nhk

nhk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/再放送/1月3日の無料視聴可能サイト

nhk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/再放送/1月3日の無料視聴可能サイト

2021年1月3日(日曜日)10時からNHK Eテレで『新春将棋特番 NHK杯将棋トーナメント70年』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年//番組内容

歴史と伝統を誇るNHK杯テレビ将棋トーナメント。今年度に節目の70回を迎えました。1951年にラジオ放送でスタート、1962年からテレビ放送がスタート。大棋士たちが数々の名勝負を繰り広げ、将棋界を象徴するような対局が数多く行われてきました。地上波唯一の将棋対局番組として特別な存在の棋戦といわれてもいます。NHKに残る、独自の貴重な映像と解説で、NHK杯の70年を振り返ります。

キャスト

解説
NHK杯…深浦康市,九段…木村一基,

司会
女流五段…矢内理絵子

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/みどころ

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/ U-NEXT

見たい動画のほとんどはあるんじゃない?と思ったのがU-NEXTですね。
更に料金を追加すれば他のVODの動画もこのサイト内で見ることが出来るという新しいことを取り込んでいるくらいですからね。
さすがにそこまでやると高額になるのであまりオススメはしませんが、追加をしなくても21万本の動画を見ることが出来ます。
この動画の本数は公開されていないサービスもありますが、業界最大級ではないでしょうか。
この莫大なラインナップに惹かれて契約を決める方が多いですね。
特に映画は本当に充実しています。
誰も知らないような映画も配信されていたりするので面白いですよ。
みんなが知らないような映画を見ると物知りになったような気分で優越感に浸ることも出来ると思います。
みんなに自慢してしまいましょう。
まだ見たことがない・聞いたことがないような作品に出会えるためのツールだと思ってください。
コアな人でもU-NEXTのサービスでしたら間違いなく満足して頂くことは出来ます。
やっぱりテレビ局が運営しているオンデマンドサービスとは違いますね。
動画の数は他には絶対に負けることは今後もないでしょう。
加入をすれば絶対にいいことがありますよ。
見たい番組・好きな番組に出会ってください。

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/ 視聴者感想

70年もの歴史と伝統、数々の名勝負があった「NHK杯将棋トーナメント」ですが、新年恒例の特番楽しみです。今回は特に、70年分の振り返りや名シーン、妙手などの紹介VTRがあるのだろうと期待しています。中にはもしかしたら本人の読みや、なぜその手だったか、そんな今だからこそ聞けることがあるのではと期待しています。
解説は第69回2020年NHK杯優勝者の深浦康市さん、解説にあっては恐らく最も的確で独特の表現をしてくれる木村一基九段です。深浦NHK杯は、堅実な将棋を指すことで知られており、決勝も手堅いものでした。結晶の放送内では振り返りとしての「感想戦」は短い時間だったので、今回棋譜を基に、解説をしてほしいと思っています。
一方、受け・守りの木村九段と言えば、守って守って勝ち切ることで知られてます。その受けの極意や、どういう攻めながら守るのか、守りながら攻めるのか、どんなパターンでいくのか聞いてみたいと思います。こういう機会だからこそ、解説してほしいです。併せて、深浦NHK杯と木村九段は当然何回も対局しているので、お互いの評価聞いてみたいと思っています。
過去を振り返ることがメインでもありますが、最近の若手の台頭も目立ってきています。将棋の未来やAIの可能性など、魅力について多くを語ってほしいです。

まとめ

私は将棋をしないので専門的なことはよく分かりませんが、見ていて思うのは将棋盤を挟んで真剣に対局する姿がとても絵になるということです。難しいところは頭を抱えたり、勝負が決まった後にもし私が勝ったら喜んでしまいそうなところをポーカーフェイスでいたりするところなど表情をみているだけでも楽しさを感じます。私の夫は将棋に詳しいので、少し前にバラエティで加藤一二三さんをみていて、このおじさんおもしろいとか言っていたら、この人は羽生さんと同じくらいかそれ以上の将棋界のレジェンドなんだからと言われました。全然そんなふうには見えないので、将棋盤の前に座ったらどんな感じなんだろうなと興味を持ちました。また、将棋は2日もかけて1局を行うのもあるそうですが、テレビで行う将棋は数時間で終わるので、将棋の素人でも飽きずに楽しめると思います。夫が言うにはこのテレビ対局は短い時間の対局なので、二歩とか言うプロなら絶対にやらないような反則で即負けになるハプニングもあったそうです。私は専門的なことはよく分からないので、素人でも楽しめる分かりやすい番組づくりを期待したいです。また、将棋のタイトルを2つとった藤井さんがいつかこのトーナメントを優勝することにも期待したいです

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

(無料視聴できます)

↓ ↓

hk杯将棋(正月・2021年)見逃し動画配信/ト-ナメント70年/