TV

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信・動画・1月28日フル無料視聴再放送

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日フル無料視聴再放送

2021年1月28日(木曜日)21時からBSプレミアムで『フランケンシュタインの誘惑(3)「科学者 野口英世」』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日/番組内容

科学史の闇に迫る知的エンターテインメント。今回取り上げるのは、日本人の誰もが知る偉人・野口英世。福島県の貧しい農家に生まれ幼少期の事故で左手が不自由になりながら、医師となり、単身渡米して研究医に。黄熱病や梅毒の研究でノーベル賞の候補にも挙げられた細菌学のスーパースターのひとりだ。しかし現在では、その研究の多くが誤りだったことがわかっている。なぜ野口は間違ったのか? 科学者・野口英世の欲望の物語。

キャスト

ナビゲーター/ナレーション
吉川晃司,

出演
岩田健太郎,榎木英介,

アナウンサー
武内陶子

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日ストーリー性

「野口英世」といえば千円札のおじさんというイメージと、小さい頃に火傷を負ったことをきっかけに医者になった人ということと、「黄熱病」や「梅毒」の研究に尽くした「細菌学のスーパースター」というイメージで知られていますが、彼が幼少期からどのような進路を経て「病原菌の研究」に至ったのか興味があります。福島の農村の貧しい家に生まれた彼はどのようにして医者になったのか、どのような探究心と目的を抱いて「伝染病」の研究をしたのか気になるポイントです。そもそも研究の目的は今と同じように「薬」の開発を目指して行っていたのでしょうか。そして正しいとずっと思われてきたその研究が「間違い」だったとはどのようなことなのでしょう。以前正しいと思われていたことでも研究が発展すると間違っていたことに気づくことがあったりするのか?そもそもどんな間違いだったのか、気になることばかりです。また、当時は高度な機械や技術などはなかったのではないかと思うのでそのような中でどんな機材を使って、どのように研究を進めていたのかということも気になります。今では「間違い」だと言われる野口英世の研究は無駄になってしまったのか…それとも正しい結果を得るための踏み台になったのか、野口の研究は今世に役立っていることがあるのかも知りたいです。そして恐ろしい伝染病が流行していた当時の人々が「黄熱病」や「梅毒」とどのように闘ってきたのかということも知りたいです。

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日 U-NEXTとは

他の同様の配信サービスと比べての1番の魅力は、月額料金の中から毎月ポイントが付与される事だと感じます。そのポイントを使えば、課金しなくては視聴出来ない映画やドラマを視聴出来るので、実質ほぼ全て月額料金で視聴出来ると言っても過言ではないように思います。また、ポイントの利用方法はそれだけではなく、全国の指定映画館で実際に映画鑑賞の決済方法としても利用する事が出来ます。こういったサブスクリプションを利用する方は私だけでなく映画好きでしょうし、こちらも魅力の1つかなと思います。
また、配信作品の量やラインナップの多さも満足できます。海外作品や賞レースに乗るような作品から、子供向けアニメまで様々な作品が配信されているため、家族で楽しめます。
アカウントは、1契約で親アカウント含めて4アカウントまで作成出来るので、我が家では自宅だけでなく実家の母とも共有しており、小さな親孝行にもなっています。
また、小さいことではありますが、他にも2つほど大手の映画配信サブスクリプションを契約していますが、ユーネクストが1番アプリが見やすい・使いやすいというのもセールスポイントではないかと感じています。
ステイホームが長引く中で、毎月1800円以下でこのサービスを利用出来るとすれば、大変お得かと思います。

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日 視聴者感想

野口英世といえばお札にもなっていて良く知っている。細菌の研究をして素晴らしい成果を残したことも知っているが詳しくはしらなかった。だからこの番組で野口英世を知れることに喜びを感じている。しかも紹介分を読むと彼の研究は間違いだらけだったという。これはとても意外であった。医学生としてエリートであり成功しかおさめていない人だと思っていたからだ。どんな人にでも間違いはあるのだなとまだ見てもいないのに勇気づけられた。早く番組を見てどんな人生を送ったのかを知りたいですね。フランケンシュタインの誘惑という番組は初めて見るが一体なぜこの番組タイトルなのかも気になりました。番組を見てその理由を探りたいと思った。後楽しみなことは吉川晃司さんがナビゲーターを務めていることです。彼のことはコンプレックスというバンドをしている時からのファンだったので嬉しい限りです。最近ではドラマでの演者としても活躍していますし、バラエティにも出るし、こういうナレーターの仕事もしてくれるんですね。あの美声でしっかりと番組をナビゲートしてほしいですね。そして岩田健太郎氏もコロナのニュースなどで知りました。どんなコメントを残してくれるか期待しています。

まとめ

野口英世といえば、小学校の偉人伝記全集に必ずそのタイトルがあるほどの超有名な方です。福島県の赤貧の農家に生まれ、幼い頃に母の不注意によって手に火傷を負うというハンデを抱えながらも、苦学の末に医学を修めます。その後渡米して研究者としての道を立て、アフリカで黄熱病の研究中にその黄熱病に罹って亡くなるという悲劇の人生。しかも、彼が発見したとされた黄熱病の病原体も実は誤りであったことが後世になり判明します。小学校低学年の頃、学校の図書室に置いてあった彼の伝記漫画を読みましたが、その凄絶な人生に童心ながら非常に衝撃を受け、さらには彼の人生を賭けた研究が現代では否定されてしまっているという事実を知って、読みながら号泣した思い出があります(漫画の絵が全編通してリアルで真実味があったというのも大きいですが・・・)。医学方面の知識には詳しくないため、「なぜ野口英世の研究は間違いであったのか」という肝心な点については、未だに理解していません。当時読んだ伝記漫画では、「当時彼が使用していた顕微鏡の精度では病原体の判別ができなかった」とあったように記憶しているのですが、この番組では別の視点による新解明の事実などが明かされるのでしょうか。お札の肖像画でもあり日本人にとって非常に馴染み深い偉人ですが、実際にどのような研究をした方なのか、どのような人物であったのかをよく知りません。この番組を学びの一助にしたいと思っています。

(無料視聴できます)

↓ ↓

フランケンシュタインの誘惑(野口英世)見逃し配信動画1月28日