バラエティ倉庫

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/見逃した/動画配信再放送無料視聴7月28日

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/見逃した/動画配信再放送無料視聴7月28日

 

2020年7月28日22時からNHK Eテレで『先人たちの底力 知恵泉選▽戦後復興 原爆の地に勇気と希望を!広島カープの奇跡』が放送されます

 

見逃した方放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/動画見逃し配信再放送無料視聴7/28
 

先人たちの底力 知恵泉 /番組内容

 

昭和20年8月6日、原子爆弾によって灰じんと化し、75年間は草木も生えぬといわれた広島。その復興のシンボルとして誕生した、広島カープ。昭和24年、カープは、県や市など自治体などの出資で、親会社を持たない市民球団として設立された。原爆の地に勇気と希望を!その思いとは裏腹に、資金難で、当初から解散の危機に立たされた。カープはいかにして復興のシンボルとなったのか?カープを作り、支えた人々の奇跡の物語!

 

先人たちの底力 知恵泉 出演者

 

二宮清純,中井美穂,広島大学平和センター教授…川野徳幸,

司会
新井秀和

 

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/動画見逃し配信再放送無料視聴7/28ストーリー

 

この時期になると、戦争体験や終戦について考えさせられます。

若いころよりも歳を重ねるにつれて余計に考えるようになり、こういう番組を興味と尊敬をもって見るようになりました。

昭和20年って、大昔のようで、祖父母が生まれていた頃なのでそれほど昔でもない。

と考えると、ますます身近でそのぶん恐ろしいということを思いながら、本当に戦後の復興から尽力してくれた方々のおかげで今があるのだと思うこともできるし、頑張らなければいけないな。と自分を鼓舞する力にもなります。

今身の回りで起こっていることも、戦争に比べればなんてちっぽけな。と思って頑張ることもできるのではないか。

とか。

自分だけではなく、自治体も市も県も一丸となって、どれだけ大変だっただろう。と思うと同時に、この広島カープという市民球団を設立することこそが励みになって、頑張れたのだろうな。と想像します。

資金難で解散の危機があったなんていうことは知らなかったので、どんな人が何を思って、どんな思いで広島カープを支えて、そして、そのおかげで今の広島カープがあるのだという、原点から歴史を知りたいと思います。

奇跡の物語って、どんな奇跡だったのだろう。と非常に気になります。

広島カープは原爆の地、広島で復興のシンボルとして人々の希望を支えけん引してきました。

市民球団として始まり、資金難に苦しんだ中で当初から解散の危機に立たされていたが、いかにして軌道修正を図ったのでしょうか。

夢や希望、アイデア溢れる取り組みは、震災復興や現在の新しい生活様式に翻弄される我々にとっても一見の価値があります。

市民の皆さんや球団関係者の人情味あふれるドラマや底力、知恵が必ず見るものに感動を与えることでしょう。

放送時間は22時00分~22時45分となっており、一息つく夜にじっくりと復興していく様を見たいものですですね。

過去の先人たちも悩みを乗り越えたくましく、現在へと繋げてきたそんな様子が垣間見えると思います。

どんな時代も、人々が力を合わせ知恵を出し合えば、大きな希望、勇気に変わる。

そんなことを学べたら良いですね。中高年のビジネスパーソンだけでなく、自分たちに照らし合わせて幅広い年代に見て欲しい番組です。

明日へのヒントが隠されていると感じます。

どんなことにも過程があり、結果がある。現在はこれほど生活の中に浸透している広島カープの誕生秘話がドラマでみることができます。

これを見逃したらもったいないですよ。

 

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/動画見逃し配信再放送あらすじ

 

プロ野球の球団にはそれぞれ球団ごとに異なる誕生のエピソードや歴史があります。

自分が応援している球団の歴史を知るのは楽しいですし、ますます愛着も湧いてきます。

どの球団のファンであるかに関係なく、12球団ある中で誕生のエピソードや歴史を最も知っておいた方が良い、球界のみならず日本の全体の歴史と大きく関わっている球団が広島カープではないかと思っています。

と言うのも広島カープの誕生は単に球団が誕生するというだけではなく原爆が投下された街で投下してそれほど時間がたっていないタイミングで計画が持ち上がり誕生したからです。この番組は再放送なので見た記憶があるのですが、広島カープ誕生に関する番組の中ではこれまで見てきたどの番組よりも詳しく深く丁寧に紹介されているので言ってみれば最初から最後までが全て注目点と言っても過言ではありません。それほど見入ってしまいましたし、もう1度ぜひ見てみたいという気持ちになっています。

戦争直後はとてもではありませんが我が町にプロ野球の球団をという余裕は恐らく殆どの人が持てなかったと想像します。

まして傷を莫大に負った広島なので余計そうだったと思います。

だからこそ、どれほど困難を乗り越えてきて誕生にまで至ったのかがどれほど奇跡的な事が積み重なってきて成しえたものだったというのが余計に伝わってくると思いますし、誕生に関わった当時の人の熱い想いをしっかりと心に刻む事ができたらと思います。

 

先人たちの底力/知恵泉/広島カープ/動画見逃し配信再放送ストーリー

 

司会は新井秀和さんがされ、二宮清純さん、中井美穂さん、広島大学平和センター教授の川野徳幸さんが出演されます。

内容は広島カープについてです。昭和20年8月6日に原子爆弾が広島に落とされました。

これは今後も記憶から消えないし、消してはいけない事柄だと思います。

その原子爆弾の影響が続く、昭和24年に復興のシンボルとして、「広島カープ」が誕生しました。

「広島カープ」は県や市、自治体などの出資で、親会社を持たない市民球団として設立されましたが、今なおそのイメージは強いと思います。

また、チーム名のカープは鯉からきています。

鯉は出世魚であるし、鯉のぼりは躍進の姿、太田川は鯉の名産地で、広島城が鯉城と呼ばれていることなどから、広島のチームはカープ以外には考えられないと名付けられました。

そんな市民から愛される「広島カープ」ですが、近年では2014年のユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた「カープ女子」という言葉があるように、人気が急上昇しています。

世間でも非常に注目されている「広島カープ」の番組が今回あるため、とても楽しみにしています。

 

まとめ

 

広島カープが復興の象徴とされていたとは知りもしませんでした。

ここ数年、カープ女子という言葉があるように広島カープはけっこう流行っていて、注目されているチームなので、歴史的な視点で深掘りするのもいいかもしれませんね。

10年前までリーグ万年下位チームという印象でしたが、ここ数年は成績も良く、女性ファンも増えて観戦者動員数も増え、ノリに乗ってる印象です。

S20年に被曝、S24年にチーム設立ということですので、戦後すぐという感じですよね。

被曝から4年でチーム設立まで至っているところにも驚きですし、練習場所や選手はどうやって工面したんでしょうね。

何もないところから作り出すのは本当に大変なことです。

除染もされていないでしょうし、球場もどうしていたのか、気になりますね。

資金繰りについては、下部チームではよく聞く話ですね。

資金が足りず解散したチームは山のようにあるかと思います。

広島カープは、良い意味で変動の大きいチームですから、そのルーツや考え方のところを放送してくれたら嬉しいですね。

ただし、市民球団は中々ないようですね。

プロ野球ですと、どこもスポンサーとなる親会社が必ず入っているようです。

広島カープも実際は、自動車会社のマツダと、グッズ販売のカルピオが実権握ってる感じのようですね。

広島県人がこぞって応援する広島カープは設立当初から難題にぶつかりながらも市民に助けられてここまできたらしいです。

原爆が投下されて今後草木がはえることがない土地になりかけていた絶望の中、広島の復興のシンボルとして誕生した広島カープの軌跡をたどりながらそれにかかわった人々の奇跡を振り返ります。

市や県などの行政の資金から発足した広島カープは作ったものの、タブ重なる苦難に見舞われます。

資金が底をつき、資金集めに苦慮を強いられながらも母体を持たない市民球団からほかの球団と肩を並べて戦えるまでになった球団の力とは、いかにして広島県人が全力応援したくなるアイサあれる球団になったのでしょうか。

自分が応援したい球団がなく、よくテレビで見ている読売ジャイアンツに注目しているので広島カープってどんな魅力があるんだろうとなんとなく頭の片隅にあったぐらいでこれといったいんしょうがありません。

でも、地元の人からしたら広島カープという存在は歴史を重ねているんな魅力で人を引き付けている球団だったのかもしれません。

今まで知らなかったアンテナを張っていない分野について誰かがまとめた特集を見て知るってお手軽で、話のネタを見つけるのにとてもいいと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

先人たちの底力 知恵泉