nhk

エール 総集編 再放送 見逃した配信/志村けん/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日

エール 総集編 再放送 見逃した配信/志村けん/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日

2020年12月31日(木曜日)14時からNHK総合で『【連続テレビ小説】エール 総集編(前編)』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日//番組内容

福島で呉服屋の長男として生まれた裕一(石田星空)は、父三郎(唐沢寿明)のレコードを聴いて西洋音楽を好きになる。豊橋では双浦環(柴咲コウ)の歌を聴いた音(清水香帆)が歌手を夢見る。裕一は作曲の才能を藤堂先生(森山直太朗)に見いだされる。裕一(窪田正孝)は銀行に就職するが、国際コンクールで裕一の曲が受賞したことがきっかけで音(二階堂ふみ)と文通が始まる。そして出会った二人は…

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日 キャスト

窪田正孝,二階堂ふみ,中村蒼,山崎育三郎,森山直太朗,松井玲奈,佐久本宝,森七菜,仲里依紗,野間口徹,野田洋次郎,三浦貴大,柴咲コウ,古田新太,菊池桃子,光石研,三田和代,志村けんほか

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日 再放送ストーリー性

危険な戦地へ

裕一(窪田正孝)は音楽慰問のため出発。どこへ行くかは秘密事項のため知らされていないのも不安ですよね。連れてこられたのはビルマ。インド北東部のインパールを攻略する作戦の始まった地へ。
朝ドラでインパールといえば、ひよっこの宗男おじさんが行って地獄をみたエピソードがありましたよね。
その作戦に参加した日本兵はほとんどか死んだともいわれるインパール作戦。太平洋戦争の中でも最も無謀だとか、史上最悪の作戦などと言われて語り継がれていますよね。
どのくらいの段階のところなのか。そんなところへ裕一が音楽慰問に行くことになるんですね。この経験が裕一にとってひどいトラウマにもなってしまいそうな予感がします。
それでなくても今裕一は精神的にかなり不安定になりそうな、危うさがあるので心配です。
作戦は思うように進まずに、前線に向かう命令がおりない毎日を過ごすことになる裕一。覚悟を決めて来たのに、早く前線で頑張る人を応援したい気持ちもあるのにもどかしさもあるかもしれませんね。

そこまでの重体ではないとは言われたものの、倒れたと聞いたまさ(菊池桃子)のことも心配なままですよね。
病状が悪化したという連絡をうけた音(二階堂ふみ)と華(根本真陽)は、福島に疎開することに。まさも孫の華に会えたら少しは元気も出るかもしれませんね。そんなまさをみられたら、浩二もホッとするでしょうね。

85話感想
義務感や責任

危険たから前線の慰問はやめるように裕一(窪田正孝)を止める鉄男(中村蒼)だったけど、裕一はもう決めているんですよね。戦況が悪いなら尚更自分はその人たちのために行くと。藤堂先生(森山直太朗)が裕一のことを根っこは頑固で芯が強いと言ってたのを思い出しました。こうと決めてしまった今、人の言葉に揺れないのでしょうね。しかしたぶん、時代を考えるとなんとなくこの命令は拒否権はなさそうな気もしてしまいますが。
しかし母のまさ(菊池桃子)が倒れたという電報も気がかり。聞いた途端に裕一は家を飛び出していきましたね。ずっと応援してくれた優しいお母さん。
父三郎(唐沢寿明)を亡くした悲しみも深かったけど、母との別れになるかもしれないこともとても辛いですよね。少し前に浩二(佐久本宝)からは母の体調が思わしくないことを書いた手紙も届いてましたね。浩二も弱っていく母を一人でみて、戦争で日々の暮らしも不安で。重い展開が続きますね。
呼びだされた裕一は、慰問への出発が5日後と言われていました。急になるかもしれないから、遠出などをしないように注意もされていて。裕一は多くの仕事を抱えているから、不在の間仕事面で困る人もいたりするのでしょうね。
戦争で自分の役割があって必要とされること、今の裕一をみているとメンタルが心配になってしまいますね。危険な所に行くけど、家族には戻ってくると約束を残して。
華ちゃん(根本真陽)を不安にさせまいと、危険はないところだから安心するように言っていました。この切ない嘘が、お別れの言葉になる可能性だってあること。戦争中はそれも仕方ないで片付けられていたんですよね。そもそも帰ってくるというのも許されないわけで。
戦争がいけないこと、エールを録画で観ている子供達もこういうところで気持ちを想像しやすかったりして学べているようです。

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日 楽しみな点

遺作となった初のドラマ

あの志村けんさんが笑いを封印した姿がエールでは観られるんですよね。
ドラマに本格的に出演というのは志村さんにとっても初ということですが、まさか遺作になってしまうとは。急死されたとこに心を痛めた人が日本中に溢れていましたね。
それでもそのあとのシーンも志村さんの代役をたてないで、つないで放送してくれることに感謝したいです。
初登場となった25話も大きな話題になりました。その姿を観てそこにいる志村さんに泣いてしまったという人も多かったですよね。

志村さんが演じたのは日本を代表する作曲家の小山田耕三役。もとになっているのは、山田耕筰。赤トンボやまちぼうけなど今の子供達にも親しまれている曲が数多くありますね。日本の音楽界の重鎮で、主人公の裕一にとっても憧れの人物でした。
日本を代表するお笑いの志村けんさんは、日本のお笑い界の重鎮というところで共通点がありますね。ただし日本中を笑わせる、親しみやすい志村さんとは違って、小山田先生は厳しく怖そうな役。登場するシーンは緊張感に包まれているような雰囲気になります。
志村さん威圧感があって迫力です。普段コントでみせる姿とはまるで違った顔を見せてくれますよね。

小山田先生が裕一をコロンブスレコードに入れるように言ったから裕一の今があるともいえますよね。国際作曲コンクールでの受賞で裕一の才能が気になったから。
しかし、裕一の才能が自分を脅かすのではないかという不安も抱いている様子。
裕一に影響を与え、複雑な感情も秘めている大物。志村さんの熱演に今後も注目したいですね。

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日 視聴者感想

将来の有名作曲家

31話では、音(二階堂ふみ)が裕一(窪田正孝)が納豆を好きなことを知って嫌そうにするシーンがあってジワジワきました。大ヒットした映画で、二階堂ふみさんが演じる役が納豆をひどく嫌がるシーンがあったのを思いだしました。
そして木枯(野田洋次郎)が、裕一に「君の名前は?」と聞くシーンもあった31話。このセリフは意図的ですよね。そんな遊び心が面白いです。RADWIMPSの野田洋次郎さんが主題歌を担当した大ヒットを記録した映画を連想させますね。エールの直接ではなく、ちょっとしたところに持ってくるこういう笑いが好きです。シャレがきいてますよね。

木枯は行きつけのカフェで弾き語りを披露したりもするそうなので、そのうち裕一の家の裏にある喫茶バンブーで歌うことがあるかもしれませんね。朝から野田さんの歌声が聴けるかもしれないとは、なんだか贅沢な気分を味わえますね。

木枯正人は古賀政男という方がモデルになっているとも言われていますね。ややクセのある方のようですが、そこで野田さんが抜擢されているのもちょっと面白いですよね。
同じ時期にレコード会社に入って、会社としてはどちらかだけと思っていたのに2人ともがヒット作をとばす作曲家になれるなんてすごいことですよね。

まとめ

関内家も安泰?

幸文子(森田想)との対談で、梅(森七菜)の気持ちを知った音(二階堂ふみ)。
音から聞いてプリンス久志(山崎育三郎)ではなく、五郎(岡部大)が選ばれたことに世の中には不思議なことがと驚いてる裕一(窪田正孝)。久志の言った恐るべき鈍感さ、裕一も分かったでしょうか。
対談の途中で馬鹿らしいと帰ろうとした文子は、それでも梅に聞かれた本を書く理由はこたえましたね。きっと梅に対してのこれまで抱えてきた気持ちが溢れてしまったんですよね。彼女にとって梅は何もしなくても注目される存在で、何でも持ってる人。勝ちたい気持ちや嫉妬やその怒りが作品を書く原動力になっていたというのが理由。怒りをパワーに変えるというのはあるだろうけど、なんだか疲れそうだしどこか寂しく思えてしまいました。
音も椿姫の時に、何でも持っていると非難されていたことがありましたっけね。友達もいて夢もあって、応援してくれて理解者の夫まで。もしかしたら、音も梅と文子のやりとりをみて思い出していたかもしれませんね。
梅は大切な人をみつけていて、その人の居場所になりたいから豊橋に帰るつもり。文子の気持ちなら、それを聞いた時はそれはもう面白くないでしょうね。
五郎も梅のことは持ってる人だと感じていて、だからこそ何もない自分にはふさわしくないと思ったから向き合わなかったんですね。五郎は才能のない自分に劣等感や梅への嫉妬を持つわけではないのが文子との大きな違い。
しかし梅が、自分を好きなんて信じられない五郎への一喝、「信じろ!!」は強いですね。さすが音の妹、光子(薬師丸ひろ子)の娘というか。好きになったらガンガンいくタイプだったのはちょっと意外でした。しかし梅ちゃんカッコイイですね。
妻には頭があがらない夫婦になりそうですが、2人は仲良く幸せな家庭を築きそうですよね。
華ちゃんもお別れでは大泣きしてたけど、これから自分の叔父になるんだから、遠い豊橋で離れても気持ちは全然違いますよね。再会する時も2人とも喜ぶのだろうなと想像するとほほえましくなります。
しかしまさか馬が得意な五郎ちゃんが、馬具職人になる道に行くとは。馬が得意って、ちょっとした伏線だったということでしょうか。しかし岩城さん(吉原光夫)は厳しそうですからね。1人前になることが結婚の条件だけど、そこから誰も想像しなかった、う~ん年かかるというのが気になりました。梅ちゃんは一体何年待つことになったのでしょう。下駄を直したりして、そういうことは得意だと言っていたから筋がよかったりするのかと思いましたが、そう簡単にはいかなかったのですね。
岩城さんも関内家への思いが強い分、跡取りになるときいたからには五郎に厳しい可能性もありますよね。徹底的に仕事を教え込もうとしたのかもしれませんね。しかも岩城さんは安隆さんが負けを認めるほどの腕前だったといいますし。でも岩城さんも素直で純粋で人の良い五郎のことは、内心可愛いと感じるかもしれませんね。
しかし2作目が全くかけなかった梅が五郎と気持ち通じたらすぐに書き上げられたというのも、文子が知ったら闘志を燃やしそうですね。そういえば裕一も音と文通して恋に目覚めたら、次から次へと音楽が溢れてきてましたよね。
梅が失恋の経験で2作目をかけるようになるのかと思ってたけど、幸せいっぱいな形でまとまって良かったです。

71話予想
大ヒットへ

戦争の話にもいつかは入っていくことは分かっていましたが、その前に幸せいっぱいな雰囲気を味わえたのはよかったです。五郎ちゃん(岡部大)は関内家の跡取りとなるので、これから先も登場することがあるということですよね。
71話では日中戦争が起こってしまう時期に。とはいえ、まだ裕一(窪田正孝)達国民の暮らしにはさほどの変化もない初期。
そして裕一と久志(山崎育三郎)で大ヒットが!これはとても楽しみですよね。ついに久志も日の目をみる時が。
新聞の公募の記事でみつけた「露営の歌」に裕一が曲をつける。裕一に響く良い詞だったんでしょうね。
会社に持ち込んだその曲を久志が歌えることに。福島行進曲は歌えなかったけど、今度こそコロンブスレコードでデビューが叶いましたね。廿日市さん(古田新太)がオーディション後に久志にチャンスを与えたことも大きかったのでしょう。
裕一もそろそろ大ヒットをつつかれていたから、その点も嬉しいですよね。廿日市さんもホクホクでしょうね。2発目の大ヒットで裕一への態度も少し変わるでしょうか。
そして久志がここぞとばかりに調子にのる姿もみられそうな気がします。
鉄男(中村蒼)も2人の成功を祝ってくれそうですし、刺激にもなりそうですよね。でも焦りも感じてしまうかもしれません。
その後は鉄男もヒットが控えてますもんね。ここからは楽しみと戦争への不安が入り交じりますね。

(無料視聴できます)

↓ ↓

エール 総集編 再放送 見逃した配信/朝ドラ/動画/スピンオフ/大晦日/フル無料視聴12月31日