nhk

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 /動画/見逃し配信フル 無料視聴再放送まとめ

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 ,/動画/見逃し配信, 無料視聴再放送まとめ
 

2020年8月10日18時5分からNHK総合で『“Play Hard”でいこう 福島・磐城 球児たちの誓い』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 動画,見逃し配信,再放送無料視聴まとめ
 

“PLAY HARD”でひとつに~磐城高校野球部~ /番組内容

 

たび重なる試練、監督からもらった言葉が支えだった。「PLAY HARD」。福島県立磐城高校野球部。台風被害、46年ぶりにつかんだセンバツの中止、監督の突然の異動。いま部員たちは、こんどこそ最後の夏を完全燃焼させようと、白球を追っている。受験か部活か、野球か野球以外か、さまざまな葛藤を抱えながら…。

未曽有の経験、多感な高校生たちは何を感じる?甲子園交流試合の初日、球児たちの等身大のドキュメンタリー!

 

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 動画,見逃し配信,再放送みどころ

 

選抜に選ばれたのに中止になり、夏の高校野球大会も中止。

この高校と同様に選手のモチベーションを保つのはどこの高校も大変だったと思います。

この学校は全国47都道府県の選手の代表として取り上げられていると思うのですが、この選手たちの想いはどこの高校も一緒なのではないでしょうか。

野球が終われば大学受験や就職活動みんなそれぞれ別々の道を歩むことになります。

3年生はもう野球どころではなくなるのは必至です。この番組は野球ファンや磐城高校の関係者の方たちもそうですが全国の高校球児が絶対に見るだろうと思います。そして自分達の思いを共有するでしょう。もし、コロナウィルスが落ち着いたら卒業前にどこか別の県の高校と交流試合をしてみるというのもありだと思います。

もちろんこれは私個人の意見ですがこの番組を見て野球部員、特に3年生はもう一度マウンドに立ちたい。という思いが強くなるのは必至です。

だからこそ、NHKでもどこでも良いので最後の交流試合の企画を作ってほしいなと思います。選手たちの新たな思い出になるし、そしてそれをテレビで放送すれば視聴率は爆発的に良いのは間違いないです。

——磐城高校はセンバツ高校野球大会では21世紀枠での選出だったと思いますが、福島県と言えば全国屈指の強豪、聖光学院がいます。

聖光学院を倒さなければ、甲子園出場は果たすことができないので、普段は非常に厳しい環境にあると想像します。

そんな中転がり込んだセンバツ高校野球大会選出でOB、学校関係者、保護者の方々も大いに喜ばれたと思いますが、センバツ高校野球大会選出のわずか1ヶ月に大会がコロナウィルスの影響で中止されることが決定しました。関係される方はさぞ落胆されたことと思います。

この時の選手、保護者がどのような心情だったのかがとても興味深いものがあります。

自分だったら憧れの舞台への出場が決まっていたので天国から地獄へ落とされた気持ちになり、何もする気にはなれないと思います。

親の立場で考えても何て声を掛けて良いか、また子供が何もやる気にならないのではないかと心配すると思います。

また、センバツ出場のチームを作り上げた監督が4月に異動することになりました。

センバツ高校野球大会が予定通り開催されていれば、甲子園で指揮をとったことになります。

今年の磐城高校の一連の出来事はドラマみたいな内容なので、甲子園での交流試合決定後の選手、保護者、監督の心情もとても楽しみです。-

—高校生球児たちの目標でもあり、大人たちもその開催を心待ちにしていた甲子園。その甲子園が戦後初めて中止になるという異例の事態は人々の心を戸惑わせたと思います。中止のニュースは大きなショックを受けたのですが、高校球児たちの悔しさを考えると更に苦しさが募ります。そんな状態のなかで頑張っている、福島県立磐城高校野球部がこの番組の主役となるようで、彼らたちがどのような苦難を乗り越えようとしているのかを知ることができるのではないでしょうか。

46年ぶりにようやく掴んだセンバツが中止になってしまったり、台風の被害を受けて練習が出来なくなったり、そして信頼していた監督が突然の異動を余儀なくされてしまったりと、あまりにも過酷な試練が彼らを襲っていたという事実はあまり多くの人が知るところではないと思います。しかし、この番組で特集を組まれることによって、まだ高校生の彼らが抱えるにはあまりにも大きな試練を背負って、どんな思いで挑まれていたのかを知ることができるのではないかと期待しています。

彼らが取り組んでいた甲子園交流試合までの道のりをドキュメンタリーでお届けしてくれるということなので、青春を精一杯生きている彼らの活躍を見て勇気をもらうことができるのではないかと期待しています。

 

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 動画,見逃し配信,再放送あらすじ

 

—この番組では、磐城高校野球部について取り上げられます。46年ぶりに甲子園の舞台に立てるかと思っていたのに中止となっただけでなく、台風被害や監督の移動と辛い出来事が重なりすぎていて、この番組内容を読んでいても心が張り裂けそうです。

甲子園の醍醐味は高校球児の精神力で左右される試合展開です。

それは、高校球児のメンタルが安定していないからともいえます。そんなメンタルが安定していない高校球児が度重なる試練に耐えられるのか個人的にはとても心配で思わず番組を見たくなってしまいました。

大人でも、これだけのことが重なれば嫌気が指すと思います。野球を続けるのかそれとも野球以外の道を選ぶのか、彼らがどんな答えを出して未来に進むのか、この番組を通して見守りたくなりました。

そんな高校球児が迎えた甲子園交流試合の初日にどんな風に試合に挑んだのか興味があります。

勝ってくれたら視聴者的には嬉しいですが、万が一負けたとしても一生懸命に戦いに挑む姿は素晴らしいことだと思います。

そんな輝く磐城高校野球部部員の活躍する姿を楽しみにしたいと思います。

—-実は私高校野球のことは全く無知なのですが、この番組が放送されるのは凄く嬉しいです。なんせ磐城高校は地元の有名な高校です。私が子供の頃は男子校だったのですが、現在は共学になっています。

けど甲子園に強いということもあり、やはり男子からの人気が高い高校でもありますね。

そして偏差値がいわき市内では一位二位を争う程の進学校でもあるのです。いわ高と地元では呼んでいるのですが、いわ高に行きたければ相当な努力をしなければならず、誰でも入学できるような学校ではありません。

そんな期待をされていた野球部なのですが、今年は甲子園も中止になってしまい特に3年生などは可哀相だと思います。また、このドキュメントは半年を追っているということです。

監督との別れもあったみたいですね。信頼していた監督がいなくなってしまうのと凄くダメージもあったと思います。

去年の台風19号はいわき市でも死者が出るなど甚大な被害を受けました。私の友人や知り合いなどでも被害を受けてしまった方がいます。恐らくいわ高の生徒さんの中にも被災した子がいるのではと思います。辛いこともあるかも知れませんが幸せになって欲しいですね。

 

PLAY HARDでひとつに 磐城高校野球部 動画,見逃し配信,再放送みんなの感想

 

その一つ、磐城高校野球部にスポットを当てていて番組内容に書かれている台風被害や監督の異動とまっすぐに仲間たちと白球を追いかけて1つでも勝利を掴みたい球児たちには厳しい現実が突きつけられているんだなと感じました。

野球を取るか、受験を取るのかとまた違う現実があり、若い彼らにはどちらも大事にしてほしい、でも両方を取ることは難しくどちらか一方を取るにしても何か心残りができそうですが、彼らが何を選び、何を掴むのかそして、何を得たのかが気になり、注目しています。

この経験が磐城高校野球部の球児たちを大きく成長させてくれると感じますし、その他の似たような悩みを抱えた高校球児たちにもいい刺激になる番組だと思います。

「PLAYHARD」という言葉が、どんなにきつくても仲間と全力で何事にも取り組めば道が開かれるという意味に捉えましたが、球児たちにぴったりの言葉だと感じ、離れてしまうことになってしまった監督と球児たちの心の絆が垣間見える素晴らしいメッセージに感じ、ますます視聴が楽しみです

-福島県立盤城高校野球部は2020年の春の選抜に出場が決まっていました。

ところがその46年ぶりの出場が決まっていた選抜大会が中止になってしまい、地元は台風の被害を受け、おまけに監督が辞任するなど激動の時を過ごしてきた盤城高校野球部を取り上げたこの番組は見どころが多すぎると言えます。

盤城高校野球部は県内でも有数の進学校としての顔もあり、今年のような特別な年でなくても野球か勉強かなどで悩む部員が多くいそうであり、それだけでも面白い番組になりそうな感じがあります。

それに加えてこれだけのことがある盤城高校野球部は出場予定だった春の選抜での試合を夏に行うことになります。福島県には13年連続で甲子園出場を果たしている聖光学院という私立の強豪校の存在もあり、福島県独自の大会では8月3日に準々決勝での対戦がありました。

残念ながら盤城高校は4対2で敗れてしまいましたが、この福島県の絶対王者の聖光学院は仮に最後まで勝ち抜いても甲子園出場はありません。一

方の盤城高校野球部は中止となった春の選抜大会の甲子園での交流試合にこれから臨んでいきます。こういったライバル校から見た視点からでもこの盤城高校野球部をどんなふうに見せてくれるのかが今から待ち遠しくなってしまうような番組だと思います。

 

 

まとめ

 

-PLAYHARD”でひとつに~磐城高校野球部~というドキュメントが放送されます。

“PlayHard”という言葉ですが、思い切り楽しめという意味がこめられているそうです。

監督からこの言葉を支えに磐城高校野球部のみんなはずっと頑張って来たということです。言葉っていいですね。凄く良い監督さんなんだろうなと思います。

こういう励ます言葉をかけてあげるから球児たちも逆境の中にいても諦めたくないという気持ちを持つことが出来るのだと思います。

しかし、そんな素晴らしい言葉を贈ってくれたいい監督が異動になってしまったというのは本当に辛いことだと思います。

私は野球のルールも知らないような人間ですが、この番組を見たら感情移入をしてしまうかも知れないですね。なんせ磐城高校は地元の高校です。

いわ高という呼び方で親しまれている偏差値も高く頭のいい生徒たちが集まる進学校でもあります。

この子たちも甲子園を目指して頑張っていたと思います。

それなのに感染症や台風、信頼していた監督の異動など試練が重なりますね。

でも絶対に負けないで欲しいと思います。離れてしまった監督もきっと彼らのことを忘れることはないと思います。みんな頑張って欲しいです。

今回の番組は、全国の高校球児にとても元気を与える内容だと思います。

高校生活は、たったの3年間しかありません。その3年間で沢山の経験を得てほしいのですが、今回ばかりは、全国的にとても辛い状況になっています。

もちろん、野球に専念していた高校球児にとっての夢は甲子園に出ることです。

高校生にここまでの試練を与えるのは本当に悲しいことですが、この磐城高校のとても前向きな考えは素晴らしいことだと思います。

きっとこの番組を通して、これだけ辛くても頑張れば良いことがあるということを教えてくれると思います。また、親として高校生がどんな感情をもっているのかという事を知ることも注目して番組を見ていきたいです。

また、高校球児を見ていると、とても元気・勇気をもらいます。それはきっと大きな目標に向かって頑張っているからだと思います。

高校球児の憧れの甲子園球場46年ぶりに出場できることは、きっと何十年たっても記憶に残る素晴らしい思い出になるはずです。

どんな試合内容になろうとも、地元はじめ、全国の高校野球ファンに感動を届けてくれることと思います。是非、この磐城高校のドキュメンタリーの放送を楽しみに待ちたいと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

“PLAY HARD”でひとつに~磐城高校野球部~