スポーツ

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信/iphoneスマホ・オンデマンドで無料視聴で見る方法

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信iphoneスマホ・オンデマンドで無料視聴で見る方法

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

2021年1月31日(日曜日)12時からで『奥村組スポーツスペシャル 第40回大阪国際女子マラソン【日本最強×日本最速】』が放送されます

放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信iphoneスマホ・オンデマンドで無料視聴で見る方法

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信番組内容

1月31日(日)、大阪国際女子マラソン。 緊急事態宣言下で行われる、今年で40回目を迎えるこの大会は、歴史に残る異例のレースとなる。 東京五輪代表の“現役最強”前田穂南(天満屋)と“現役最速”一山麻緒(ワコール)が五輪本番前に直接対決。 従来の御堂筋を折り返す大阪市内のコースから、長居公園のアップダウンがほとんどない周回コース(約2.8kmを約15周)に変更。さらにペースメーカーには大会史上初の男子選手を起用。かつての“最強の市民ランナー”川内優輝に白羽の矢が立った。まさに異例尽くしの「五輪代表選手の出場」+「周回コース」+「男子ペースメーカー」で、2時間19分12秒の日本記録更新を狙う高速レースが期待される。果たして、筋書きのない2時間ドラマの結末はいかに-

キャスト

解説
増田明美(スポーツジャーナリスト)  有森裕子(バルセロナ五輪銀メダリスト・アトランタ五輪銅メダリスト)  高橋尚子(シドニー五輪金メダリスト)  千葉真子(パリ世界選手権銅メダリスト)  野口みずき(アテネ五輪金メダリスト) 

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信遺法サイトはだめな理由

ご存知でしたか?2021年の1月1日から著作権法が施行されているのです。
知らないとはもう言ってはいけない状態です。
これは著作権を侵害しているコンテンツをダウンロードしたことが本格的に遺法になったということです。
もちろん今までも遺法ではあったのですが、それで逮捕されたりする事例はありませんでした。
これからは遺法だと知りながらダウンロードをした場合は逮捕されることになります。
しかし、遺法と知らないでダウンロードする人なんているのでしょうか。
それはきっといないと思いますね。
無料でがダウンロードできるなんて、そんな都合のいい話あるはずもありません。
ドラマとかアニメとかバラエティ番組とか、そういうものが無料でダウンロードすることが許されるならば誰でもしていると思います。
みんな遺法だと分かっているからちゃんとしたした人間ならしないのです。
もちろんアップロードしている人間を潰していく必要があります。
こちらの法律に関しては既に2020年に施行されているので2021年からは遺法は減っていくものと思われます。
ダウンロードをしていいものはちゃんとお金を支払って購入した公式のものです。

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信 フジテレビオンデマンド(FOD)

フジテレビオンデマンド(FOD)FODプレミアムはフジテレビのバラエティーやドラマとアニメまで配信が無料でみられるのがすごくお得です。たまたま見たい番組が重なってやっぱり見たかったのにというときにはフジテレビオンデマンドでいつでもスマホやタブレットで見れるのがとても助かります。友達に自分の押しがでていたという番組があって見れなかったときでも検索して何度も見れるので心のダメージが少なくてすみます。また国内ドラマが年代で検索しやすいのでいつ見ていたか懐かしくドラマをまた見れるのが便利です。私にとってはフジテレビのアニメがすぐにみられることがいちばんの魅力です。ワンピースの見放題があるので懐かしいお気に入りのエピソードが何度もみれるのが魅力です。ちょっとした待ち時間や暇なときに何度でもみれるのがうれしいです。友達とのお話中にでてきた番組もすぐに検索してこれのことだよねっと一緒に見られるのが楽しい時間を過ごせることも魅力です。見放題作品が豊富なので飽きることがなくバラエティーなどは常に新しいバラエティーがみられることがフジテレビオンデマンドのいいところです。笑いたいときにたバラエティーをみて笑えるのでテレビでいつするのか分からない再放送を待つ必要がないです。

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信 視聴者感想

今回で40回目を迎える日本国内で開かれる伝統の女子マラソンです。過去の優勝者には、いずれもオリンピックの女子マラソンメダリストであるロザ・モタ選手(ポルトガル)、カトリン・ドーレ選手(ドイツ)、リディア・シモン選手(ルーマニア)、キャサリン・ヌデレバ選手(エチオピア)など、錚々たる顔ぶれが並びます。今回出場する招待選手の中で個人的に注目したいのは、一山麻緒選手(ワコール)と、前田穂南選手(天満屋)です。一山選手は、昨年の名古屋ウィメンズマラソンで優勝するなど力をつけてきている若手選手です。自身の持つ2時間20分29秒のベストタイムの更新に期待です。前田選手は3年前の大会で2位に入っています。今年で25歳と若く、虎視眈々と優勝を狙います。 女子マラソンの第1人者である増田明美さん、バルセロナオリンピック女子マラソン銀・アトランタオリンピック女子マラソン銅メダリスト・有森裕子さん、世界陸上パリ大会女子マラソン銅メダリスト・千葉真子さん、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト・高橋尚子さん、アテネオリンピック女子マラソン金メダリスト・野口みずきさんと、豪華メンバーが集結する解説陣にも注目です。

まとめ

ファンとして見所は大きく3つに分かれます。まず第一としては、五輪代表の前田穂南選手(天満屋)と一山麻緒選手(ワコール)の直接対決が見られことです。直近のレースで前田選手は、2019年9月の(マラソングランドチャンピオンシップ)で2時間25分19秒で優勝し、一山選手は2020年3月の名古屋ウィメンズマラソンで2時間20分29秒とこちらも優勝しています。前田選手は武冨監督と目標の2時間20分を下回る記録を立て、現役最高を目指します。一方の一山選手は名古屋ウィメンズマラソンで歴代4位を記録しこちらは、日本最速を目指して両者目が離せません。第二として、今現在コロナ禍での女子マラソンで選手は、市街地を走るのではなく、会場の大阪市長居公園を周回し競うことが決定しました。当然のことですが選手は高速で疾走し好タイムが期待されます。大阪国際の記録2時間21分18秒を破る記録を出すのは二人に限らず、各選手の目標でしょう。第三は豪華解説陣のコメントです。スポーツジャーナリストの増田明美さん、バルセロナ五輪銀の 有森裕子さん、シドニー五輪金の 高橋尚子さん、 パリ世界選手権銅の千葉真子さん、アテネ五輪金で大阪国際の記録保持者の 野口みずきさんらが自分自信の経験からどういう言葉が発生られるのか興味があります。個人的にはペースメーカーで川内優輝選手を見られるのも楽しみです

(無料視聴できます)

↓ ↓

大阪国際女子マラソン/2021/ネット配信iphoneスマホ・オンデマンドで無料視聴で見る方法