TV

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画フル無料(テレビ)地上波視聴/再放送

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画フル無料(テレビ)地上波視聴/再放送

 

2020年7月21日21時からフジテレビで『映画「今日も嫌がらせ弁当」【地上波初放送!主演篠原涼子!不器用な母娘の感動作】』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今日も嫌がらせ弁当/見逃し配信動画フル無料テレビ視聴/再放送
 

今日も嫌がらせ弁当 /番組内容

 

生意気でも、反抗期でも、あなたが娘でよかった。 東京都の島・八丈島。海の青と山の緑が美しい。 そんな島に住む高校生の娘を持つシングルマザー。母と娘の2人暮らし。 高校生になって反抗期を迎えた娘。 「無視されたり、返事をしなかったりといった態度にカチンときて、仕返しの意味を込めて始めた」のは手作り弁当だった。母は「嫌がらせ弁当」と名付け、娘の高校3年間、「キャラ弁」を持たせた。 仕事で遅く帰った日も、お酒をたくさん飲んだ朝も、お弁当を作り続けた母。 愛情たっぷりの母のメッセージに、抵抗しながらも、次第に深まっていく母娘の愛情。ゆっくり流れる八丈島の時間の流れの中で、日本中の高校生が経験する「反抗期」を愛情いっぱいに包み込んでゆく。

 

今日も嫌がらせ弁当 キャスト

 

篠原涼子  芳根京子  松井玲奈  佐藤寛太  /  佐藤隆太

 

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画みどころ

 

篠原涼子演じるシングルマザーが、反抗期真っ只中の娘を相手に繰り広げる母親と娘の愛情バトルです。

どんなに無視されても、いらいらさせられても、感謝されなくても、毎日毎日お弁当を作り続けます。

面と向かっては穏やかに話せない親子が、お弁当をコミュニケーションツールとして、成長し絆を深めていきます。

母親が、娘の心を開き、伝えたいメッセージを語りかけ続ける姿に、胸が熱くなります。

忙しい生活の中でも、娘と一生懸命向かい合い、眠い目ををこすりながら、ユニークなお弁当を作り出していく母親の愛の素晴らしいさが、コミカルな目線で描かれています。

時には可愛く、時には気持ち悪く、そして時には教訓的ですらあるお弁当のアイデアも見る人を飽きさせない展開に引きづり込んでくれます。誰にでもある十代の不安定で、自分でもどうしようもなく、もどかしくいらいらする気持ちも良く描かれています。その娘も毎日のお弁当を日々を過ごし、成長しながら母親の気持ちを受け止められるようになっていきます。八丈島の美しく、癒される雰囲気の中で繰り広げられるひとつの家族の愛情と成長の記録は多くの人の共感を呼ぶ作品であること間違いなしです。

元々『ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ』というブログに綴られていたもので、エッセイとしても多くの発行部数を記録した、実話に基づいたお話です。

高校生になると同時に反抗期となった娘と、それに対して手作りの「嫌がらせ弁当」で反撃した母娘の3年間の物語とのこと。

その「嫌がらせ弁当」の内容が、愛情がたっぷりと詰まった「キャラ弁」なところが面白いですね。シングルマザーで仕事を抱えながらも、毎日欠かさずそんな弁当を作り続けるお母さんと、反抗期で無視したり、生意気な態度を見せながらも、そんなお弁当を持って登校し続ける娘。

とても面白そうな母娘の関係ですし、母親役を篠原涼子さん、娘役を芳根京子さんが演じていることも見るのがとても楽しみです。

自分の反抗期がどうだったのか?母親はどのように対応してくれたのか思い出しながら見てみたいと思います。

また舞台が、東京都に属しながら、都会とは無縁の太平洋上の孤島八丈島であるところもユニークです。島に暮らす人々の生活がどのように描かれているのか、注目しながら見てみたい映画ですね。

 

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画みんなの感想

 

面白そうな所は、娘に嫌がらせとしてキャラ弁を作る所です。

お弁当を開けた時にキャラ弁だと最初は、驚くけれどそれでも時間をかけてキャラ弁を作ってくれた愛情も感じますね。

この嫌がらせ弁当の話が、ブログで話題になった時にキャラ弁で娘に対抗するのが、かわいらしいなと思いました。

怒っている気持ちは、伝わるけれどキャラ弁をみてつい笑ってしまいそうになりますね。
ほっこりする親子の物語だと思います。

すごいと思う所は、どんなに疲れていてもお弁当を作り続けた所です。

今日ぐらいは、コンビニでお弁当を買ってきてと思う日もあると思いますが、そんな時でもお弁当を作り続けた所に娘への深い愛情を感じます。

舞台が、八丈島なので景色も楽しみです。

主演の篠原涼子さんもお子さんが、いるので主人公の娘を想う気持ちに共感したと思います。
反抗期をむかえる娘とどう向き合うのか家庭によっていろいろあると思いますが、キャラ弁でコミュニケーションをとるというユニークな方法もあるんだなと思いました。
どんなキャラ弁が、登場するのかも見どころですね。

キャラ弁のクオリティーは、どんどん高くなっているので芸術的なキャラ弁も登場しそうです。
娘は、キャラ弁に対してどんな反応なのかも楽しみです。

 

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画

 

今どきのお母さんはキャラ弁が当たり前のいまの世の中ですごく大変な思いをしているんだろうなと思っていたのですが、こういう使い方も出来るんだなと思ってくすっと笑ってしまいました。

反抗期とはいえどお弁当とかご飯とかは親に頼ってしまうのでそういう点でコミュニケーションがとれるなと考えたのは素晴らしいなと思いました。

シングルマザーと一人娘というのは他に逃げ道がなく喧嘩しがちなところもあると思いますが、寄り添って歩いて行かなければいけないと思うのでこういうのがきっかけであれどまた話したりするようになったらすごくいいなと思いました。

私は高校時代は親とは離れて暮らしており、自分でお弁当を作っていたし誰にも見られないし自分が食べるだけだったので母に作ってもらえるお弁当が羨ましいなと思いました。

私も反抗期真っ最中で母と離れて暮らしている上に喧嘩が三年くらい続いてほとんど口をきいていなかったので気持ちがわかるしお弁当を作ってもらっていたらもっと早くに仲直りできていたのかなと思いました。高校生で反抗期を迎えている子や愛情が足りていない子がいたら絶対見てほしいなと思いますし私も観たかった映画なのでとても楽しみにしています。

どこにでもいるような、反抗期の年頃の娘の扱いにイライラしつつも悩む母親。そのイライラを娘にぶつけるのではなく、お弁当にぶつけるという行動に出た理由が気になるところです。

イライラして子供との関わりを投げ出したり、お弁当を作らないことは簡単ですが、決して母親としての関わりは諦めず、仕返しといいつつも、そのお弁当には手間ひまをかけ、愛情を込め、どこかでちゃんと見守っている、そんな母親の深い愛情を感じます。

そして、反抗しつつもお弁当から母親の気持ちや愛情をしっかり娘が感じ取る姿や、不器用ながらに母親に歩みよっていく娘の心の成長も楽しみです。

また、八丈島が舞台となっているので、自然の美しさや人々の穏やかな姿も見どころだと思います。

親子の関係が希薄になってきていると言われている昨今。親の忙しさから、学校におけるお弁当文化も薄れ、給食や仕出し弁当、食堂などある学校が人気になってきています。

そんな今だからこそ、この物語が親子の時間の大切さ、親がお弁当を作ってくれるありがたさやそこに込められた気持ち、いつか巣立っていく子供に費やせる時間の儚さを今一度実感させてくれる作品なのではないかと思います。

実力派女優として注目されてる芳根京子さんがどう反抗期を表現するのか、実生活ではお子さんがいらっしゃいますが、今までの役柄から母親イメージより自立した女性のイメージの強い篠原涼子さんが、年頃の娘に奮闘する母親役を演じる姿も楽しみです

 

まとめ

 

—まず主演の篠原涼子ですが、若いときよりも結婚や出産を経験し年齢を重ねた今のほうが好きです。

私だけでなく、世間的にも同性からの好感度は上がっているのではないでしょうか。記憶に残っているのは一匹狼の刑事役をしたドラマです。

難しい役ですがはまり役だったと思います。今回はまた全然違う役柄のようです。

今回の作品の原作はAmebaブログからのエッセイで、異例の大ヒットだったようです。

実話に基づく母娘の感動の物語ということで、ヒューマンドラマや家族ドラマに弱い私としては非常に気になるドラマです。

東京都の八丈島を舞台に、高校生の娘と暮らすシングルマザーを篠原涼子が演じます。

反抗期の娘の態度に腹を立てた母親が、仕返しの意味で手作り弁当を始めるという設定に発想が面白いと思いました。手作り弁当=愛情だったりするので、逆の作らなくなるというパターンはあっても、手作り弁当が仕返しになるとは…。

その弁当は「嫌がらせ弁当」とネーミングされ、娘は高校の3年間に「キャラ弁」を毎日持たされました。「仕事で遅く帰った日も、お酒をたくさん飲んだ朝も、お弁当を作り続けた母」という番組紹介文を読んだだけで、グッときました。

3年間かけて深まっていく愛情を想像しました。涙なしには見られそうもありません。

—『映画「今日も嫌がらせ弁当」』の面白そうな点などについて書きます。思春期の頃の女子は厄介な生き物です。親に対して生意気な言葉を放ったり、横柄な態度を取ったりします。私も思春期の頃は手負いの獣並みに両親を、かなり傷つけた黒歴史のような思い出があります。

きっと難しい年頃を持つ親御さんは皆さん苦労されているのではないでしょうか。そんな反抗期真っ只中の高校生の娘を持つ母親役に、篠原涼子さんが演じられるということなので、とても楽しみです。

篠原涼子さんといえばクールな役柄のイメージしか無かったので、反抗期の娘と弁当で対抗する母親役を篠原涼子さんがどんな風に演じるのか気になります。

弁当作りは面倒な作業だと思っているのですが、篠原涼子さん演じる母親は、毎日作って娘に持たせるなんて大変なのに、キャラ弁を作り続けたという行動力が素晴らしいと思います。なので、映画の中でどんなキャラ弁が出てくるか楽しみです。

もし、自分が弁当を作ることになったら参考にしてみたいです。

キャラ弁を高校3年間作り続ける母親から、意地というより愛情を感じられます。

おそらく、娘にも伝わっていることだと思いますが、娘が高校を卒業する時にどんなことを母親にいうのか気になります。さらに、自然豊かな八丈島の景色を堪能できるのも、この映画の良さだと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

今日も嫌がらせ弁当(見逃した)配信動画