nhk

NHKスペシャル 渡辺恒雄/読売新聞/動画,見逃した配信/巨人軍/ナベツネ/再放送/無料視聴/8月29日

NHKスペシャル 渡辺恒雄/読売新聞/動画,見逃した配信/巨人軍/ナベツネ/再放送/無料視聴/8月29日

 

2020年8月9日21時からNHK総合で『NHKスペシャル「渡辺恒雄 戦争と政治~戦後日本の自画像~」』が放送されます

 

見逃した方、動画配信を見たい方、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/無料視聴/8月29日
 

NHKスペシャル 渡辺恒雄 /番組内容

 

70年にわたり戦後政治の表と裏を目の当たりにしてきた読売新聞グループのトップ・渡辺恒雄氏、94歳。今回、映像メディアによる初めてのロングインタビューが実現した。証言から浮かび上がるのは、歴代首相の“戦争体験”が、戦後日本に与えた影響である。戦争の記憶が薄れゆく戦後75年目の日本。戦後日本が戦争とのどのような距離感の中で形作られ、現在に何をもたらしているのか。渡辺氏の独占告白から立体的にひも解く。

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄

 

読売新聞グループ本社主筆…渡辺恒雄,作家…保阪正康,東京大学名誉教授…御厨貴,

リポーター
大越健介,

語り
加賀美幸子

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/ /8月29日みどころ

 

久しぶりナベツネさんのお姿を拝見して、94才とは思えないくらい元気で眼光も現役そのもので、とてもお元気なのに驚いたのと、ご自身の戦争体験もそうですが、マスコミ、メディアとしての立場からその当時から現代に至るまで、いろんな政治家と関わってこられて、改めて太平洋戦争で日本が負けた中身と、当時どのような政治が行われていてのか?天皇陛下がどう絡んでいたのか?

戦争の現場とはまた違う修羅場を経験されたであろうナベツネの話はとても興味深く、ナベツネさんが語らなければ、他に語り継がれることはないような話もたくさん出てくるのでないかとも思います。

私は阪神ファンなので、本来ナベツネさんは好きではありませんが、政治にしてもメディアとしても、そして財界にしても、表も裏も知り尽くしているナベツネさんが、もちろんテレビで話せることに限りはあるのだろうけど、それでも自社のテレビ局ではなく、あえてNHKに出場されて話されるということは、語らないといけない内容で、今後の日本がとるべき行動のヒントが隠されている、そんな気さえする貴重な番組だと確信しています。

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/ユーザーレビュー

 

渡部恒雄氏といえばいつもマスコミに対しフレンドリーな対応をされない、少し強面の方、という印象があるので、独占インタビューという点で大変興味を持ちました。また、彼を見かける場面は大抵野球リーグの話題のときや、選手の進退に関すること、巨人軍優勝又は敗北の時、という印象が強いので、今回野球とはまったく関係のない、戦争と政治というテーマで一体何が語られるのか、という点も非常に楽しみなポイントです。

現在95歳とのことで、戦後75年が経った今、戦争戦後当時のことをありのまま語り継いでくれる世代の方はだんだんと少なくなっていく一方です。

そんな中で、当時二十歳前後だった渡辺氏の率直な戦争への想い、戦争中や戦後に見てきたもの、体験して来られたことを、独占インタビューという形でたっぷりと語ってもらえることは、戦争をほとんど知らない若い世代の人たちにとって、大変勉強になる貴重な機会だと思います。

教科書やテレビ映像でしか教えられて来なかった世代にとって、その時代を生き抜いた人の、そしてさらに今でもなお活躍をされている人の話を聞けるというのは、どんな授業よりもためになると思います。また戦争だけでなく、政治の話も交えてのお話ということで、また違う目線の当時の話も聞けるということで大変楽しみにしております。

御年94歳になる”ナベツネ”こと渡辺恒雄氏と言えば、一般的にはプロ野球の読売ジャイアンツ(巨人)のオーナーの印象が強いですが、読売新聞グループ本社主筆という巨大新聞社のトップとして長年君臨している人物であり、1950年に読売新聞社の記者となって以来、70年にも渡って日本政治の表と裏を目の当たりにしてきた人物です。

その影響力は非常に大きく、メディア界のドンと称され、また政界への影響力も大きいフィクサーとしても知られてきました。

その渡辺恒雄に対する映像メディアとして初めてのロングインタビューが実現し、戦争との距離感の中、戦後日本はどう形成されたのかを問うたそうですが、浮かび上がってきたのは歴代首相の“戦争体験”が、戦後日本に与えた影響についてだそうです。

戦後75年目を迎えた今年、戦争体験を有する人間もごくわずかな高齢者だけとなっています。

戦争の記憶をどう受け継いでゆくのかについて、この渡辺恒雄氏の独占告白を通して考えたいと思います。

また歴史的にも非常に貴重な証言が得られそうで、後世の歴史家にとってもためになる番組となることに期待したいですね。

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/ 8月29日視聴感想

 

読売新聞グループ本社代表取締役であり「ナベツネ」という愛称で知られる渡辺恒雄さんが、自身が体験した戦争についてや戦争が終わってからの日本の歩みなどについて詳しく語るという内容は、とても貴重なインタビュー映像となりそうで、見る前から注目してしまいます。

戦後日本の政治に深く関わってきた渡辺恒雄さんだからこその独自の鋭い視点や意見、そして自身が実際に体験してきた戦争の実情をインタビューとして語ってくれるということで、戦争を知らない人たちの胸にも刺さるような内容の番組は、日本人として絶対に見なければならないと思います。

94歳の渡辺恒雄さんは戦中、戦後を経験してきた貴重な人物であるのに加え、新聞記者としての顔を持っているということで、日本の戦争観についての変化や歴史についての深い見識や意見を忖度なしではっきりと語ってくれるだろうインタビューは、とても興味深くて今から気になってしまいます。

戦後75年となり、戦争を経験する人たちも少なくなってきた現代だからこそ、渡辺恒雄さんのように実際に戦争を体験しながら、日本の政治にも深く関わってきた人物のインタビューはとても貴重で、どの世代の人も見るべき番組だと思います。-

 

まとめ

 

渡辺恒雄氏は、94才の今も読売新聞の主筆として、ジャーナリズムの世界に君臨しています。今回の番組は、NHKが約1年がかりで渡辺恒雄氏にインタビューを重ね、そのなかで渡辺恒雄氏が政治記者として経験したことを語ってくれたことから得られた言葉を通して、戦争を経て戦後の日本の政治について、渡辺恒雄というジャーナリズムの巨人がみたものを伝えてくれます。

インタビューを行ったのは、大越健介キャスターです。

大越キャスターは、ラジオ番組で今回のNHKスペシャルについて語っています。「戦争、なかでも戦場を経験した人達が持つ、体験を基にした話には力があるように感じます。戦場を経験した政治家やジャーナリストの中には、『戦争を再びしてはならない』という共通認識のようなものが与野党を越えてあったと思います。

渡辺恒雄氏は、憲法改正について、戦争を経験した者が憲法改正に取り組めば、戦争の悲惨さを踏まえた改正ができたかもしれないとも語ったそうです。

ニュースでは、アメリカの若者たちには、原爆を投下すべきではなかったという意見に賛成する人が多数派であることが報道されていました。

日本はミサイル防衛で敵地攻撃を検討しようとしています。ジャーナリズムの巨人の言葉を通して、もう一度過去の政治家についてアーカイブしてみるときだと思います。

 
NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/無料視聴/8月29日pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

NHKスペシャル 渡辺恒雄/動画,見逃し配信/再放送/無料視聴/8月29日