バラエティ倉庫

終戦75年スペシャル/第1部/動画/第2部/見逃し配信/女性たちの8・15/無料視聴まとめ

終戦75年スペシャル動画第1部/第2部/見逃し配信/女性たちの8・15/無料視聴まとめ
 

2020年8月15日14時からTBSテレビで『終戦75年スペシャル第1部・女性たちの8・15 第2部・綾瀬はるか「戦争」を聞く』が放送されます

 

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

終戦75年スペシャル第1部/動画/見逃し配信/女性たちの8・15/無料視聴まとめ
 

終戦75年スペシャル /番組内容

 

[第一部] 関口宏が女子高校生とともに「女性たちと戦争」を考える。女性たちが経験した戦争の現実とは? 終戦の日の前日に「日本は負ける」と知らされた女性アナウンサー、特攻に志願した17歳の少女、そして満州で集団結婚式を行った「大陸の花嫁」…。 戦争に翻弄された彼女たちの証言に、令和の女子高校生は何を感じるのか? [第二部] 10年にわたって多くの戦争体験者から証言を聞いてきた綾瀬はるか。 日本人が忘れてはならない4つの日を中心に、これまでの取材を振り返るとともに、貴重な“戦争の記憶”を語ってくれた方々にリモートで再会する。 差別を乗り越え、証言を続ける被爆女性の覚悟。そして長崎の爆心地で撮影された少女の写真に秘められた物語。 コロナ禍でも戦争を語り継ぐ意味とは?

 

終戦75年スペシャル 出演者

 

関口宏、綾瀬はるか

 

終戦75年スペシャル第1部/動画/見逃し配信/女性たちの8・15/みどころ

 

女性と戦争と言えば真っ先に映画『ひめゆりの塔』を思い出します。沖縄で怪我をした兵士の看護をする学生として動員された女子学生です。そんな中でもアメリカ軍からの襲撃にあい、女子学生たちは撃たれて亡くなったり、毒ガスで精神を病んでしまったりします。

あまりにも悲惨なので、観たことを後悔したくらいでした。若くはありませんが、私も綾瀬はるかさんと同じ戦争を知らない世代です。

知り合いのお母様と動物の話をしている時に「戦時中は食べる物がなくて、犬や猫を食べたの。

犬は美味しかったけど、猫はすっぱくて美味しくないの」と言っていました。

子供たちの集団疎開もよくドラマで見ました。

子供たちは不安でたまらないし、母親は心配でたまらない。

どうして親子を離すようなことをしたのだろう、本当に良いことだったのかと思います

。薬だと砂糖をもたせたお母さんもいました。お母さんが恋しくて泣いてる子供もいました。青年未満少年以上の男子は特攻隊になったり、人間魚雷になったり、オンナは命を懸けて子供を産めと言われました。戦争をすることを決めて、命令だけする立場の人はー人としての心を失っていましたね。

『ひめゆりの塔』を観て「観なければ良かった」と後悔した私ですが、観なければそう思うほどのことを知らなかったので、やっぱり観ても良かったのだと思います。

是非、戦争をしている、戦争を肯定している国の人たちにも観て貰いたい番組ですね。

 

終戦75年スペシャル第1部/動画/見逃し配信/女性たちの8・15/あらすじ

 

毎年終戦記念日の前後には、様々な戦争にまつわる番組が放送されていて、今回の番組もその一種と言えそうですね。

番組は2部構成になっていて、第1部は関口宏さんが司会を務める「女性たちの8・15」。
戦争の話になると、戦場で戦って命を落とした兵士たちがクローズアップされがちで、実際日中戦争から太平洋戦争にいたる一連の戦いによって、戦死・戦病死した旧日本軍の軍人・軍属は230万人にも達すると言われています。

しかし、一見戦場とは無縁な女性たちも、本土では空襲に遭ったり、銃後で苦労を重ね、あるいは何らかの事情で海外へ赴いて戦闘に巻き込まれるなどし、多くの人数が命を落としています。

そんな女性たちが経験した戦争の現実を、当事者の証言を集めて取材したそうです。

そして第2部は、女優の綾瀬はるかさんによる「『戦争』を聞く」で、これまでTBSの企画で、戦争体験者たちの声に耳を傾け、その平和への願いを伝えてきた綾瀬はるかさんが、再びリモートで彼らに再会して、貴重な話を聞き出すことになりそうです。

戦後75年を迎えて、残された戦争体験者がごく少なくなってきた現在、その貴重な体験を、教訓として後世へどう伝えてゆく

 

終戦75年スペシャル第1部/動画/見逃し配信/女性たちの8・15/みんなの感想

 

戦争では多くの兵士が犠牲となりましたが、女性の犠牲者も大勢いました。

愛する夫や子どもと再会できないまま、命を落とした彼女たちのことも忘れてはなりません。

女性たちが経験した戦争とは、どんなものだったのでしょうか。

75年だって初めて明らかになった秘話を聞きながら、当時の女性たちの思いを考えたいと思います。第2部では、広島出身の綾瀬さんが出演者します。

彼女はこれまで60人以上の戦争体験者から話を聞き、平和への願いを伝えてきました。

今回はその取材を振り返りながら、戦争の記憶を語ってくれた人々とリモートで再会します。2013年に取材した神戸美和子さんは原爆投下の2日後に、助産師が瓦礫の中で赤ちゃんを取り上げた話に感銘を受けたそうです。

その後自らも助産師になることを決意した神戸さんは、現在82歳になられたそうです。

助産師として多くの命と向き合ってきた神戸さんは、戦争についてどんな思いを抱いているのでしょうか。

2012年には、長崎で被爆した龍智江子さんを取材しました。

現在90歳となり入院中の智江子さんにかわり、ご家族が綾瀬さんの取材に応じじてくれました。

今年ひ孫が誕生したという智江子さん、平和への思いを若い世代にも、しっかり伝えたいと願っているはずです。戦争は経験した方にとって、語るのもつらい「記憶」だと思います。

しかしそれは、多くの人が知るべき「大切な記憶」でもあります。

戦争について語ってくれる方の気持ちや、願いをしっかりと受け止めながら話を聞きたいと思います。

 

まとめ

 

終戦75年スペシャル第1部・女性たちの8・15 第2部・綾瀬はるか「戦争」を聞くの放送が終戦の日に放送がされるということです。

この番組は一部と二部に分かれているということで、一部では関口宏さんが司会を勤めて、二部に綾瀬はるかさんが登場するということだそうです。

綾瀬はるかさんの戦争を聞くはNEWS23のコーナーでもおなじみですよね。
今年も放送されているのを見ました。

なんと早いもので、もうこのコーナーは10年も担当されているということです。

でも最初は2005年にやっていたということで長く担当されているのですね。

広島県出身の女優さんだからこそ出来る番組でもあると思います。
今年のテーマは戦争と女性ということです。

戦争では多くの男性が戦地に派遣されて犠牲になったという印象がありますが、女性たちも多く戦争に翻弄されてきましたよね。
まだまだ私も知らないことだらけですが、戦後75年経って初めて明かされる話も放送するということです。
つまり今まで語りたくなかった人たちが口を開いたということなのかも知れないですね。

一部では戦争で命を落とした女性たちの話などを放送するということです。

本当に苦しいなと思います。だから戦争孤児もたくさんいたのでしょうね。

今の時代に生まれた私たちは本当に幸せです。
戦争のことはずっと語りついでいかなくてはならないです

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

終戦75年スペシャル第1部/動画/見逃し配信/女性たちの8・15/無料視聴まとめ