スポーツ

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継

2021年3月30日(火曜日)19時からフジテレビで『FIFAワールドカップカタール2022 アジア2次予選 日本×モンゴル』が放送されます

インターネットpc(ネット)vod(ビデオオンデマンド)スマホ,iphone(アイフォン)について見る方法は下記です

見逃した方、放送地域にない、見れない方は(アンカーテキストをクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

(無料視聴できます)

↓ ↓

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継番組内容

『FIFAワールドカップカタール2022』への出場へ、現在アジア2次予選グループFの首位に立つ森保ジャパンが、同5位のモンゴルに挑む!コロナ禍の中で、急きょ日本・フクダ電子アリーナ(千葉県)での開催が決定。サッカー日本代表の熱い戦いが、日本に勇気と元気を届ける。 【出場選手(3月22日現在)】 〈GK〉 西川周作(浦和レッズ)  権田修一(清水エスパルス)  前川黛也(ヴィッセル神戸)
〈DF〉 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)  佐々木翔(サンフレッチェ広島)  松原健(横浜F・マリノス)  山根視来(川崎フロンターレ)  畠中槙之輔(横浜F・マリノス)  中谷進之介(名古屋グランパス)  小川諒也(FC東京)  冨安健洋(ボローニャ/イタリア)  〈MF〉 稲垣祥(名古屋グランパス)  江坂任(柏レイソル)  遠藤航(シュツットガルト/ドイツ) 
伊東純也(ゲンク/ベルギー)  南野拓実(サウサンプトン/イングランド)  古橋亨梧(ヴィッセル神戸)  守田英正(サンタ クララ/ポルトガル)  川辺駿(サンフレッチェ広島)  鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)  脇坂泰斗(川崎フロンターレ)  〈FW〉 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)  浅野拓磨(パルチザン/セルビア)

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴルキャスト

【MC】 ジョン カビラ、鈴木唯(フジテレビアナウンサー)  【解説】 風間八宏  【実況】 西岡孝洋(フジテレビアナウンサー)  【ピッチリポート】 小穴浩司(フジテレビアナウンサー)  【副音声】 ROLAND  ほか

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継はU-NEXT

U-NEXTの一番の利点は見れる作品数の多さです。登録されている作品が多いため、初めてサブスクリプション系の動画サイトに登録される方にはおすすめだと思います。また、雑誌やマンガなどの書籍も多数あり、映画やドラマ以外にも楽しめるコンテンツが豊富にあります。
他のサブスクリプション系の動画サイトと違うのは、月額を払うと定期的にポイントがもらえるという点です。そのもらったポイントは新作ドラマや新作映画の購入に当てることができ、新作を視聴することができます。他の動画配信サービスだとどうしても有料であったり、配信されていないことが多かったりと見たいものが見れないもどかしさがありますが、U-NEXTはまずありません。また、配信ジャンルも多岐に渡っていてドラマや映画はもちろん、アニメやバラエティ、さらにはアダルトまでご家庭で全ての人を対象にしていると思います。一家で1アカウント持っていれば充実すると思います。また、Chromecastなどでテレビに出力することも可能です。ただし、1つのアカウントで複数ユーザーの作成や同時視聴に制限があるので、アダルトを見てしまったらバレるリスクがあるかも知れません。
また、アダルトに関してはU-NEXTのアプリからは試聴ができないようになっているようです。

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継みどころ

「サムライ・ブルー」の愛称で知られるサッカー男子の日本代表は、初出場の1998年フランス大会から、前回2018ロシア大会まで、予選を突破して6大会連続でサッカーワールドカップ本大会に出場しているアジアサッカー界の盟主です(自国開催の2002年大会は予選免除)。前回大会のでは、苦戦が予想され、決勝トーナメント進出の可能性が極めて低いと目されていた日本代表ですが、ふたを開けてみれば、初戦で南米の強豪・コロンビアに2-1で勝利(2大会振りのワールドカップ勝ち星)。2戦目にアフリカの中堅・セネガルと2-2で引き分け、3戦目はヨーロッパの古豪・ポーランドに0-1で敗れたものの、下馬評を覆して、ワールドカップ本大会では、3度目の決勝トーナメント進出を果たしました。決勝トーナメント1回戦では、ヨーロッパの強豪・ベルギーに惜しくも敗れましたが、持ち味の素早いパス交換で2-3と相手を苦しめました。次回大会には7大会連続出場がかかります。自身も日本代表経験があり、「ドーハの悲劇」を経験している森保一監督が率いる現在の日本代表の次の予選の対戦相手はモンゴルです。格下の相手にホームでしっかり勝ち点を取れるかに注目です。個人的な注目選手は、DFのベテラン・吉田麻也選手と、攻撃の核となる南野拓実選手です。攻守の要となる両選手がしっかり仕事ができれば、ワールドカップ出場に一歩前進となります。

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継視聴者感想

先日、韓国との国際親善試合で快勝を収めつつも、アルゼンチンとの国際親善試合では惜敗してしまったサムライブルーこと、男子サッカーのU-24日本代表チーム。
次は来年カタールで開催されるFIFAワールドカップカタール2022のアジア2次予選として、モンゴル代表との試合が千葉県千葉市のフクダ電子アリーナで行われるようですね。
昨年来の新型コロナウイルス感染症COVID-19のパンデミックにより、国際間の移動が困難を増していたため、昨年11月のオーストラリア遠征などでは海外チーム在籍組のみでチームを編成せざるを得ませんでしたが、今回は久しぶりの国内での試合開催であるため、Jリーグのプレイヤーも参加した、フルメンバーで試合を行えるという点がとても楽しみですね。
試合相手国となるモンゴルに関しては、サッカーに疎い私は実力をあまり知らないのですが、大草原が広がり、遊牧民が暮らしている国だけに、走力に優れた頑健な選手がいるようなイメージがあります。
日本人としてサムライブルーに勝利を収めて、ワールドカップ本大会出場へ駒を進めて欲しいことは一番ですが、それと共にモンゴルの選手たちがどんなプレイを見せてくれるのか?についても、とても楽しみですね。

まとめ

もちろんワールドカップ予選はどの試合も気を抜いてはいけない試合ばかりです。かつての「ドーハの悲劇」のように何が起こるかわからないからです。モンゴルとの戦いは負けは許されないし、順当ならば負けるような相手ではない。問題はどうやって勝つのかということになると思います。昨年今年と世界に散らばっている日本代表を、ベストメンバーで召集するのが難しい状況でした。しかし今回のモンゴル戦に召集されているのはアンダー24に召集されている久保建英選手や三苫薫選手ら期待の若手を除けば、ほぼベストメンバーともいえる陣容です。そこには2014年以来の代表復帰となった松原健選手や、2017年以来となる西川周作選手、初召集となる江坂任選手、前川薫也選手などもいます。格下であるモンゴルが相手ということで、おそらく彼らの中からも出場選手する選手が出てくるだろうと思います。もちろん主軸というべき南野拓実選手も活躍も見たいのですが、個人的に注目しているのは鎌田大地選手です。ブンデスリーガのフランクフルトで大活躍しての凱旋です。ぜひとも熱いプレーを見せて欲しいです。アジアでは敵が守りを固めてくる試合が多いと予想される中、果たして森保監督がいったいどのような采配を見せるのか、注目です。

(無料視聴できます)

↓ ↓

ワールドカップカタール2022アジア2次予選 日本×モンゴル見逃し配信再放送動画ネット配信中継