと感じました。

主人公には執拗に嫌がらせをしてくるモンスターペイシェントがいるそうだけど、どんな病気の人なんだろうかと気になります。

先生に嫌がらせしたって自分の病気が良くなるわけでもないのに、精神的にも危ない人なのかなと感じました。

この患者を田中哲司さんが演じるというのも楽しみです。

この患者様に主人公の先生がどうやって向き合っていくのかに注目したいなと思います。

また、医療訴訟を起こされてしまっている女医もいるというのも衝撃です。

本当に医者側にミスがあったのかや、患者側の言い分などを聞いてみたいなと思いました

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ディアペイシェント