nhk

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送2020年1月2日/フル/無料視聴

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送2020年1月2日/フル/無料視聴

2021年1月2日(土曜日)21時30分からNHK Eテレで『100分de萩尾望都』が放送されます

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送番組内容

SF・ファンタジー・ラブコメディー・心理サスペンスなど幅広い分野にわたる超人的な創作活動から「少女漫画の神様」とも評せられる漫画家・萩尾望都。「ポーの一族」「トーマの心臓」等、今もその作品は多くの人々に愛され、幅広いクリエイターたちに影響を与え続けている。萩尾望都をこよなく愛する論客たちが一同に会し、作品に込められた深い意味をさまざまなキーワードで多角的に分析。萩尾作品の魅力を徹底解剖する。

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送 キャスト

講師
SF評論家…小谷真理,漫画家…ヤマザキマリ,学習院大学教授…中条省平,作家…夢枕獏,

司会
カズレーザー,安部みちこ,

出演
萩尾望都,明日海りお,斎藤環,

語り
小口貴子,


松本慎也ほか

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送 再放送みどころ

1月2日にNHK Eテレで放送される「100分de萩尾望都」新春スペシャルを観れば、超人的と言われる創作活動から「少女漫画の神様」とも呼ばれる漫画家萩尾望都さんの魅力を、きっと存分に知ることが出来ると思います。この番組は古今東西の名著と呼ばれる一冊を、1回25分で計4回、100分で読み解く「100分de名著」のスペシャル版です。今回は100分の連続放送で、色んな角度のテーマから「ポーの一族」や「トーマの心臓」といった代表作品を読み解きます。この番組ではSF評論家の小谷真理さん、マンガ家のヤマザキマリさん、学習院大学教授の中条省平さん、作家の夢枕獏さんが講師を務められるそうです。ここも嬉しいポイントですね。また1月2月に上演されるミュージカル・ゴシック「ポーの一族」でエドガー役を演じる明日海りおさんや、精神科医・批評家の斎藤環さん、萩尾望都さんがVTR出演をされるそうです。声の出演ではスタジオライフの松本慎也さんの参加も興味深いところです。今も萩尾望都さんの作品は多くの人々に愛され、幅広いクリエイターに影響を与え続けています。そんな萩尾望都さんの魅力を徹底解剖するこの番組、少女漫画好きの方は必見です。今回取り上げる作家は萩尾望都先生。
萩尾望都先生といえば、花の24年組と呼ばれる大ベテランの漫画家です。
数多くある作品の中でも、やはり『ポーの一族』、『トーマの心臓』が有名です。
今回この番組ではこの2作以外にも『半神』、『イグアナの娘』、『バルバラ異界』を取り上げるようです。
今回取り上げる作品の中にも映像化や舞台化されているものがあります。
特に連続ドラマとして放送された『イグアナの娘』をご覧になった方は設定に驚かれたのではないでしょうか。
先生の作品の幅は広く、特に心理描写の描き方が好きです。
ショッキングな内容を作品に取り入れることもあり、その都度考えさせられます。
また、今回萩尾先生を語るメンバーも凄い。
一人が25分を持ち時間としプレゼンする番組なので4人の視点を楽しめるわけです。
特に、『テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリ先生、『陰陽師』の夢枕漠先生など、どのような視点で萩尾先生を語るのか興味があります。
100分という時間で萩尾先生の魅力をどこまで伝えてくれるのか、また単に作品を好きなだけという視点ではなく専門分野だからこその視点で語ってくれることを楽しみにしています。

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送 楽しみな点

若い人たちは全く知らない人が多いと思う萩尾望都さん。言わずと知れた「ポーの一族」の作者です。この漫画が連載されていたのは1970年代、何といっても昭和の時代です。TVゲームやパソコンなどはなく、子供たちの最大の楽しみと言えば「漫画」、この一言に尽きていたと思う時代です。とくに女の子たちは少女漫画にどっぷりハマり、月刊誌の翌月1か月をほんとうに待ち焦がれたものです。なぜ令和の時代に、そんな古い作品を扱った番組が放送されるのか。その理由はただ一つ、2016年に萩尾望都さんが連載を復活されたからです。ポーの一族は、中世ヨーロッパの貴族世界を描いた漫画でしたが、いろいろな謎を残したまま突然連載を辞めてしまいました。もう続きは絶対に読めないだろうなと思っていて、そんな記憶も忘れそうになっていた40年後、まさかの続編です。昭和世代を生きた女の子たちなら、おばさんになってしまった今でもときめいてしまうに違いありません。でもなぜ今の時代に続編?という疑問は残ります。それと、萩尾望都さんの謎に包まれな生活を知りたいと思っていますから、100分もの長時間、彼女を深く探求してくれる番組は見逃すわけにはいかないです。

まとめ

少女漫画の神様と言われていますが、若い人向けの神様ですよね。私の様な40代以降の人は知らない人も多いのではないでしょうか。少女漫画と言えば昔は「恋」とか「青春」とかそうゆうタイトルの付くものが多かったようなイメージもありますが、今はちょっとタイトルが難しいですよね。「ポーの一族」とか「トーマの心臓」とか言われてもどうもどうゆう話?としか思えないのです。ただ一度読んだらはまってしまうのでしょうね。だからこそ少女漫画の神様と呼ばれるのだろうと思います。それに今の若い人はこうゆうタイトルの漫画が好きなのでしょうか。本当に今の漫画は色々な面で複雑ですね。単純バカの私にはついていけません。ただ作者も若くないですよね。写真を見ると私より年上に見えます。今の若い世代の人達に神様と言わせる萩尾さんは素晴らしい才能を持った方ですよね。私も今度本屋に行ったら探してみようと思います。もちろん今の漫画は複雑なので話についていけずにギブアップしてしまう可能性もありますが、もしかしたらはまってしまう可能性もあるかもしれないですよね。ただこの2つはまだアニメ化されていませんよね。アニメ化されたら映画化もされるのかなと想像しています。多分それくらい素晴らしい作品でしょうから。

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)でみれません

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de萩尾望都/見逃した配信(動画)再放送