TV

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送フル無料視聴NHK

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送フル無料視聴NHK

2021年2月14日(日曜日)17時からNHK総合で『NHKドキュメンタリーセレクション「ジェイクとシャリース〜僕は歌姫だった〜」』が放送されます

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送フル無料視聴NHK

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送番組内容

フィリピンの貧しい家庭からアメリカンドリームをつかんだ少女シャリース。アジア人アーティストで初となるビルボード・アルバムトップ10入りから7年後、自らの性自認が“男”であること、つまりトランスジェンダー男性であると公表した。「ジェイク」と名前を改め、シャリースとしての名声も歌声も捨てての再出発。自分の本当の声を見つけるまでの等身大の姿を追う。エピローグでは、AIとジェイクのアフタートークも!

キャスト

【出演】AI,ジェイク・ザイラス

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送ストーリー性

トランスジェンダーであるということ、もっとみんなどんどん告白してもいいんじゃないかなと思うのです。
自分に嘘をつく必要なんてないと思うんですけどね。
主人公のジェイクさんは、フィリピンで貧しい家庭で育ったとのことですが、アメリカンドリームを掴んで歌姫になったということです。
この方が歌姫になれた理由ですが、特別ボイトレなども何もしていないのに圧倒的な歌唱力が生まれ持ってあったからではないでしょうか。
歌声は神様からの贈り物だったのだと思います。
しかし、歌姫と言われた少女は、本当は心が男だったのです。
シャリースという可愛い名前で活動をしていたものの、ジェイクという男らしい名前で活動をするようになりました。
つまり今までの歌姫だった頃の自分は全部捨てたことになるのです。
凄く人気があったから色々な意見もあったと思います。
前のほうが良かったという人もたくさんいるでしょうね。
でも自分の気持ちに嘘をついているのって凄く辛いと思うのです。
心は男だから歌姫といわれたり、女性扱いをされたりすることも嫌だったと思います。
今彼は本当の自分として活動していて格好いいなと思います。
本当の姿になったことで新なファンもできたはずですよ。

アーティストのAIがお薦めのドキュメンタリー番組を紹介するシリーズで今回取り上げられるのは、トランスジェンダー男性であることを公表し、ゼロからの再出発を決意したフィリピンの国民的スターについて、だそうです。
LGBTという言葉が社会に浸透してからかなりの年数が経ったと思いますが、未だにその言葉の意味については、よく理解していない人が多数なように思います。私も恥ずかしながら、正確に理解しているかと問われれば、あまり自信がありません。
今回の番組の主人公とも言うべきシャリースは、アジア人アーティストで初となるビルボード・アルバムトップ10入りを果たした、フィリピン発の大スターだそうですが、栄光を手にしてから7年後、自らの性自認が“男”である、つまりトランスジェンダー男性な状態であると公表し、「ジェイク」と名前を改めたそうです。
たてでさえ性的少数派であることを周囲に明かすのは勇気がいることでしょうし、ましてや芸能人として成功した立場での告白は、それまで築き上げた地位が崩壊しかねない行為であり、本当に勇気がいったことだと思います。
名声も歌声も投げ捨てての再出発に、シャーリーズ改めジェイクがどんな道を歩んだのか? とても興味深く楽しみな番組です。

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送 楽しみな点

タイトルにあるジェイクさんとシャリースさん、この2人は同一人物なのです。
かつてシャリースさんという女性歌手は奇跡の歌声と言われていたそうで、フィリピン出身の歌姫だと高い評価を得ていました。
当時のアジア人にしては珍しくビルボードでトップ10入りを果たしたりしていたということです。
それから7年後、歌姫は衝撃の告白をすることになるのですが、それは心が男性であるということです。
つまり、シャリースさんはずっと性同一性障害を抱えながら歌手活動をしていたということです。
手術もしてしまったので、歌姫と評価された生まれ持った高音ボイスも封印。聞くことは出来なくなってしまったのです。
こんなに評価されることよりも、彼女というか彼にとっては本当の自分の姿で舞台に立ちたいという思いが強かったのでしょうね。
多分批判もあったと思いますが、女性時代もきっと色々なイヤな思いをして来たのだろうなと思います。
ジェイクという男性の名前を使って歌手としてゼロからのスタート。最高に格好いいと思います。
それでもまだ過去のこと、心の傷が残っているようです。
これは彼だけではなくトランスジェンダーとしての悩みを抱えている人全ての課題だと思います。
大変なことも多いと思いますが、彼を応援してくれる人はたくさんいるはずです。

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送視聴者感想

今でこそ性別の多様性を示す「トランスジェンダー」は公に認知されるようになってきていて、男性か女性か二通りだけの性別だけでなくもっと多様な性を持つ人がいるのだと知る機会も増えましたが、ジェイクがデビューし始めたひと昔前までは理解されずときには差別されることも多かったと思うので?自身の性に違和感をかんじながらも公には出来ず苦しむことも多かったのではないかと思います。女性として生まれたけれど男性の気持ちで生きることを決意した「ジェイク」はどのような歌を歌う方なのでしょうか。今までの「シェリース」としての実績を捨て、性の違いを公表し、名声も歌声も新たに「ジェイク」として活躍することにしたきっかけはどんなものだったのでしょうか。自分の「本当の声」を探し見つけるまでには苦悩や不安などもたくさんあったと思いますが、どのような気持ちで乗り越えて今の姿があるのか気になるところです。幼少期にも色々と苦労されてきたとのことなので、きっと芯が強い方なのだろうなという印象です。AIさんとのアフタートークにも期待しています。彼女はユニークな発想と天然なキャラクターでバラエティー番組ではしゃべり倒し、相手のトークを引き出す力を持っているので今回はどんなトークをしてくれるのか楽しみです。

まとめ

アーティストとして若者を中心に大人気のAIさんが、今回紹介してくれるドキュメンタリー番組が、とても興味深いテーマを扱っています。人は生まれながらにして男性か女性か、自分では選択できないどちらかの性別の肉体を備えて生きています。ですが、性別とは何をもって決められているのでしょうか。肉体でしょうか、それとも、精神でしょうか。生来の性別に違和感なく、順応して生きている人が大多数の世の中で、そうではない人々も存在しています。体の性別と、心の性別が一致している人もいれば、一致していない人もいます。今回はそんな性別の壁に苦悩したトランスジェンダー男性を紹介してくれます。フィリピンの貧しい家庭で育った少女シャリースさんは、アジア人アーティストとして初となるビルボード・アルバムトップ10入りを果たして、見事にアメリカンドリームをつかみました。彼女の歌声を聴いたことがある方もたくさんいるのではないでしょうか。そんな彼女は、現在、自身がトランスジェンダー男性であることを公表し、名前もジェイクと改めて、ゼロからの再出発をしています。彼はどのような決意をして、男性としてどんな生活を送っているのでしょうか。放送が楽しみです。

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送フル無料視聴NHKpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

(無料視聴できます)

↓ ↓

ジェイクとシャリーズ〜僕は歌姫だった〜見逃し配信動画再放送フル無料視聴NHK