TV

聖なる巡礼路を行く(動画)見逃し配信/無料視聴/再放送神秘のヨーロッパ 絶景紀行

聖なる巡礼路を行く/動画/見逃し配信/再放送(巡礼地]神秘のヨーロッパ 絶景紀行

 

2020年7月24日21時からNHK総合で『神秘のヨーロッパ 絶景紀行「聖なる巡礼路を行く~カミーノ・デ・サンティアゴ~」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

神秘のヨーロッパ 絶景紀行聖なる巡礼地見逃し配信動画再放送
 

神秘のヨーロッパ 絶景紀行 /番組内容

 

キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅「サンティアゴ巡礼」。中世に始まったこの旅が、今一大ブームとなっている。最先端の8Kカメラを用いて美しい風景と巡礼者たちを撮影し、その全貌に迫る。南フランスのル・ピュイ・アン・ヴレイから、聖地の大聖堂まで全長1500キロ。神への祈りをささげながら歩く巡礼者たちは、何を思い、なぜ徒歩の旅に踏み出したのか?その答えを求めて西に向かう。

 

神秘のヨーロッパ 絶景紀行 出演者

 

語り
武内陶子

 

神秘のヨーロッパ 絶景紀行聖なる巡礼路を行く/動画/見逃し配信/再放送(巡礼地]みどころ

 

キリスト教の聖地とも色々とあるわけですが、特にかなり壮麗な建物などが建っていたりするところは別にキリスト教徒でなくても美しいと感じられるのでそれらを見ることができるというのがとても嬉しいことです。

キリスト教の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指す旅で、サンティアゴ巡礼ということであり、フランスからスペインを巡礼していく巡礼者たちの感動の物語ということで、その美しい風景などを最新式のカメラを用いて撮影していてどんな巡礼になるのかというのを見るということになりますが、これはさすがにあまりにも長い道のりであり、多くの感動する場面やトラブルなどに見舞われるだろうことは何となく予想できますのでそれが楽しみです。

長さにして1500kmという非常に長い巡礼の道を進む巡礼者たちは神の神への祈りを捧げながら、一歩一歩その歩みを進めていくことになるわけですが、その徒歩の旅の中で巡礼者たちは何を思うのか、自分自身の内側にどのように語りかけていくのか、巡礼の旅のラストはどのような感じになるのかというのは知りたいところです。

絶景、ということでとても景色がよさそうなのは純粋に楽しめるところだと期待しています。

サンティアゴ・デ・コンポステーラと言えば、スペインのガリシア州にあって、イエスの使徒の1人である聖ヤコブの遺骸が祭られているために、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教の三大巡礼地に数えられている町です。

そんなサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路は世界文化遺産にも登録されています。今回はそんな「サンティアゴ巡礼」を徒歩で行うそうで、南フランスのル・ピュイ・アン・ヴレイから1500キロもの長距離を、神への祈りを捧げながら歩き、美しい風景と共にお送りするとのこと。

日本にも同じく世界文化遺産に登録された熊野古道が存在しますし、四国八十八ヶ所を巡る「お遍路」も外国人観光客を呼び集めるほどの人気ぶりです。

ヨーロッパでも、この「サンティアゴ巡礼」がブームとなっているそうで、どのような文化的背景があって巡礼が行われているのか?一般人も大いに参加しているのか?などいろいろと興味深いと思います。

祈りを捧げる巡礼者の内面も気にかかるところですが、旅の途中でどんな人に出会い、どんな景観を見ることになるのか、いろいろと楽しみの多い番組ですね。-

—-巡礼という行動は、聖地を巡る旅に身が引き締まる思いを味わうことができるのではないかと考えています。

最近では、ドラマなどのロケ地を巡る行為に対しても聖地巡礼なんて言葉が使われていますが、このカミーノ・デ・サンティアゴはさらに次元が上の聖地だと思っています。

どちらかといえば、お遍路さんに近いのではないでしょうか。お遍路さんも、皆さん願いを持ち巡っています。

実は私の父も急に仕事を辞めたかと思ったら友人とお遍路に行ったことがあります。

仕事も辞めてお遍路いってどうするのかと当時は心配したものですが、帰ってきたときには晴れやかな表情になって、あっという間に再就職してしまったので、当時驚いたことを思い出します。

なので個人的には、巡礼という行為は行う人に何らかの精神的な意味を与えてくるのではないかと思っています。

巡礼を果たした人間だから分かること、見えることがあるのでしょうか。

とくにキリストの人が行うサンティアゴ巡礼には深い意味が込められているように思えます。

聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを徒歩で目指すという行為は途方もない時間と労力を必要とすることです。

それでも踏み出す人には、それなりの理由があるのではないかと思っています。

巡礼をする人の動機も気になりますが、8Kカメラで美しい風景が撮影されるのも気になります。どんな風景が見られるか楽しみです。

 

神秘のヨーロッパ 絶景紀行聖なる巡礼路を行く/動画見逃し配信再放送あらすじ

 

面白そうな所は、サンティアゴ巡礼をしている巡礼者達の物語を観れる所です。

徒歩で巡礼をするという事なのですが、その距離が、1500キロというのが、すごいですね。

車でもかなりの距離なので徒歩だとすると途方もない距離だという事が、分かります。

フランスからスペインまでを徒歩で歩く事になるので途中で疲れてしまう巡礼者もいると思います。

何日かにかけて巡礼してもいいのなど巡礼についての紹介も聞いてみたいです。

中世時代にも巡礼している人達が、いるという事で歴史を感じます。

中世時代の巡礼者も1500キロの道を徒歩で歩いたと思うと感慨深いですね。

徒歩での巡礼旅が、ブームになっているので世界中から巡礼者が、来ている様子も観てみたいです。

8Kカメラで絶景の景色を観れるのも楽しみです。

ヨーロッパの街並みは、ロマンティックですね。

フランスとスペインの両方の国の絶景を観れるのも楽しみです。

巡礼者たちが、なぜ徒歩での巡礼をしているのかも知りたいです。

巡礼をしようと思った理由や実際に徒歩で巡礼してみてどう感じたのかなど知りたいです。

1500キロの道をじっくりと歩く事にも意味が、あるのかなと思いました。

徒歩でスペインにたどり着いた巡礼者たちの姿も観てみたいです。

 

巡礼路を行く/動画/見逃し配信/再放送(巡礼路を巡礼地]ストーリー

 

中世から始まっいるサンティアゴ巡礼ですが、巡礼者との触れ合いや、最先端の8Kカメラを用いて美しい風景と巡礼者たちを撮影しているところが非常に楽しみにしています。

最近なかなか世界の風景を見ることが少なくなっていましたので。

この番組をみて感動できればいいなと思っています。

全長1500kmの旅になっています。この間でどういう物語があるのか?

そして巡礼者は何を思い、なぜ徒歩の旅に踏み出したのか?とても興味深い番組なんだろうなと思います。サンティアゴ巡礼路は世界遺産でもあります。

歴史のある巡礼路です。

1時間の特集が組まれている番組ですが、風景を見ながら満喫したいなと思います。

こういうような絶景紀行がもっともっと放送されれば良いなと自分は思っています。

海外には憧れもありますし、なかなか行くチャンスもないですが、こういう番組を見ることによっていろいろと吸収できるものは吸収をしたいと思っています。

なので、今回の番組にはとても期待をしたいと自分は思っています。

—日常に追われてつい忘れてしまいがちなことですが、私たちには知らない世界がたくさんあります。

というよりも、知らない世界のほうが広いのだと思います。

日本国内でさえ行ったことのない土地が多いのに、それが世界規模だとどうなるのでしょう。知らない世界を見られる、行った気持ちになれるという点で、私は世界旅の番組が好きです。日常を忘れ、自分が世界を旅行しているような気持ちになれるからです。

この番組ではキリスト教徒の聖地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指して徒歩で旅をする「サンティアゴ巡礼」にせまります。

なぜ徒歩で?フランスからスペインという長い距離を…とも思えますが、これはただの旅行ではないからです。

巡礼者たちにとっては神聖な儀式か試練のようなものではないでしょうか。

この長い旅路で、自分の内面と向き合うことで何かが変わるのかもしれません。

それはきっと体験した人にしかわからないのだと思います。

しかし、このサンティアゴ巡礼がブームになっているのだとか…。

キリスト教徒にとっては神聖な巡礼がブームというのも少し違和感があります。

彼らはどう感じるのでしょうか。そして、ブームになる背景にはどのようなことがあるのでしょうか。今を生きる人たちが求めているものが、サンティアゴ巡礼にあるのでしょう。

私もこの番組を見ながら、自分の内面と向き合う努力をしてみようと思います

まとめ

 

国営放送が宗教の話を取り上げていいのかってはじめ不思議に思いました。個人的には宗教という団体に対してあまりにも悪い印象があり、かかわりたくないところがありました。

しかし、信仰している人が自分たちの内側から見つめなおして、巡礼地をめぐるという誰にも迷惑をかけないスタイルでいく姿を追っていくドキュメントというか特集のような雰囲気も感じるので一つの考えとしてこういう人たちもいるんだ、信仰者ってこういう風に進行していてこんな風に活動しているんだという姿を客観的にみられるのはいいかなって思います。

ストーリーテラーはNHKのトップアナウンサーこと、武内陶子さんと、声優の森川智之さんのお二人、どちらもキャリア、実力ともに最高峰の優しい語り口調で巡礼者たちの姿を追うことができそうです。

にしても、カミーノ・デ・サンティアゴって都市の名前は聞いたことがありません。

普通の都市のように聞こえるけれども、しいったいどんなことがあって聖地といわれるようになったのかなどのこれまでの経緯みたいなものもヒストリー的な感じで紐解かれるのでしょうか。

3週にわたって再放送の予定ということで、いい情報収集の場になりそうな予感です

。——1,500kmを徒歩で巡礼ですか。まー確かに昔はそれが当たり前でしたし日本でも修行のためにお坊さんが巡礼をする

。巡礼と言うのは信仰する神様は違えどどこも共通なんですね。確かに車だと手軽に行けますが、自転車や徒歩でないと気づかない風景がたくさんあるのも事実です。そうゆう様々な風景を観ながら自分の内面と向き合う。

とても理想的な話ですがさすがに1,500kmともなるとすごいなを通り越して大丈夫なのかな?と心配になる気持ちになっています。

人達は美味しそうにワインを囲んでいます。

巡礼とは言いながらもちゃっかり観光も楽しみながら巡礼しているんですよね。

それが今と昔の大きな違いでしょうか。
ただ幾ら一大ブームになっているとはいっても軽い気持ちでは参加できないですよね。

一度参加したらリタイヤなんて絶対に許されないだろうし参加するにはそれ相応の覚悟も必要なのではないかと思います。

この番組は観光の美しさや巡礼者達のこの巡礼をするきっかけも興味がありますが、やはり無事1,500km歩けるのか。

ハラハラドキドキしながら見なければならない面も出てくるのでしょう。とにかくみんなが無事にゴールできるよう今から祈っています。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

巡礼路を行く/動画/見逃し配信/再放送(巡礼地]聖なる神秘のヨーロッパ 絶景紀行