バラエティ倉庫

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール/見逃した動画,配信2020無料視聴(再放送)

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール/見逃した動画,配信2020無料視聴(再放送)

 

2020年8月16日15時からNHK Eテレで『第48回ローザンヌ国際バレエコンクール16』が放送されます

 

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信無料視聴(再放送)
 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信無料視聴(再放送)/番組内容

 

若手バレエダンサーの登竜門「第48回ローザンヌ国際バレエコンクール」決選の模様を山本康介さんの分かりやすい解説と実演ワンポイント・レッスンも交えてお送りします。
番組内容

若手バレエダンサーの登竜門「第48回ローザンヌ国際バレエコンクール」決選の模様を山本康介さんの分かりやすい解説と実演ワンポイント・レッスンも交えてお送りします。決選には日本人の松岡海人さんを含む21人が出場。それぞれが得意の踊りで入賞を目指します。未来のトップ・ダンサーたちが繰り広げるフレッシュで情熱あふれる演技をたっぷりとお楽しみください。司会は中川安奈アナウンサー。

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 出演者

 

解説
バレエダンサー/演出家/振付家…山本康介,
司会
中川安奈

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信みどころ

 

ローザンヌ国際バレエコンクールといえば、バレエに詳しくない人でもしっているコンクールタイトル。

私はバレエに詳しいわけではないですが、有名なコンクールがテレビで見られるのは嬉しいですね。

出場者は15~18のバレエダンサー。

キャリア形成への足掛かりとなる大きなコンテストです。ローザンヌ賞をとったダンサーは留学・研修が無償になる上に、生活支援金も渡されるので、よりいっそうバレエに力を入れることができます。

したがって、プロや入団が決まっている方はコンクールを受けることが出来ない為、プロのバレエダンサーとして成功する能力がある人が勝ち上がっていくという胸の暑くなる展開ですよね。

夢があります。

今回の決勝は21人。それをローザンヌ国際バレエコンクールの解説者としてお馴染みの山本康介さんの解説と共に見られるのはとても嬉しいです。

実演ワンポイント・レッスンもあるそうなので、バレエではどんなことを気を付けているのか?どこにポイントがあるのか?を知れることも楽しみにしています。

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信みんなの感想

 

優勝したモナコ王立プリンセス・グレース・アカデミーに所属しているマシャーリさんのバレエはとても綺麗でしたが、2位のアヴァ・アルブックルさんもとても凄かったです。素人目にはわからない解説を期待しています。

-*世界中の若手のダンサーの登竜門で、スイスのローザンヌで行われているコンクールです。
プロとしての実績がなく、バレエ団に入団する予定のない者が挑戦出来ます。

ここで結果を残すことが出来れば、今後のダンサーのキャリアに多大な影響を与えるので、それぞれが今までの練習の成果を発揮しようという強い強い思いで挑んでいる、とても熱気のあるコンクールです。最近では菅井円加さんが一位に入賞し、現在はドイツのハンブルクバレエ団で日本人初のプリンシパルとして大活躍されています。

以前、ニュースでこのコンクールで入賞した菅井さんのことを知り、そこから注目していました。

私はバレエ経験は無いのですが、プロダンサーの中村祥子さん、上野水香さん、高田茜さんは名前はよく知っています。

皆さん、日本を代表する現在も活躍されているプロのダンサーさんです。

このコンクールの過去の受賞者に載っていて、やはり実力のあるダンサーはこの路を通るんだなと実感しました。

また、コンクールの凄いところは入賞者は将来が約束されているのは周知のことだが、逃した者にも若手だからか、今後のバレエ学校や留学の相談の機会があるので、ダンサーの育成にとても力をいれている印象があります。–

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,ファンの声

 

-世界的にも有名なバレエのコンクールとして知られている「ローザンヌ国際バレエコンクール」。才能ある若手発掘のためのコンクールとしても知られています。

過去に日本人で賞を受賞したダンサーといえば熊川哲也が有名でしょう。

彼は1989年に最優秀特別賞、事実上の一位を受賞。その後、主にヨーロッパを中心に活躍をし、2000年代からは日本に活動の拠点を移し、今のバレエを伝えています。彼がやった功績として、バレエを一般の人達に認知を拡げた事があります。

もちろん日本を代表するダンサーではありますが、彼のキャリアが始まったのは、このローザンヌのコンクールからです。

また、今でも毎年日本人のダンサーがこのコンクールに参加し、数々の賞や評価を得ています。

今回で第48回を迎える同コンクール。今時のバレエがどのような感じなのか。そうは言っても、古典芸能の基礎というのも入賞には加味されます。

その辺が今どうなのかが興味深いところです。

また、若くフレッシュな演技をヨーロッパで活躍経験のある山本康介が当番組で解説してくれるようです。

広い意味で今やダンスというのは小学校でも授業で取り上げられていますが、ヒップホップに代表されるストリートダンスではなく、技術に裏付けされたバレエの世界を窺い知る良い機会だと思います

 

まとめ

 

。—この番組では、若手バレエダンサーの登竜門である「第48回ローザンヌ国際バレエコンクール」決選の模様が紹介されます。

さらに、バレエダンサーであり演出家や振付家でもある山本康介の、分かりやすい解説や実演ワンポイントレッスンも含まれていますので、バレエ初心者でも勉強になるし楽しめると思います。もちろん、バレエを見るのがただ好きなだけ、という人も…。

コンクール決選には、日本人の松岡海人さんを含む21人が出場します

。若い彼らの将来がかかったこのコンクール、熱い意気込みを感じます。

私は幼少期にバレエを習っていましたが、バレエ一筋というよりはフィギュアスケートの延長で、演技の表現力や柔軟性を高めるためでした。

だから、彼らとはレベルが全く違いますが、日々の鍛練の重要性はよくわかります。

大事な晴れ舞台で日々の努力の成果を出しきれるでしょうか…。こちらまで緊張してきそうです。近年では、芸術的なスポーツの分野での日本人の活躍が増えました。

一昔前は日本人は欧米人に比べると体格も劣り、表現力も不足していました。

でももう今は時代が違います。

のびのびと実力を発揮してもらいたいと思います。

もし今回のコンクールが失敗に終わっても、彼らの未来は明るいと思います。

フレッシュで情熱的な若きバレエダンサーたちの躍りを堪能しようと思います。

 
第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

第48回ローザンヌ国際バレエコンクール 16 動画,見逃し配信