TV

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!(2021)見逃し配信/葛西紀明/動画再放送

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信/葛西紀明/動画再放送

2021年2月13日(土曜日)16時からテレビ東京で『第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!』が放送されます

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送/番組内容

小林陵侑・高梨沙羅に追いつけ追い越せ!北京五輪の代表の座を争う戦い!最年長ジャンパーである男子レジェンド葛西紀明に密着「48歳、葛西の逆襲」!

キャスト

解説:原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督)

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送ストーリー性

1992年のアルベールビルオリンピックから現在もご活躍されている
私とほぼ同じ年代の葛西紀明さんが、次世代の選手を育成しつつ、
いまだに現役として活躍していることがすごいと思います。

今シーズンは強化指定選手から外れてしまいましたが、
そういう状況でも、次の北京オリンピックを目指し、あきらめない姿はすごいと思います。

個人的に印象に残っているのは、葛西紀明さんが良い成績をおさめた記録のことでなく、
日本で行われた長野オリンピックで選手として出場できなかった時、
悪天候の中、競技続行をアピールさせるため、テストジャンパーンパーとして転倒せずジャンプを成功させ、
最終的に、日本の団体を黒子として金メダルに導いたことが一番印象に残っています。

プライベートでは、お母さまが放火でお亡くなりになったり、
妹さんが難病でお亡くなりになるなど不幸がありました。
また、平昌オリンピックではメダルを逃してしまうなど、
今までいろいろ苦難があったと思います。
そういう苦難を乗り越えるからこそ、レジェンドに値する選手だなと思います。

レジェンドのジャンプを直接見ることができる札幌の皆さまがうらやましいです。
コロナで見にいけませんが、テレビを通して応援したいと思います。
これからもずっと現役として、次の北京でメダルを取るべく、今後のご活躍を期待いたします。

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送 楽しみな点

葛西選手は昔から顔を見るベテランだという印象はありましたが、48歳と聞いて驚くものがありました。ただ普通に生活していくだけでも体の衰えなどを感じる年代だろうに、アスリートとして過酷なトレーニングを積み、体力気力共に維持しながら現役を続けているとはどんなにすごいことなのだろうと。芯の強さのようなものを感じました。スポーツ界はどうしても新しく出てきた若い選手にスポットライトが当たり、ある程度年齢がいったらそろそろ引退するだろうと予想される風潮があり、まだ力のあるベテラン選手が「年だから…」という理由で引退してしまうのはもったいないと感じたことがありました。葛西選手はそんな日本のスポーツ界に逆風を与え、今頑張っている、そしてこれからも頑張り続けたいと思っているベテランのアスリートたちの鏡にもなると思います。「48歳の葛西も頑張っているのだから俺ももう少し力を尽くしてみよう…」と。ジャンプ競技は日々のトレーニングはもちろんのこと、当日の会場のコンディション、風向き、風の強さなど、自分ではどうしようもない「運」のようなものに任せる部分も出てくると思います。葛西選手は約30年もの間、様々な場所や条件での経験を積み、若い選手には分かり得ないことも身を持って学んでいると思います。きっと経験が強みになることもあるのではないかと感じています。大会当日、葛西選手たちが1メートルでも長く、遠くまで飛べるよう画面越しに応援したいです。

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送視聴者感想

今回で32回目を迎える、国内で開催される伝統のスキージャンプ大会です。日本は現在、男子は小林陵侑選手がエースとしてスキージャンプ陣を引っ張っています。小林選手は2シーズン前のスキージャンプW杯で日本人初の総合優勝、特に年末年始に行われる「ジャンプ週間」で完全優勝を果たし、次回冬季オリンピックでも金メダルの有力候補と目されています。まだ24歳と若く、将来が期待される選手ですが、「TVh杯ジャンプ大会」では、この小林選手に続く、活きのいい若手選手の台頭があるのかに注目です。また大ベテランの葛西紀明選手も若手に負けじと出場します。まだまだ、世界の舞台でも活躍できる力と技術を持つ葛西選手が、台頭してくる若手と切磋琢磨して、どのようなジャンプを披露するのか気になります。そして、解説には、男子スキージャンプの第一人者で、長野オリンピックのスキージャンプ団体金メダリストの原田雅彦さんが務めます。ともにオリンピックにも出場し、今なお現役で奮闘する葛西選手に、原田さんはどのような言葉をかけるのかにも注目です。まだまだ寒い日が続きますが、出場する選手の皆さんには、この寒さを吹き飛ばすような大ジャンプを期待したいです。

まとめ

葛西憲明さんは48歳になってもオリンピックを目指すんですよね。確かにオリンピック選手を目指すには「〇歳から出ないと駄目」と言うルールがあります。トリノで浅田真央さんが「年齢制限があるからルールを破ってまで出たい気持ちはない」と言っていたので。でも「○歳までしか出たら駄目」と言うルールはないんですよね。現役でいる限りずっと試合には出られるんです。ただ次から次へと新しい選手が登場するのにそれでもオリンピックを目指すとは相当強いメンタルの持ち主ですよね。もちろん中にはもう自分の時代は終わり。次はこの人の時代だからと身を引く人もたくさんいます。ほとんどの人が体力の限界や次の人が出てきて自分はもう勝てないと潔く諦めるというのがほとんどでしょうが、「若いもんに負けるか!!」その気持ちが素晴らしいと思います。そうです。オリンピックだけではありません。経験と言うのは若い人にはない武器です。その経験があるのは場を踏んでいる葛西さんだけです。どのような試合転形になるか解りません。大方の予想では多分他の選手が優勝するだろう。でしょうが何があるか解りません。優勝とは言いませんが表彰台の上に立っている可能性は十分にあると思います。葛西選手は若い選手と違ってプレッシャーに負けるという事がないのですから。

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れないです

(無料視聴できます)

↓ ↓

第32回TVh杯ジャンプ大会 国内トップジャンパー決定戦!2021見逃し配信動画再放送