バラエティ倉庫

誰がための放影研/動画/見逃した配信/再放送/無料視聴8月22日まとめ

誰がための放影研/動画/見逃した配信再放送無料視聴8月22日まとめ

 

2020年8月21日27時5分からフジテレビで『誰がための放影研<フジバラナイト FRI>』が放送されます

 

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

誰がための放影研/動画/見逃し配信再放送無料視聴8月22日まとめ
 

誰がための放影研 /番組内容

 

広島市内を一望する小さな山の上にある放射線影響研究所、通称「放影研」。放射線が人体に及ぼす影響などを調査する研究機関だ。その事業費は日米両政府で折半されていて、日本は厚生労働省、アメリカは核開発などを行うエネルギー省の所管となっている。被爆者の平均年齢が82歳を超える現在、放影研がたどってきた歴史を知る人は少なくなっている。その前身はアメリカが1947年に設立した原爆傷害調査委員会。略称の「ABCC」と呼ばれてきた。アメリカは原爆を実戦で使用する以前から、放射線が人の身体に影響を与えることを把握。そして広島・長崎に原爆を投下後、長期的な影響調査を行うため設けたのがABCCだった。ここでは、被爆者の検診や遺体の病理解剖が行われ、膨大な数の血液や尿のサンプルが収集された。しかし、被爆者が望んだ“治療”は行われなかった。戦勝国が敗戦国を調査すること、それは被爆者を「科学の目」で見ることであり、被爆者をいわば「モルモット」として扱ったことはヒロシマの人々に大きな怒りと悲しみを与えることになった。番組では、ABCCの検査によって心に深い傷を負った被爆者の証言や、放影研で働く研究員、放影研の最高意思決定機関の議長を取材。放影研は誰のために、何のために存在したのか。被爆者を70年以上見つめてきたこの研究機関の過去から現在までの歩みを振り返るとともに、これからのあり方について考える。

 

誰がための放影研 出演者

 

ナレーション
衣笠梨代(テレビ新広島アナウンサー)

 

誰がための放影研/動画/見逃し配信視聴者の声

 

放影研という聞き慣れない言葉は、広島市内を一望する小さな山の上にある研究機関「放射線影響研究所」の略称だそうです。

この放影研は、放射線が人体に及ぼす影響などを調査する研究機関だそうで、日米両政府が共同で運営しているということですが、その調査の対象は、1945年に広島に投下された原子爆弾による被爆者たちだそうです。

前身もアメリカが1947年に設立した原爆傷害調査委員会、略称「ABCC」と呼ばれてきた機関だそうで、原子爆弾投下前から放射線が人の身体に影響を与えることを把握していたアメリカ政府が、被爆者を対象に、放射線の長期的な影響調査を行うために設置されたとのこと。

被爆者の検診や遺体の病理解剖が行われたそうですが、それは治療とは言えないもので、ある意味人体実験の対象となった被爆者たちにとっては大きな怒りと悲しみを与える結果となったようですね。

番組では、この放影研の過去から現在のでの歩みを取材した上で、今後この機関はどうあるべきなのか考えるそうです。

個人的には、消せない過去の事実は重く受け止めた上で、収拾された科学的なデータを、生存している被爆者の治療に役立てると共に、同じような放射線障害の被害に苦しむ人々の治療に活用するべきではないかなと思いますね。

 

誰がための放影研/動画/見逃し配信再放送無料視聴8月22日ユーザーレビュー

 

広島は原爆が投下された場所として有名ですが、その土地に放射線影響研究所があったことを今回初めて知りました。

通称「放影研」と呼ばれている施設ですが、放射線が人体に及ぼす影響などを調査する研究機関だということなので、たしかにそんな施設が日本に有ってもおかしくないと感じました。

ただ、番組内容を見ていると腹立たしさは感じてしまいます。

今回の放送では、実際に施設で検査を受けたことによって傷ついた被爆者の切実な証言が聞けるのも具体的に施設の実情を知るきっかけになりそうで楽しみです。

さらに、放影研で働く研究員や、放影研の最高意思決定機関の議長を取材するということなので、その点が良いと思いました。

被爆者の声聞くのも大事ですが、施設側の話も聞けるのは両方の立場の人たちの話を聞けるので良い取材だと思います。

物事を知るためには、片方だけの話を聞くのは何か違うような気がします。

そういった意味でも正しい取材だと感じました。

今まで知らなかった放影研について、この番組をきっかけに理解しようと思います。

 

誰がための放影研/動画/見逃し配信再放送無料視聴8月22日みんなの感想

 

この時期になると、戦争の悲惨さをニュースやテレビで拝見します。

もちろん、広島県と長崎県への原子爆弾に関しても同様です。

今の時代を生きる私達には、あまりに戦争や原子爆弾からはかけ離れた生活をしており、その当時に何が起こっていたのか、原子爆弾を投下する事でどんな影響があるとアメリカ側は考えていたのか、そして被爆者がどのような影響を受けているのか。

分からない事だらけです。東日本大震災の時にも、福島県の原発問題が起こった際に被爆する事で人体にどんな影響が出るのか、あまり詳しく知る事が出来ませんでした。

原子爆弾と原発での被爆量は大差があるかもしれませんが、今は原子爆弾を保有してる国も多くなってますが、爆発する事でどこの範囲まで影響が出るのか、被爆する事で人体にどんな影響を及ぼしていくのか、これは実際に原子爆弾を使われてしまった日本にしか出来ない事だと思います。

古くからある研究施設で、どのような調査をしてどのような成果を出しているのか、そして今現在は何をしているのかとても興味を持ちました

 

 
誰がための放影研/動画/見逃し配信再放送無料視聴8月22日まとめpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れない方は

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

誰がための放影研/動画/見逃し配信再放送無料視聴8月22日まとめ