TV

青のsp/1話/動画/pandora.tv/9tsu/miomio/Dailymotion/無料視聴まとめ

青のsp/1話/動画/pandora.tv/9tsu/miomio/Dailymotion/無料視聴まとめ

2021年1月12日(火曜日)21時からフジテレビで『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-【藤原竜也】 #01』が放送されます

見逃した方でインターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法などの記事です

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

青のsp/動画1話[]見逃し配信再放送フル無料視聴

青のsp/動画1話見逃し配信再放送フル無料視聴/番組内容

赤嶺中学3年1組の担任で、国語教師の浅村涼子(真木よう子)は、夜の繁華街の見回り中に、同級生から集団で金を奪った中学生を注意するが、反対に自らがナイフを突きつけられ窮地に。するとそこへ一人の警察官が現れ、男は相手が中学生でも容赦せず、生徒たちを恐喝と暴行の罪で現行犯逮捕し、所轄の少年係刑事・三枝弘樹(山田裕貴)に引き渡す。翌日、学校では文科省の承認を得た学校内警察官、通称スクールポリスが試験導入されようとしていた。涼子をはじめ、水野楓(山口紗弥加)や阿部裕亮(音尾琢真)たち教師が不安を覚えるなか、校長の木島敏文(高橋克実)に紹介されて姿を見せたのは、昨晩中学生を逮捕した男・嶋田隆平(藤原竜也)。警視庁捜査一課の刑事でありながら、スクールポリスに志願した理由を尋ねる涼子に、隆平は「この学校の生徒に守る価値があるのか確かめたかった」と意味深な言葉を告げる。 3年1組では一ノ瀬悟(石井正則)による数学の授業が行われていたが、授業態度を注意された真田一樹(中川翼)が逆上。駆けつけた隆平に器物破損と暴行罪で逮捕される。さらに、この逮捕劇がクラスの何者かによってSNSで拡散。隆平は涼子に犯人を特定するよう指示し、一方で、校内のあるうわさを耳にして…。

キャスト

藤原竜也  真木よう子  山田裕貴  泉澤祐希  たくませいこ  渋谷謙人  智順  兒玉宣勝  金沢雅美  /  音尾琢真  石井正則  須賀健太  /  峯村リエ  升毅  山口紗弥加  高橋克実 

3-1生徒(五十音順)
池田優斗  石井薫子  石岡飛鳥  奥智哉  小野瀬悠太  小畑仁乃  筧かな  川村ジーモン凜一朗  吉柳咲良  四ノ宮樹美 鈴木悠仁(少年忍者/ジャニーズJr.)  鈴木梨央  唯藤絵舞  田中奏生  田畑志真  中川翼  長島令玖  牧野羽咲  水野哲志  宮世琉弥  宮原和  宮本龍之介  山本海心  米倉れいあ(821)  和氣マヤ 

その他
元木湧(少年忍者/ジャニーズJr.)  内村颯太(少年忍者/ジャニーズJr.)  深田竜生(少年忍者/ジャニーズJr.)  長澤樹  森崎美月  ほか

青のsp/動画1話見逃し配信再放送あらすじ

学校に警察がいたらいじめなんて亡くなるでしょうね。そうゆう事をしたら逮捕されてしまうでしょうから。ただどこまでで逮捕となりどこまでだったら許されるのか。その線引きが難しい所でもありますよね。主人公は「この学校の生徒に守る価値があるのか」と言いますが学校には様々な生徒がいます。みんながみんな守る価値がないわけではないでしょう。今はSNSとかでいじめも陰湿になっていますしそれで自殺する学生もいると言います。ドラマだけではなくて現実にこうゆう人がいてもいいのではないかと個人的には思うのです。生徒も教師も裁いてくれる警察官はカッコいいですよね。警察官は生徒にも教師にも平等でなければならないのである意味学校で一番強い存在と言えるでしょう。こうゆう警察官と学校の人々との掛け合いがドラマの焦点なのだとは思いますが自分の学校でもこうゆうことがあるのではないか。と今一度見直す機会になりそうです。もちろん生徒だけではなくて先生もです。権力を掲げて知らず知らずのうちに犯罪行為をしていないか今一度見直してほしいです。私が中学の頃は集団で一人の生徒をぼこぼこにする先生達がいました。この警察官に是非逮捕して欲しいなと思い出しました。あれはれっきとした犯罪ですから。

青のsp/動画1話見逃し配信再放送感想

デビューされてから随分たつのに今でも少年の面影を残されているのがうらやましいです。舞台や映画、ドラマと活躍されていて好感を持っていますが、ルックスがいいのにあまり二枚目役は少なく、どちらかというと「藁の盾」や「22年目の告白」などの殺人犯など狂気じみたキャラクターが多いようなイメージがあります。個人的には、「ST赤と白の捜査ファイル」での赤城キャップの役が、彼としては珍しいコミカルなキャラクターで一番印象に残っています。サイコ・パスから対人恐怖症の自信家まで、またゲームやアニメで声優を務められていて声だけの演技もできるというのは、やはり「身毒丸」で蜷川幸雄にしごかれたおかげなのでしょうか。蜷川さんは彼のことを「集中力があって、真面目で努力家。ストイックで、役の事しか考えられない」と評価されていたというのを目にしましたが、そんな性格だからいろんな役を演じられるのでしょうね。たまにバラエティー番組にも出演されていますが、恥ずかしそうに少しはにかんで、顔を赤くしながら笑っていらっしゃるのを見ていると、演技とのギャップを感じてしまいますが、それも魅力の一つなのでしょう。これからもいろんな役に挑戦されて新たな一面を見せてくれることを期待しています。

まとめ

藤原竜也さんは、とても幅広い演技をされる方だと思います。どんな役で出ていても、視線を引きつける魅力があり、初めて目にした作品で心奪われました。特に、犯人などの悪役を演じているときの竜也さんはとても魅力的で、不敵な笑みが似合う方だなと思いました。口元だけでなく、僅かな目線の変化、仕草など、細かなところまで拘り、演じていらっしゃるのではないかと思います。舞台役者ということもあり、感情を出す役に関しましては、見ていて気持ちのいい演技をしてくれます。そのため、こちらもつい、ぐっと感情移入してしまい、見入ってしまうのです。泣きの演技、怒りの演技では、感情を爆発させたような表現がとてもお上手で、その感情が画面を通して伝わってくる勢いがあるのではないでしょうか。また、個人的には声もとても魅力に感じています。耳障りのいい声で、落ち着いたセリフのときには、聞いていて癒されるのです。逆に感情を込めたセリフには勢いがあり、聞いている側の胸に響いてくるように思います。見ている側に役の中の感情をぶつけて伝えることのできる役者さんは、とても魅力的だと思いますし、こちらは物語にも集中することができます。私は、全身をフルに使って演技をしてくれる藤原竜也さんがとても魅力的だと思います。

青のsp/動画1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

(無料視聴できます)

↓ ↓

青のsp/動画1話[]見逃し配信再放送フル無料視聴