TV

おひさま家族, 関西,大阪,名古屋,北海道,福岡,岡山,広島の放送局にない時

おひさま家族サイト関西,大阪,名古屋,北海道,福岡,岡山,広島の放送局にない時

2021年2月6日(日曜日)テレビ朝日で『第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜』がされます

た方は、インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)にて見る方法

地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜無料視聴できるサイト

第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜番組内容

太陽の光と闘いながら必死に生きる少年と、優しく寄り添う家族…10年の記録。生きることの意味…家族のあり様…幸せの道しるべ…心ゆさぶる、家族の物語です。

もし、生まれた時から「生きる時間」が決まっているとしたら、人は、家族はどのような人生を歩むのか…色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)は、紫外線を浴びると皮膚に火傷のような症状が出て、やがて皮膚がんを患ってしまう病。神経障害も伴い30歳位までしか生きられないと言われている。静岡県富士市に住む清 麟太郎(せい りんたろう)君(17)は、生後10ヶ月の時にこの病気の宣告を受けた。は耳も聞こえなくなり、話すことや歩くことも困難に…。しかし、麟太郎君を支える家族は明るく前向きだ。毎年、日が暮れてからサクランボ狩りに出かけ、祖母は孫の生きた証を残そうと彼の言葉を綴った本を作った。手話を勉強する兄弟、優しく寄り添う父と母…家族は、この17年を振り返った時「楽しかった」「幸せだった」と言う。麟太郎君と家族の10年の記録から、家族のあり様と生きる事とは何かを問う。

第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜 キャスト

リリーフランキー

第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜 あらすじ

子供の頃から色素性乾皮症のドキュメントを見るのが好きでした。
世の中にはこういう病気と闘っている子たちもいることを知るのは大事なことです。
昼間の放送なので是非子供と一緒に見てほしい番組だと思います。
いかにも自分は恵まれたからだであることが分かると思いますよ。
太陽の光を浴びることが出来ないのは本当に辛いと思います。
人間の体は太陽の光を浴びることで健康になったりよい睡眠をとれるようになったり鬱を回復したりカルシウムを作ったりするのです。
それがどうして太陽の光が悪なのか。あまりにも辛いことだと思います。
それでも懸命に生きている麟太郎は凄いです。
30歳まで生きるのは難しいといわれているそうですが、少しでも長生きをてほしいなと思っています。
車椅子生活になってしまい音も聞こえにくくなって来ているようです。
かなり病状が進行してしまっていますよね。
この進行を止めてあげる方法はないものか、考えるだけでなんとかしたいという思いがより強くなりますね。
麟太郎と同じ病気で戦っている子たちももっと楽に生きてほしいなと思います。

おひさま家族//みどころ

難病は色々ありますが、まだ子供なのに長く生きられない難病を患ってしまうのは辛いですよね。
色素性乾皮症の子供のドキュメントは見るのが昔から好きでした。
でも昔から見ていたけど未だに治療法がわからないというのが悲しいのです。
私も原因不明の症状で4年くらい苦しみ続けていて凄く辛いし生きることが嫌になっています。
けどりんたろうくんはまだ子供なのです。
子供なのに私よりもはるかに辛い状況です。私は昼間でも出かけることは出きるし耳は聞こえるし歩けます。
でりんたろうくんは普通の人が出来る当たり前のことが出来ないのです。
かわいそうと思ってしまうのは失礼かも知れませんが、どうにか治すことは出来ないだろうかと考えてしまうのです。
今までもこの病気でたくさんの子供たちが亡くなってしまったのかなと思うと悲しいです。
症状が悪化しているということなのですが、それでも負けないで強く楽しいこともしながら長生きをしてほしいと思います。
お父さんとお母さんは本当にお疲れ様です。これからもりんたろうくんにたくさんの愛をそそいでほしいです。

まとめ

太陽に浴びることができない少年とその少年を支えている家族の10年を追ったドキュメンタリーということなので、きっと感動すること間違いないと思います。太陽に浴びることができない病気というのは知ってはいたものの、それが30歳まで生きることができない可能性が高いということは知らなかったので、この家族が難病を抱えているりんくんをどのように支えているのかを知る事ができるのではないでしょうか。
6歳のときには、元気に外で遊び、おじいちゃんの仕事のお手伝いもしていたりんくんが、17歳になった今、車イス生活となり話すこともできなくなったということなので、この病気の恐ろしさと、無常さを知る事ができると思います。徐々にできることが少なくなっていくなかで、確実に命のタイムリミットを感じているということはとても切なくて、どうすることもできない悲しさがあるのだと思います。
そのなかで、りんくんの家族は残された人生をしっかりと思い出を作ろうとしている姿などを放送されるということなので、りんくんの家族の愛なども楽しむ事ができるのではないかと期待しています。かわいそうというような気持ちではなく、がんばっている姿に勇気をもらうことができたらうれしいです。

(無料視聴できます)

↓ ↓

第35回民教協スペシャル おひさま家族 〜りんくん一家10年の記録〜