TV

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信・再放送・動画100分de災害を考える 3月1日フル無料視聴

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信・再放送・動画100分de災害を考える 3月1日フル無料視聴

2021年3月1日(月曜日)22時25分からNHK Eテレで『100分de名著 100分de災害を考える(1)▽寺田寅彦“天災と日本人”』が放送されます

見逃した放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画3月1日フル無料視聴

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画/番組内容

科学者であり随筆家でもある寺田寅彦の災害観のエッセンスがつまった随筆集が「天災と日本人」だ。文明が進歩すればするほど災害による被害は甚大になるという寺田。災害に向き合うためには、日本人が古来からもっている自然観をもう一度見つめることで、人間と自然との「つながり」を根底から考え直す必要があるという。第一回は、災害という予測不可能な危機にどう向き合い、どう冷静に対処するかを考える。

キャスト

【講師】批評家・随筆家・東京工業大学リベラルアーツ教育研究院教授…若松英輔,【司会】伊集院光,安部みちこ,【朗読】滝藤賢一,

100分de災害を考える見逃し配信動画U-NEXTで見たい注目ポイント

つい先日も大きな地震があった後なので、今とても関心の高まっている内容でした。天災という人間がコントロールできない出来事にどう向き合っていけば良いのか、ぜひ今後の参考にさせていただきたいです。人間の自然との向き合い方によって天災を防ぐことができるならば多くの人が関心をもって取り組む必要があるなと感じました。自然・災害・人間と別枠で考えるのではなく自然と人間との繋がりに問題の根底があるという考えが非常に興味深いです。今回は番組を通してどのような内容が聞けるのか楽しみにしています。災害は自然界の怒りであるということは何度か聞いたことがありましたが、実際にどのような根拠があるのか理解を深めていきたいです。現在はコロナ禍ということもあり、さらに災害が起こると大変な状況下もあるので、自分にできることを少しでもやっていけたらと思いました。そして、実際に災害が起こった時にはどんな対処が必要なのか改めて考え直し、家族とも話していきたいです。また、その時の状況によっても対処の仕方が違うと思うので、講師の方にお話を聞く中でいろんな場面を想像しながら予測して、いざという時に備えに生かしていきたいです。放送を楽しみにしています。

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画あらすじ

この番組は100分という短い時間で名著を紐解き、災害について考えようという趣旨のようです。そして紹介されるのは寺田寅彦の「天災と日本人」です。
災害といえばもちろん様々なものがあります。豪雨や台風、地震など…。つい先日も大きな地震が発生したばかりですが、震度6もの地震が余震だと聞いて驚きました。しかもそれは10年前の東日本大震災の余震なのです。
人間は自然の前では無力です。私だって揺れに震えながら、何度神に祈ったことでしょう。人間はちっぽけな存在なんだと思い知らされます。
しかも寺田寅彦は、文明が発達すればするほど災害の被害は大きくなるというのです。なんとも皮肉なことです。人間の知恵で得た文明の発達が何の役にも立たないということでしょうか。
もしかしたら人間は、この地球上で我が物顔で好き勝手をし過ぎたのかもしれません。地球上に存在するのが自分たちだけだと錯覚し、自然の存在を忘れていた報いなのかもしれません。
寺田寅彦は、人間と自然との繋がりを考え直さなければならないと説いています。確かに私たちは日々を、自然との関係を考えながら生きていたでしょうか…。
私自身も反省の気持ちをもちながら、この番組を通していつ起こるかわからない災害について考えたいと思います。

みどころ

災害は発生すると大変であるし、同時に身近なものでもあると思います。今回の放送内容は興味がある人が多いと感じます。科学者かつ随筆家という作者なので、根拠を論理的に示しつつも、論文などよりは読みやすい本なのかなと予想しています。文明が進歩すると災害の被害が甚大になるという考えは少し意外にも感じました。しかし、飛行機により人が行き交ったりすると感染症のリスクが高まるし、建物が地震で倒壊することで亡くなってしまう事例もあるし、なんとなくわかる気がします。これ以外にも要因がありそうなので知りたいです。昔の人々は災害にどう向き合っていたのか、自然観について述べながら語られるという点も興味深いです。人間と自然とのつながりを考え直すというのは、共感出来そうだなと思います。街中で暮らしていると自然に対する感度が鈍くなっているように思います。ですので、考え直す機会は大切にだろうとか感じます。きっと私が聞いたこともなければ、思い付きもしないような考え方や、歴史上起こったことを知ることができると思うので楽しみです。また、ホームページに冷静という言葉がありましたが、最近の世の中の動きや、身の回りの出来事を考えると、人間は冷静さを失いやすいことを実感しましたし、大切な姿勢を学んでみたいです。

まとめ

「100分de名著」は、自分では読破が難しい名著をナビゲーターの伊集院光さんがゲストを迎えて解説する人気シリーズです。俳優としての活躍目覚ましい滝藤賢一さんが朗読を担当しています。今回取り上げられるのは、戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人である寺田虎彦の『天災と日本人』です。科学者であり随筆家でもある寺田寅彦の災害観のエッセンスがつまった随筆集をゲストに批評家・随筆家・東京工業大学リベラルアーツ教育研究院教授である若松英輔さんを迎えて紐解きます。文明が進歩すればするほど災害による被害は甚大になるというのが寺田の主張です。災害に向き合うためには、日本人が古来からもっている自然観をもう一度見つめることにより、人間と自然との「つながり」を根底から考え直す必要があると説いています。第一回では、災害という予測不可能な危機にどう向き合い、どう冷静に対処するかを考えます。地球温暖化による気象の変化で大災害が頻発する昨今に寺田寅彦の思想はどのようなヒントを与えてくれるのでしょうか?コロナ禍であらゆる問題が顕在化し将来への不安が渦巻く混迷のこの時期に、どんな非常事態になっても動揺することなく必要な選択ができるよう、いま一度自分の足元を見つめなおす機会になるのではと思います。ぜひ、次回も見逃すことなく視聴し寺田寅彦の先見の明のある思想を理解してみてはいかがでしょうか?

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画3月1日フル無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(ティーバー・ディーバー・ティバー・テォバー)で見れないです

(無料視聴できます)

↓ ↓

100分de名著 寺田寅彦/見逃し配信再放送動画3月1日フル無料視聴