nhk

高校球児へ 最後の晴れ舞台/見逃し配信/動画/再放送無料視聴まとめ

高校球児へ 最後の晴れ舞台/見逃し配信動画/再放送無料視聴まとめ
 

2020年8月10日8時15分からNHK総合で『#高校最後の夏だから 球児たちの晴れ舞台(1)』が放送されます

 

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台/動画/見逃し配信再放送無料視聴まとめ
 

高校球児へ 最後の晴れ舞台 /番組内容

 

高校野球・夏の甲子園大会が中止になり、大きな目標を失った球児たち。彼らのために全国各地で独自大会が用意され、熱戦が繰り広げられている。「最後の晴れ舞台」に臨む球児たちの思いとは?NHK全国ネットワークを駆使して、知られざる物語を発掘。応援団や吹奏楽部など支える高校生たちも紹介する。スタジオにかつての甲子園のヒーローや高校野球ファンのタレントが駆けつけ、球児たちにエールを送る。2日連続の生放送。

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台 出演者

 

司会
佐藤隆太,

出演
桑田真澄,佐々木久美,

アナウンサー
副島萌生

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台/動画/見逃し配信みどころ

 

 
別の形でスポットライトがあればいいなと思っています。

特にプロを目指していたり大会注目の選手はどんな選手なのか知りたいですし、プロ野球界のスターになるかもしれない存在をいち早くチェックしてみたいです。

物語とあるのでドラマチックな番組になるかと予想していますが、感動かたくさんあると注目しています。

各地方大会は行われていても目指している全国大会がなくなってしまったという事態は前代未聞なので、どんな心境だったり葛藤があったのか知りたいです。

また、出演者は俳優で自身も野球少年だった佐藤さん、そして桑田さんなど野球にまつわる有名人が多くそろっています。

特に甲子園で活躍した桑田さんからの言葉は球児たちにとって慰めではなく希望になると思うし、ゲストたちのあたたかなコメントにも着目したいです。

逆に、佐藤さんは甲子園に出場したかったけれど叶わなかった過去を持つので、境遇は違えど今年の甲子園球児たちの悔しさに共感して、素敵な言葉をかけてくれるのかもと期待しています。

コロナの影響で軒並み学生スポーツは中止になってしまったため、悲嘆に暮れている高校生も多いことでしょう。

100年以上の歴史を誇る高校野球も春の選抜に続き夏の全国大会も中止になってしまいました。何とか都道府県大会が開催されたので、よかったのではないでしょうか。

高校野球は部員数が13万人ほどいるようなので、3年生は大体4万人以上と推測されます。

最後の舞台がないと、軟化踏ん切りがつかなかったり、目標を失うことになるので、大会開催は喜ばしいことです。途中でやめていった部員もいるようなので、複雑な心境です。

高校野球は、近年では応援団や吹奏楽部も注目されるようになってきました。

そういった方々の注目の舞台がなくなってしまうのは非常に嘆かわしいです。

高校時代は3年間しかないので、1度中止になってしまうと、非常に多くの犠牲を生みます。何とか来年度以降は開催していただきたいものです。

甲子園以上に野球を愛することと言っていた指導者がいました。

確かにそうなのでしょうが、3年生にしてみれば葛藤があるのは当然のことだと思います。

揺れ動く心の中をうまくとらえた番組になっていることを期待しております。競技者が減らないことを切に願いたいです。

 

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台/動画/見逃し配信再放送ファンの声

 

2020年の高校野球は春の選抜、夏の甲子園大会ともに中止となる異例の年となってしまいました。

春の選抜出場予定だった学校は甲子園で1試合だけとはいえ、試合を行うという救済措置が取られましたが、夏の大会で甲子園出場を目指す学校にとっては絶望的な決定が下ってしまった形です。

現在は各都道府県で甲子園出場には直結はしていないけど、独自での大会を行っています。

この各都道府県での独自の大会というのは多くの高校球児にとっては救いがある決定だとは思うのですが、勝ち上がっても甲子園はない中で、彼らがどんなモチベーションで試合をしていくのが最大の見どころだと言えます。

個人的には少し失礼な言い方かもしれないですが、実力的に甲子園出場がはるかかなたという学校の部員たちは自分たちがどこまで勝ち進めるのかというのを試す機会がある独自大会に全てを賭けることができると思います。

ただ実力的にしっかりしたものがあるいわゆる甲子園出場の有力校の選手たちがどういうモチベーションで戦いを見せてくれるのかというのは興味がある部分です。

特に甲子園出場を夢見て地元の親元を離れて野球留学をした選手たちはどんな気持ちになったのかなどは見てみたい部分ですね。

またスタジオゲストに自身が高校生時代に圧倒的な実績を甲子園で残したレジェンドである桑田真澄氏が高校球児たちにどんなエールやメッセージを送るのかというのも興味深い点です。

正直な話、今年の高校生たち以外はすべて甲子園出場を目指して予選を戦ってきた大人たちばかりですので、この桑田氏や指導者の方たちが今年の球児たちにどんな言葉をかけてくれるのかは非常に興味がある部分です。

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台/動画/見逃し配信視聴者の声

 

毎年行われていた高校野球、甲子園大会。もしかしたら国民的行事と言っても過言ではないかもしれません。

関係者はもちろんですが、一般のひとでさえその開催を楽しみにしている人も多いと思います。ある意味、日本の夏の風物詩です。

照りつける夏の太陽の下、汗を流す高校生球児たち。そしてグラウンドで声援をおくる応援団や観客たち。毎年見慣れた風景でした。

しかし、今年はそれが見られませんでした。

球児たちはどんな気持ちだったのかと想像すると、胸が痛みます。

一年間を、もしかしたらそれ以上の時間を甲子園での活躍のために注いできたかもしれません。

当たり前ですが、一生のうちで甲子園に立つための挑戦は最大でも3回しかチャンスがありません。

特に3年生にとっては…最後の挑戦だったのに。私だったら、その悔しさや憤りをどこにもっていけばいいのかわかりません。

状況を考えて仕方ないと頭ではわかっていても、報われない努力や時間を考えると…言葉になりません。そして、高校野球には関係するひとが大勢います。

そのひとりひとりがこの大会中止に心を痛めていると思います。

球児たちに「最後の晴れ舞台」を用意するのは球児たちの為なのはもちろんですが、自分たちの為でもあると思います。

球児たちと同じくらい無念な気持ちがあると思います。

彼らの思いが少しでも晴れますように。報われますように。願っています。

-今年はインターハイや甲子園がなくなってしまって、特に3年生にとっては残念な年になってしまったと思います。しかし、球児たちのためにかわりの大会ということで晴れ舞台が用意されたことは本当に良かったと思います。

本当であれば甲子園をして欲しかったですが、何もないよりは全然いいですよね。

この高校球児へ最後の晴れ舞台という番組は何度かに分けて放送されるそうです。

全国の色々な高校のドキュメントが放送されるものと思われます。

甲子園ではなくても球児たちは本気で勝負をしていると思います。

だって最後の晴れ舞台ですからね。司会を務めるのは野球のドラマにも出演していた俳優の佐藤隆太さんです。佐藤さんは野球が趣味であり、自身も高校時代は甲子園を目指して野球部で活躍していたということです。

なので今年甲子園に行けない球児たちの辛い気持ちというのは凄く分かるのではないでしょうか。

この番組の中では甲子園を目指していた子たちの知られざる物語を紹介するということです。吹奏楽部のみんなも紹介してもらえるのがいいですね。

私も中学生の頃ですが、野球部の応援を吹奏楽部で何度も行いました。ルールは分からなくても勝って欲しいという気持ちでやっていました

甲子園のヒーローや高校野球ファンの芸能人が球児たちにエールを送るのもいいですね。中止になったけど特別に夏になったことは間違いないと思います。

 

まとめ

 

今年は全国の高校野球大会がないということで高校野球ファンである私はとても悲しく思っていましたし、ファン以上に球児たちがなにより悔しかったんだろうなと思っていました。

今年はテレビで高校球児の青春をみれないのかなと思っていたのですごく悲しかったのですが、こういう特別番組とかで取り上げてくれるのはとても嬉しいしありがたいなと思いました。

高校球児の試合もいいんですけど、その裏側に隠されている監督との約束だったり球児の気持ちとか両親への思いとかを取り上げてくれる番組が毎年好きで、試合とかよりもそういうところに注目していたのでこういう番組を待っていました。

球児たちもすごいのですがあの炎天下の中で、絶対太陽に負けるような楽器を持っている吹奏楽部のみなさんもすごいしかっこいいなと思っていたので、そこに注目してくれる番組があるのはとても嬉しかったです。

毎年頑張って練習してあの炎天下の中でじっと立って演奏しているのはすごく大変なんだろうなと思っていました。すべての高校球児の応援をしてくれる番組かなと勝手に思っていますし、高校生が青春を満喫している姿がしっかり見れるのはとても楽しみではやく見たいなと思っています。

高校野球史上初めての春夏全国大会の中止となり、全国的に気持ちが沈んでいた最中、甲子園での交流試合が決まりとても嬉しく思っていました。

私にとって高校野球は、自分も高校時代携わってきた大事な思い出でもあり、今でも毎年球児たちと同じように一喜一憂して観ている大切なものです。

「高校球児へ最後の晴れ舞台」は、その今年発揮出来なかった注目の選手をどうまとめて放送してくれるのかとても楽しみです。

司会が佐藤隆太さんなのも好きな俳優さんなので注目だし、桑田さんのコメントやどんなことを言うのかが気になります。

例年やっていた熱闘甲子園でもそうですが、私たちが試合のみ観戦するのと違い、その裏にある知られざるエピソードや選手たちの境遇や思いを知る事で、高校野球の魅力がグッと深まります。

初めて観るチームでも、その選手を少しでも知る事でつい熱を込めて応援している、ということもよくあります。

私は和歌山県に住んでいて、昨日終わった県の代替試合ではセンバツ出場を決めていた智辯和歌山が優勝しましたが、今年の智辯和歌山もとてもレベルの高いチームに仕上がっていて、本来ならトーナメント戦を観たかったというのが本音です。

他にも、全国の注目選手のいるチームや伝統校の魅力を、いっぱい放送してもらえるようにと期待しています

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

高校球児へ 最後の晴れ舞台/動画/見逃し配信再放送無料視聴まとめ