TV

神田伯山のこれがわが社の黒歴史・見逃し動画配信・再放送フル無料視聴まとめ

神田伯山のこれがわが社の黒歴史・見逃し動画配信・再放送フル無料視聴まとめ

2021年3月19日(金曜日)23時15分からBSプレミアムで『レギュラー番組への道 神田伯山のこれがわが社の黒歴史』が放送されます

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

神田伯山のこれがわが社の黒歴史動画フル無料視聴まとめ

神田伯山のこれがわが社の黒歴史番組内容

講談師の神田伯山が「企業の黒歴史(=苦労の歴史)」を語る異色の経済番組。取り上げるのはおもちゃメーカーバンダイの“世界一売れなかった次世代ゲーム機”の物語。1990年代、プレステ、セガサターンがしのぎを削るゲーム市場に挑んだバンダイ。社運をかけて開発した「ピピンアットマーク」は270億円の損失を招く結果に。黒歴史を講談調で笑いに昇華しつつ教訓をあぶり出す。ガンプラのコマ撮りによる再現Vも必見!

神田伯山のこれがわが社の黒歴史 キャスト

【出演】神田伯山,【語り】広瀬修子

神田伯山のこれがわが社の黒歴史見逃し配信動画U-NEXT

映画やドラマ、アニメ見放題です。「ないエンタメがない。」と謳う動画サービスだけあってラインナップも豊富です。特に国内ドラマのラインナップはとても充実しています。最新映画の追加もすごく早いです。毎月1,200円分のポイントが貰えて雑誌・マンガなどの電子書籍も楽しめます。親アカウント以外に3つの子アカウントが作れるので最大4人まで同時視聴できるのも良いです。動画はフルHDの高画質で楽しめて、一部作品は4Kに対応しているので「ドルビーオーディオ」により映画間にいるような感覚で迫力のある映画を見ることができます。アダルトコンテンツも充実しており150,000本のAV作品が見放題になっている上に最新作のAV作品をレンタルすることもできます。またダウンロード機能を搭載でオフライン再生に対応しています。Wi-Fi環境が整っている場所でダウンロードしておけば、通信環境を気にせずに視聴できます。オフライン再生は外出先での移動時間を有効に使えるのでとても便利です。スマホ・タブレット・PS4・PCに対応しているなどテレビで観られるデバイスが豊富なのも大きなメリットです。31日間無料体験ができるので始めやすいのも特徴です。

神田伯山のこれがわが社の黒歴史 楽しみな点

会社の黒歴史はその企業にとっては皆に触れられたくない過去の出来事なのはもちろんです。黒歴史を発表してしまうとその会社のイメージダウンになり、メーカーならその会社の商品が売れなくなってしまう恐れがあり、とかく企業は黒歴史を隠したがるものです。世界的に有名なゲームメーカーであるバンダイが敢えて自社の黒歴史を公表するということにバンダイの勇気を感じ、親しみを覚えます。企業はいつも好調とは限りません。失敗を重ねたなかから、成功につながるポイントを見つけ出し、業績を伸ばしていくのはどこの企業も同じで、バンダイもそんな企業の一つです。企業の話というと堅くて、面白みにかけるように思われがちですが、そんな堅い話を経済の専門家が語るのではなく、講談師である神田伯山の講談によって面白おかしく語るところにこの番組の意義があるでしょう。エキスパートの話なら聞きたくないが、プロの講談師が語る講談なら聞いてみようという人も多いはずです。しかも老若男女かんけいなく、人気を博している神田伯山なら、彼の講談はきっとおもしろいと思う人が少なくありません。黒歴史を講談で表現するとはユニークな企画です。バンダイも現在は業績が良いから過去の失敗談を振り返ることができるのでしょう。今後もバンダイに期待したいものです。

神田伯山のこれがわが社の黒歴史見逃し配信視聴者感想

息巻いて発売してみたが全く売れなかった商品、思わぬ落とし穴にはまってしまい身動きが取れなくなってしまったプロジェクトなど、こういう失敗はどの会社もかかえることのあることを「黒歴史」と呼び、この番組では企業の黒歴史=苦労(くろう)の歴史として現在、大人気の好男子である神田伯山さんが語ってくれる経済番組の失敗談というないようで、講談師のかたが中心となって経済番組が展開していくの非常に意匠区のように感じますし、また、非常に新鮮で楽しみにも感じます。
企業の黒歴史を講談師が笑いに昇華していきつつも、手痛い失敗から得られた教訓や経験を探り出すことで、これから色々と挑戦していく人たちのアドバイスになるような内容になっているそうで、ただ、失敗を面白おかしく笑ってすます見方もできるし、この放送の知識を持ってこれから世の中を動かしていくんだと!という想いを持った商品を提案してくれる企業(個人)の方々には非常に良い勉強にもなる番組でもあると感じます。
第1階の内容として1900年代プレステやサガサターンなど大ブレークしたゲーム市場に対して大手おもちゃメーカーバンダイが挑んだ黒い歴史を語ってくれるそうで
世の中に脚光を浴びることなく消えていった商品とその事実の裏話度を聞けるということで、世の中を動かす商品が歴史と期して刻まれている中で、こういう大手であっても失敗し世間に全く知られることなく消えていった商品も存在した事実が知れただけでもうれしく感じてしまいます。

まとめ

日本の大手エンターテインメント会社と今や世界を代表する会社がタッグを組んで見事にこけたゲーム機があったなんて、それだけでも興味が湧きます。技術的になんら劣ることなく、素晴らしい商品であったと思われますが、商品というのはやはり消費者に評価・支持されないことには、どれだけ凄いものでも注目されずに消えていくのですね。優秀な製品じゃなくても、人気が出ると勝ちなのかな、などさまざまなことを考えてしまいます。それはさておき、ヒットを連発している会社に残る黒歴史、本来なら黙って抹消してしまいたい過去だと思いますが、それをわざわざ掘り起こし、ひとつの番組に仕上げてしまう手腕が素敵です。また、そんな番組のコンセプトを許してしまう取材される側にも拍手を送りたいです。過去を振り返って反省し次に生かすことが出来るからこそ、会社が発展しているのだと思います。人ってこういう他人の失敗に興味津々で、神田伯山さんの講談の名調子と相まって、黒歴史を笑いを交えつつ語ってくれることを期待します。こうして笑顔で番組として取り上げることが出来るのも、失敗の経験が今に繋がっているからこそ、人生にも通ずるものがありそうで、生きづらい現代社会を上手に生きる上での参考になりそうです。

神田伯山のこれがわが社の黒歴史動画見逃し配信再放送 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】、tver(て ぃ ― っ ば ディーバー・ティバー・テォバー)では下記で

(無料視聴できます)

↓ ↓

神田伯山のこれがわが社の黒歴史動画見逃し配信はこちら!