nhk

第65回 有馬記念,2020動画,見逃した配信,nhk ネット配信中継視聴方法オンデマンド

第65回有馬記念,2020動画,見逃した配信,nhkネット配信中継視聴方法オンデマンド

2020年12月27日(日曜日)14時55分からNHK総合で『競馬2020「第65回有馬記念」』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

第65回有馬記念,2020動画,見逃した配信,ネット配信中継視聴方法オンデマンド

第65回有馬記念/番組内容

中央競馬の1年のしめくくるドリームレース“有馬記念”。人気と実力を兼ね備えたスターホースが、中山競馬場・芝2500mを駆け抜ける!ファン投票1位は宝塚記念を制しGI3勝の「クロノジェネシス」。2位の「ラッキーライラック」はこれが引退レースとなります。このほか天皇賞(春)を連覇した「フィエールマン」などGI馬が多数出走します。解説は鈴木康弘元調教師。

第65回有馬記念 キャスト

解説
鈴木康弘,

アナウンサー
高木修平,

レース実況
稲垣秀人

第65回有馬記念,2020動画,見逃した配信,ネット配信中継視聴方法みどころ

コロナウイルスの影響は当然の如く競馬界にも影響を与えました。国によっては開催中止に追い込まれたケースもありましたが日本は長期間無観客の期間があったとはいえほぼ開催中止になる事なく1年を終えようとしています。そんな競馬のクライマックスといえば有馬記念。アーモンドアイも今年三冠馬となったコントレイルもデアリングタクトも不在の有馬記念ですが注目馬はたくさんいます。そんな中でも注目なのはカレンブーケドールです。競馬の世界にはいわゆる「善戦マン」と呼ばれる馬が定期的に出てきます。今の時代そこに該当する馬がカレンブーケドールです(カレンブーケドールは牝馬ですが・・・)そんなカレンブーケドールの成績はこれまで12戦走り3着以内が実に10回。しかし1着は僅か2回というもどかしい成績を残しています。そんな中で迎える有馬記念でカレンブーケドール陣営は鞍上を池添謙一騎手に変更するという決断をしました。池添騎手は別名「グランプリ男」と呼ばれ有馬記念だけで実に4勝を挙げています。またテン乗りと呼ばれる初騎乗の馬で無類の強さを発揮する事でも知られています。そんなグランプリ男に導かれカレンブーケドールが悲願のビックタイトルを手にする事が出来るのか?注目です。

第65回有馬記念 楽しみな点

ノーザン、サンデーの3頭の顔合わせでとても楽しみにしています。この3頭で1~3着もあり得ます。ただ、牝馬が2頭なのでどうなるかですね。ラッキーライラックはこのレースが最後となります。寂しいですけど、仕方ないです。この3頭の騎手というと、ルメール、北村友一、福永なんですが、ルメールはフィエールマンに乗ります。ラッキーライラックに乗り、勝ち鞍をあげていますが、ラッキーライラックは福永に決まりました。人気の方はクロノジェネシスが一番人気になりそうです。宝塚記念の勝ち方が一強のようなすごい強い競馬をしたことで、そのような評価だと思われます。ただ、当日になれば、ルメール人気でフィエールマンが逆転するかもしれません。有馬記念はトリッキーな中山競馬場なので、ますます面白さを募ります。また、距離も2500メートルなので、この長距離はどの馬に味方するのでしょうか。この3頭で1~3着でないとすると、どの馬が上位にくいこんでくるのか、そのあたりも見どころです。また、枠順にも影響が出ると思います。明日、24日に枠順は公開で抽選になります。当該騎手や調教師も参加し、にぎやかな中で、決定されます。公開抽選のTV中継も非常に楽しみです。内枠有利なので、幸運な馬はどの馬になるのか今からワクワクします。

第65回有馬記念 ファン声

6月の日本ダービーと並び1年の区切りとなる大レースが有馬記念です。
やはり年末といえば有馬を見なければ年を越せないといっても過言ではありません。
残念ながらアーモンドアイはジャパンカップで引退となってしまいましたが、それでも例年通り好メンツが集まっていて誰が勝ってもおかしくないぐらいにも思えてきます。
あまり荒れた印象はありませんが、それでも過去には高額馬券が飛び出たこともあり油断は禁物です。
アーモンドアイや話題になった今年の3歳馬と好勝負をしたカレンブーケドールや宝塚記念を勝ったクロノジェネシス、クロノジェネシス退けた事もあるラッキーライラックといったメンバーたちがどこまで結果を残すのか楽しみです。

有馬記念というレースは前の年で掲示板に載った馬が次の年でも5着までに入賞するいわゆるリピーターが多いレースなので人気のフィエールマンはもちろんワールドプレミア、ブラストワンピースなど過去の有馬記念で好成績を残したからも目が離せません。
今年の競馬界の締めくくりとなる2020年JRAでの最後のG1レース、なかなかウインズや競馬場で楽しむわけにもいきませんが是非とも自宅観戦で盛り上がってはどうでしょうか。

まとめ

、JRA(日本中央競馬会)主催で、中山競馬場で実施される中央競馬のGI(重賞競走)であり、競馬ファンにとっては年末恒例のビッグイベントですね。
最近は外国馬の出走も多くなり、日本を代表する国際競走として、海外からの評価も高まっている大会です。
そんな有馬記念、今年も1年の締めくくりに相応しく、競馬ファンの夢を乗せた16頭の馬が勢揃いするとのこと。
昨年の秋花賞の優勝馬で今年の宝塚記念を制したクロノジェネシス、天皇賞連覇などの数々の輝かしい実績を持つフィエールマン、ジャパンカップでの活躍で一段と注目度を高めているカレンブーケドール、過去にGI4勝を達成しているラッキーライラック、最近上り調子だと評判のラヴズオンリーユー、昨年の有馬記念では3着に終わったものの、復活しつつあるワールドプレミア、成長性に期待が高まるオーソリティ、かの名馬ディープインパクトの外孫に当たるキセキと、いずれも競馬ファンであれば瞠目せざるを得ないような注目馬ばかりですね。
まさにドリームレースと呼ぶに相応しい、期待大の大会。今年はどんな結果が待ち受けているのか楽しみです。

第65回有馬記念,2020動画,見逃した配信,ネット配信中継視聴方法オンデマンドpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

(無料視聴できます)

↓ ↓

第65回有馬記念,2020動画,見逃した配信,ネット配信中継視聴方法オンデマンド