TV

第22回NHK全国短歌大会 2021 見逃し配信 動画 再放送 nhk フル無料視聴

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴

2021年2月21日(日曜日)14時30分からNHK Eテレで『第22回NHK全国短歌大会』が放送されます

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴番組内容

例年、NHKホールで開催されている大会。今年は新型コロナのためスタジオでの収録となった。穂村弘、斉藤斎藤、小島なお、星野真里、山口智充、光浦靖子、小島よしお

キャスト

【出演】穂村弘,斉藤斎藤,小島なお,山口智充,小島よしお,光浦靖子,剣幸,【司会】星野真里,【声】加賀美幸子

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴ストーリー性

朝の早い時間、あるいは午後のちょっとした時間、何気ない時間に気づくとやっていることが多い「NHKの短歌」の番組。そして、そのまま何気なく見てしまいます。最近はお題も身近なものが多く、とっつきにくさがあまりなくて、短歌の知識の全くない私にも、一句つくれそうな気にさせてくれる番組です。今、短歌や俳句は結構色々な所ではやっていますしね。第22回は、出演者も好感度の持てるタレントさんばかりで、とても楽しみです。中でも山口智充さんと光浦靖子さんが大好きで、特に、いつもテレビや雑誌などで、とても繊細で、他の人には気づきにくい所に目をむけていて、すごいなあ、と感心させてくれる光浦さんのコメントを楽しみにしています。それともう一人、出演者で楽しみなのは、声の出演のみだと思いますが、加賀美幸子さん。加賀美さんは、NHKラジオの古典講読を毎週聴いていますが、本当に声も素敵でその物語の世界に引き込んでくれます。恐らく番組に自分の作った短歌を送っている方々は、皆さん「もしかしたら自分の短歌を加賀美さんに読み上げてもらえるのでは…」と期待して番組を見ているんだと思います。その位加賀美さんの声は魅力的だと思います。

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送楽しみな点

楽しみな所は、短歌の全国大会を観れる所です。
今年のテーマは、「生」という事でどんな短歌が、応募されてきたのか注目です。
楽しみな所は、1万9千もの投稿の中から大賞を選ぶところです。
短歌を嗜む人たちの力作を期待します。
面白そうな所は、応募者が、どんな想いを込めて短歌を詠んだのかです。
今回は、「生」というテーマなのでいろいろな思いが、詰まっていそうです。
感染問題により「生」について改めて向き合う時代になりました。
短歌にするとどう詠んでいいのか考えてしまいますね。
感慨深い短歌も詠まれそうなのでそこも注目しています。
楽しみな所は、光浦靖子さんが、出演している所です。
味わいのあるコメントをするので楽しみです。
独自の視点を持っている光浦康子さんの詠んだ短歌もみてみたいなと思ってしまいます。
面白そうな所は、短歌の中にドラマが、垣間みれる所です。
文章を読んでいるとその時の情景など分かって面白いですね。
詠み手の心情も短歌の中に込められているのでちょっとしたミニドラマのワンシーンをみているような面白さもあります。
短歌などの応募の優勝作品を観ているとやはり上手いですね。
上手い短歌のコツなども分かりそうですね。

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送違法サイト

遺法に動画をアップロードした場合、高額の罰金の支払いが命じられることもあります。
通常は高くても500万円程ですが、人によっては年収よりも高い額が罰金に消えていくということです。
そして更に高額になる場合、1000万円の支払いになることもあるというのです。
1000万円を稼ぐのに何年かかりますでしょうか。
年収が高めの人であったとしても1000万円が罰金に全部消えるとなると、生活はしていることは難しくなるでしょう。
そんな高額の罰金信じられないと思う人もいるかも知れないですが、試しに検索をして調べてみてください。
著作権関連のホームページなどにもしっかりと書いてあります。著作権関連の罰金は他の罰金よりも高額になっているのです。
無断アップロードをすることにより、テレビ局や映像製作会社の利益を奪うような形になります。
また、無断アップロードをしたのが個人ではなく法人の場合は最大3億円程度の罰金に膨れ上がります。
ちなみにこの額は目安なので、場合によっては更に上乗せして請求されることもあります。
大切な動画制作会社を守る為に大切なことです。

まとめ

英語教育開始時期の低年齢化が進む中、大人たちの間ではテレビ番組の影響などにより、短歌や川柳、俳句など日本語の言葉遊びがブームです。学校で短歌を学んだ後は、短歌が好きな人しか続けなくなってしまうことがもったいないと感じていました。日本古来のこれらの言葉遊びは、写真のように情景が浮かび、よみ人の心も同時に封じ込められている。そこにとても魅力を感じ始めていました。これまでこの言葉遊びに親しんでこなかった私も、昨今芸能人が歌を読んだり、番組で紹介されることで「うまい!」と言いたくなる言葉選びにつられ、作ってみたくなっています。今は良い作品を鑑賞し書写して、言葉の組み立て方を学んでいるところなので、今回のこの番組でも学ばせていただきたいと思っています。こちらで大賞に選ばれた方々もこれまで相当数作られ、何度も応募してこられている方々でしょう。その方々も今年度のように、題材選びに難しかった年はなかったと推察します。この変化の乏しい日常をでどのように織り込み、一瞬の心情をどのような言葉で表されているのかが楽しみです。ゲストの小島さんや光浦さんも俳句などに親しまれていて、番組でも素敵な作品を作られているので、今回も短歌を作って披露してくれることを期待したいです。

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れません

(無料視聴できます)

↓ ↓

第22回NHK全国短歌大会2021見逃し配信動画再放送フル無料視聴