TV

TUBE(ライブ)2020, 見逃し無料動画配信視聴(夏祭り](中継)9月5日(横浜アリーナ)(無観客)見る方法

TUBE(ライブ)2020, 見逃し無料動画配信視聴(夏祭り](中継)9月5日(横浜アリーナ)(無観客)見る方法

(チケットがコンサート中止で取れなかった方へ)
 

 

見逃した方放送地域にない、見れない方は特に(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 
下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

TUBE(ライブ)2020,動画,見逃し配信(無観客)無料視聴9月5日
 

TUBE(ライブ)2020,動画,見逃し配信(無観客)無料視聴9月5日あらすじ

 

TUBEライブ20202020のネット中継や見逃し配信情報

TUBEの無観客ライブ生配信が、
2020年9月5日(土)18:00 にスタートで

今回、無観客でのライブ配信は、

TUBE初挑戦の内容です

チケットも8月14日(金)10時から発売です

【開催日時】
2020年9月5日(土)18:00 スタート

 

 

TUBE(ライブ)2020,動画,見逃し配信(無観客) 9月5日視聴者の声

 

40代を目前にした私としては、やはり夏の歌手の代名詞と言えばTUBEなのでどのようなライブになるか非常に楽しみです。

最近はあまりテレビの歌番組で見かけることがなかったり、特に今年の夏はコロナの影響もありライブ自体ができない中で、無観客のライブ配信という今までTUBEがしたことのないライブ形式になるので、きっとライブ配信ならではの工夫を彼らならしてくれるはずです。

私が一番最初に買ったCDが小学生の頃に出た夏を抱きしめてで、今でもカラオケに行くと歌う曲なので非常に思い入れのあるバンドです。

見逃し配信もできるようなので、一度リアルタイムで見てもう一度楽しめるなんて幸せに感じます。彼らの曲の良さは、ほとんどの曲が夏という共通のテーマに沿って作られた曲にもかかわらず、曲調も含めて同じような曲がない事です。

その為、新曲が出るたびに本当の意味で新鮮に感じますし、今から30年前の曲であっても今聴いてカッコよさを感じることができます。

メンバーが一人も欠けることなくいまだに夏といえばTUBEと老若男女問わずイメージさせるレジャンドバンドが、今の流行であるライブ配信でどのようなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみです。

 

TUBE(ライブ)2020,動画,見逃し配信(無観客)無料視聴9月5日みどころ

 

もはや夏の風物詩と言っても過言ではないTUBEの夏のライブ、今年の夏は残念ながら開催中止となりましたが、一足遅れの9月5日に無観客ライブの生配信を行うことになりました。

このような無観客ライブの配信という形はTUBEにとっても初の試みのようで、視聴する我々にとってもTUBEにとってもワクワクドキドキのライブとなりそうです。

今回のライブでは、定番のTUBEのヒット曲以外に、今年7月にリリースされたばかりのアルバム「日本の夏からこんにちは」より、最新の曲を演奏するようです。

アルバム曲をライブで聞くときの楽しみの1つに、どのようなアレンジが加わるかがありますが、TUBEはこの点どんなアレンジを加え、そして私たちをどのように楽しませてくれるのでしょうか。最新アルバムを今から聞いて、チェックが必要なようです。

もちろん定番の「シーズン・イン・ザ サン」、「あー夏休み」、「夏を抱きしめて」も演奏されるでしょう。夏にこれらの夏ソングを聞かなければなにかを置き忘れたような気がするのは私だけではないはずです。

一足遅れですがTUBEがこれらの定番ソングを届けてくれるので、今年の夏も無事に終われそうです。

いろいろあった今年の夏ですが、TUBEが今年の夏もやってくれます。

彼らの素晴らしい演奏を聞いて、短いながらも今年の夏の余韻にひたる、今回の生配信、とても楽しみです

TUBEは私が中学生か高校生くらいの時に流行っていたような記憶があるのですが、当時私はあまり好きではなくてあまり聴いてはいませんでした。

やはりその当時は「アイドル」が好きだったので「SMAP」とかの方が魅力的に見えていたからです。

やはり芸能人=カッコイイというのがないとなという思いもあったからだろうと思います。TUBEと言えば夏ですよね。でもどうして夏ばかりなんでしょうかね。

ミュージシャンだったら春夏秋冬の曲を作ればよいのにという気持ちもありますが、メンバーが夏にこだわる理由があるのでしょうか。

やはり屋外ライブと言えば夏だから夏に曲をいっぱいリリースするのでしょうか。

歳を取った今、たまに「TUBE」の音楽を聴く機会もありますがあの頃の気持ちに比べれば「あーいいな。」と思う気持ちと同時に冬の歌や春の歌も聞いてみたい。という気持ちになるのも確かです。

しかしながらURLの写真の皆さんは皆さん若いですよね。年齢的にはもう60歳近いはずなのにあの若々しさはやはりいつまでも音楽を歌って人に見られているからだろうと思います。

今年は観客を目の前にしてのライブではないのでファンの方には多少物足らないと思いますが、こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが今の時期にコロナウィルスで良かったです。

もし10年前だったらこんなライブ配信だなんて不可能だったかもしれませんから。楽しみは来年にとっておく。そんな気持ちで観ると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

毎年恒例の真夏の野外ライブは甲子園球場公演、横浜スタジアム公演と中止になり、ライブができないという状況になっていましたが、そんななか当初横浜スタジアム公演が予定されていた9月5日にライブ配信で今年の夏の公演と行うこととなったそうです。

初めてのライブ配信ということでどんな感じのライブになるのか?という心配も若干ありますが、ベテランのTUBEですからそこはうまくやってくれるのだろうと思います。

ライブ配信の会場には観客がいないでしょうから、ライブの空気感をアーティスト側が感じられないという難しさもあるのでしょうが、そこはテレビ出演の多い彼らでもありますので、なんとか同じノリを見せてくれるのでは?と期待したいと思います。

TUBEといえば夏、夏といえばTUBEという方は今でも多いと思いますが、夏にふさわしい有名曲を多数持っている彼らのライブをこの季節に楽しめるのはやっぱりいいでしょうね。

しかも、元々予定されていた甲子園球場や横浜スタジアムでのライブに訪問できなかった人たちのなかで、ライブ配信だからこと楽しむことができるという人も結構いるのでは?と思います。

様々な状況から今年はライブの形式が変わってしまいましたが、ライブ配信でのライブイベントももしかしたらこれからの一つの定番となる可能性もあるわけで、そういう意味での可能性も感じつつ楽しませてもらおうと思っています。

夏の野外スタジアムでのフェス開催の中止が相次ぐ中で、様々な施策を試されていますが今回U-NEXTでの配信ということで、自宅に居ながらライブを楽しむことが出来る点に注目しております!

また、個人的には見逃し配信付きなのがありがたいです。これがあれば仕事に行って見れない人も、逆に家事の真っ最中で見れない人も自分の時間でゆっくり見られます。

そういった配慮をされていると、よりファンのためを思って取り組んでいるんだなと実感しライブが楽しみになります。

TUBEに関してですが、多くの夏ソングをリリースしておりますが今回のセットリストはどのようなものなのか、また定番曲はいつ流されるのか、
定番の中でも厳選されるのか?といったライブ自体の楽しみも感じています。

私としてはライブの楽しみはこのセットリストの予想にかかっている部分もあるので、
今回無観客ライブということで何か志向が変わるのだろうか……と考えています。

ライブは観客の有無で大きく雰囲気、または流す曲も変わります。

 
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

TUBE(ライブ)2020,動画,見逃し配信(無観客)無料視聴9月5日