スポーツ

箱根駅伝/2021/見逃した配信/動画/再放送hulu/ネット配信中継フル無料視聴

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴

2021年1月2日(土曜日)7時50分から日本テレビで『★SAPPORO新春スポーツスペシャル第97回東京箱根間往復大学駅伝競走往路』が放送されます

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴番組内容

美しくも過酷な217.1kmのドラマ▽連覇か奪回か!「戦国駅伝」往路Vは?▽新記録出るか?エース2区&山上り5区▽今年は「特別な箱根」…密を避けおうちから声援を!

シード校
青山学院大・東海大・國學院大・帝京大・東京国際大 明治大・早稲田大・駒澤大・創価大・東洋大

予選会通過校
順天堂大・中央大・城西大・神奈川大・国士舘大 日本体育大・山梨学院大・法政大・拓殖大・専修大

オープン参加
関東学生連合チーム

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴 キャスト

ゲスト
相澤晃、浦野雄平

解説
瀬古利彦、渡辺康幸、碓井哲雄

実況
平川健太郎、蛯原哲 ほか

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴ストーリー性

歴代の優勝回数は、中央大学が14回、早稲田大学が13回、日本大学が12回、順天堂大学が11回、日本体育大が10回、明治大学が7回、駒澤大学が6回、青山学院大学が5回と続いております。今年はコロナの影響もあり、例年以上に戦国時代だといわれております。優勝候補といわれても、青山学院大、駒澤大、東海大、東洋大、早稲田大、明治大と6強ではないかと予想する方が大勢いるくらい混迷を極めております。絶対王者青山学院大は、吉田圭太、竹石尚人、神林勇太といった実力者が今年も軸になりそうです。11月の全日本大学駅伝を制した駒澤大学も例年以上に仕上がりが良さそうです。それ以上に期待されているのが古豪明治大学です。先の1万メートルの記録会では、28分台で14人が走りきるといった穴のないレースができるメンバーがそろいました。硬式野球部やラグビー部に負けないように明治復活を期待したいです。早稲田大学も優勝すると、歴代1位に並ぶのでモチベーションが高いといえます。東海大や東洋大も接戦に持ち込めれば勝機があります。今年は1年生で期待できそうな選手も多いので、最期まで目が離せないレースになるのではないかと思われます。ここ数年とは違い、気温が低いレースとなりそうなので、波乱が起きるかもしれません。

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴 楽しみな点

毎年新春に開催され、日本の学生スポーツ競技会の中でも屈指の人気を誇る大会で、関東学生陸上競技連盟に加盟する大学のうち、シード校10校と予選会通過校10校の合わせて20校のチームと関東学生連合チームが出場します。
今年の出場チームのうち、最大の注目校と何といっても昨年度の王者で、2015年以降の6大会中の5大会を制して、現在最強と呼んでも差し支えないであろう青山学院大学ですね。それに対して、一昨年初優勝を果たした東海大学も8年連続48回目の出場を実現していますし、以前は上位校の常連だった駒澤大学や東洋大学にも注目したいですね。
この年末年始は日本列島に寒波が到来し、特に厳しい寒さに見舞われていますが、それが疾走する選手たちにとって吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、順位とは別に、全チームに無事の完走を果たしてもらいたいものですね。
東京大手町から箱根山に至る長大なコースで、今年はどんな山の神が現れるのか? 楽しみに見守りたいと思います。

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴 視聴者感想

お正月と言えば、この「箱根駅伝」を見ないと始まらないです。
毎年見ているので、シード権をかけた争いはもちろん、予選会を勝ち抜いてきたチームも応援しています。
青山学院大学を筆頭にトップ争いはもちろんなのですが、昨年急上昇で初シードを獲得した東京国際大学がどうなるのか気になっています。
なんといっても、昨年活躍した4年生が卒業しているので、層がどのように変わったのか。
ただ新入生も多く入っているらしいので、ここは楽しみでもあります。
箱根駅伝は留学生は1人までなので、今のところ今年はムセンビ選手がエントリーされています。
昨年とんでもない記録で区間1位、そして区間記録更新したヴィンセント選手が補欠に回ってしまうのですが、これはルールなので仕方ないですが残念です。
学生なので、この箱根駅伝で競技を終える人も多く、そのことが力になるのか普段よりも良い結果を出す選手も多数います。
努力や汗、いろんな想いがつまったタスキを必死に繋ぐ姿。
ただ、これだけと言われてしまえばそうなのですが、やはり彼らの姿に気持ちが揺さぶられます。
また、学生時代箱根駅伝で活躍した選手がゲスト解説者として登場するのですが、今回は相澤選手、浦野選手、館澤選手、鈴木選手と現在企業で活躍する選手ばかりでどんな話がきけるのか楽しみです。
お正月早々、シードを獲れた学校のことや予選会からなのか…といろんな想いを馳せてしまうのですが、やっぱりこの番組が好きです。

まとめ

2021年も年始のビックイベント箱根駅伝楽しみにしてます。今回はコロナの影響を受け沿道の応援がどのような規制がされるかにも注目してます。毎年沿道で応援する徳光さんを見るのが楽しみなので、今年は応援できるのかに注目してます。その他にも各行独自の応援スタイルでランナーを応援する姿はトラック種目ではない駅伝ならでは魅力ではないかと注目してます。当日のエントリー変更はあると思いますが、現時点で一番の楽しみは1区です。全日本大学駅伝でも1区で区間賞をとった順天堂大学の三浦選手が箱根の1区でも勢いをつける走りができるのかには注目してます。2020年大会は1区で好走した創価大学がシードを獲得したようにこの区間でトップとなることが他の区間の選手へどれだけちからを与えるかを示した大会だと思っておりますので今大会も1区から注目しております。三浦選手の他の注目選手は青山学院大学の吉田選手です。青山学院がこの区間からトップで気持ちよく走れたら原監督の思惑通りの駅伝ができるのではと怖いです。私の個人としては早稲田大学のルーキー辻選手の箱根デビューにも注目してます。全日本では区間6位でしたがトップとは11秒差の好タイムで走ったことでこれからの早稲田の軸になる選手に育ってほしいと考えてます。早稲田の1区デビューといえばたくさんの名ランナーを輩出してきた期待感があります。1区で勢いをつけるのはどの大学になるのか今から放送が楽しみです。

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)でみれません

(無料視聴できます)

↓ ↓

箱根駅伝2021/見逃し配信/動画/再放送ネット配信中継フル無料視聴